人気ブログランキング |

2007年 02月 10日 ( 2 )

 

シラフでしか踊れないサンバ

行ってきました、タンバリン・スクール!
2人で個人レッスンです。


先生は黒人さん。

彼がたたくタンバリンは低音から高音まで素晴らしい音がでます。
f0050468_1351947.jpg


まずは、基礎のリズムから。
手のひらのあらゆるところを使って、叩きます。

何回も、何回も、繰り返し、繰り返し・・・・・・・・

でも先生のようないい音は出ない・・・・。
パシャ、パシャいってるだけ・・・・


タンバリンといえば、小学校の時、音楽会で演奏したいモノの1つでした。
だって、簡単なんだもん!!

でも、大人のタンバリンはチガーーーーーーーウ!!!

ソウル(魂)が入っているのだ。

「はじめから、いい音は出せませんよ。」 とのこと。
やっぱ、そうか・・・・・・


でも、奥が深いタンバリンの世界、もう少し練習に通ってみようかな・・と思います。

そして、夜は日本人のみんなとライブへ。
サルバドールの週末は至るところでライブがあり、
地元の人も旅行者も盛り上がります。

私は日本人の旅人に作ってもらったカクテルですこーしいい気分だったので、
今日はお立ち台へ!!

でも、アルコールがまわっている足では、サンバは踊れません!!
サンパウロでは、アルコールが入らないと踊れないと思っていたのに・・・。

サンバは足をレレレのおじさんのように動かすので、酔っ払いにできるダンスではないのだった!!!
f0050468_135434.jpg


f0050468_1355679.jpg


でも、昼間のダンス・スクールや、サンパウロで少し覚えたステップで、
お立ち台でも何とか地元のみんなの輪に入ることが出来ました。


なんだか好きになりそうな町、サルバドールです。

by kumaf3 | 2007-02-10 21:25 | 南米編  

なんちゅうキレイな街じゃ!!!

着きましたゼ、サルバドール


あさ、サンパウロを出るときに、テレサさんはタマゴを茹でて持たせてくれました。


それも 12個.

おいしく、空港でいただきました。


飛行機は2時間遅れ。
知らない島を経由して・・・・・・。

f0050468_11234099.jpg


到着すると、ムンッ!と温かい風が・・・。

暑いのはキライだけど、嫌な暑さじゃないなぁ・・・・。
空港からバスで1時間。
30kmはなれた"サルバドール"の街に到着。

なんちゅうキレイな街じゃ!!
f0050468_11265613.jpg


f0050468_11272136.jpg



宿はネットで予約してあった「青い家」
日本人のよく泊まる宿なので、友達がいるかなぁ?と思っていたら、なんと日本人は私だけ。

その私を訪ねて、女の子が遊びに来てくれました。
"サヤカ"ちゃんというコです。

「日本人がいる。って聞いたので・・・。」 だって、ありがとう。


彼女と、これまた日本人宿で有名な宿に行ってみたら・・・。
いました、いました。
ヨーロッパや、アフリカ、アルゼンチンのウシュアイアで出会った友達が!

彼女たちは「日本人ドラム隊」として、カーニバルに出るために
1ヶ月前からココで練習しているそうです。

私は、遅れてきたので宿はいっぱい。
その宿に泊まっている人しか、ドラム隊には参加できないので、寂しいなぁぁ・・・・・。


サヤカちゃんと、私は明日からダンススクールに行くことにしました。


で、、、、 翌朝・・・・・。
汗をかくことが分かっていたので、水着でダンススクールへ。
f0050468_11394468.jpg



準備運動だけで、ギブアップしそうになるが、なんとか汗ダクで、90分のレッスンが終了。

そのあとに飲んだココナッツ・ジュースのうまいこと・・・・・
ここ、バイ-ア地方は果物がおいしいのだ!

f0050468_11422646.jpg



なんと、この街でもカーニバルには Shaki-ra が参加するというウワサもあり、楽しみです。

f0050468_114421100.jpg



夜は、タンバリン・スクールに行きます。
タンバリン、1つで"グルーブ感"いっぱいの音が出せるんだよ!


お金と、暇がいくらあっても足りないサルバドールです・・・・・。
f0050468_11465025.jpg

by kumaf3 | 2007-02-10 03:23 | 南米編