人気ブログランキング |

2007年 02月 23日 ( 1 )

 

sao paulo again

あー、サンパウロ。
やっぱりいいわー。
リオより5度は低いわー。
昼間は33度くらい、夜は23度くらい。

リオからバスで6時間、到着するなり地下鉄に乗り東洋人街の旅行会社へ。
次の目的地ボリビアのチケットを調べに。


さて、サンパウロでカーニバル疲れをとるにはやっぱり"テレサさんの家"。
まるでお母さんのような感じ。

彼女は気持ち良く迎えてくれて、普段と同じように忙しそうだったのだが、いろいろな話を聞かせてくれる。

f0050468_16362062.jpg

マンゴー100%ジュースを作ってくれるテレサさん。

カーニバルの豪華な山車はね、実はリサイクルでできているの。
雑誌の紙をたくさん貼ってつくるのよ。
で、終わったら燃やして。

ブラジルは本当にリサイクルの国。
アルミのリサイクル率は90%よ。

テレサさんも毎日の生活で本当にリサイクルをたくさん実践している。
雨が降ってきたら、バケツを何個も外に出して雨水を溜める。

洗たく機の濯ぎの水はためておいて、庭木にやる。

ご飯やおかずも、のこりものをアレンジしておいしく頂く。

いろいろ勉強させてもらった。。

旅好きのテレサさん.
次の旅は、ロシアだ。

宿ではなるべく大きな声でゆっくり英語を話すようにしているそうだ。

こうやって話しているとネ、興味を持った人が集まってくるのよ。
すると情報がもらえたりするでしょ

実際、テレサさんと私が出会ったのも、アイスランドのユースホステルなのだ。


彼女にあのユースで会わなければ、ブラジルには寄らなかったろうなぁ。

f0050468_16364345.jpg

庭のアセロラの実を採ってくれるテレサさん。

いろいろ経験できたブラジルとも、明日でお別れ。
生涯渡航 76カ国め(ぐらい)、ボリビアのサンタクルスに飛びます。

リオで得た情報では、ボリビアのサンタクルス方面は大洪水で街は浸水、その水からデング熱が流行中、とのこと。
また、サンタクルス方面は道が悪いうえに、ストライキで足止めを食らうこともしばしばらしい。
30時間歩いた、とか、3日駅で寝たという人も実際に会った。

サンタクルスに入らずに、チリから、あるいはペルーから入っては?というアイデアもあったが、やっぱりサンタクルスから入ることにした。
どーなるんでしょう、お楽しみに。


交通機関がマヒしてませんように。。。

どうか幸運を祈っていてください。(チョー不安。。。

by kumaf3 | 2007-02-23 01:40 | 南米編