2006年 08月 22日 ( 1 )

 

ブルガリア・プチ沈没生活 その2 「シェアめし」

ブルガリアの首都、ソフィアで3晩すごしました。

毎日行くのは市場。安い野菜や果物、肉、下着から靴、シャンプー、食堂まで何でもあります。

ここソフィアで日本人バックパッカー御用達の食堂といえば「亜州(あしゅう)」。
とにかくボリュームがすごい。

焼きそばを頼んだら、横幅25センチの皿に、高さ10cmくらい盛り盛りで運ばれてきます。
野菜炒め、チャーハンなども然り。
一人で行くより大勢でいろいろ注文したほうが、種類多く食べられます。
こないだは8人で行って、わいわい宴会状態。
ひとり500円くらい。
f0050468_22235050.jpg

さらに安くて栄養豊富なご飯を食べようと思ったら、市場で買出しをして、自炊!
それも、数人集まってシェアすれば、材料もいろいろ買えて、とにかく安い。
パッカーの間では「シェアめし」といって、よくやります。

昨日のメニューは・・・
「パエリア」「トマトス-プ」「スイカ」「モモ」

5人のシェアで、ひとり150円でした。
パエリアはすこし炊き込みご飯風でしたけど・・・。


さて。
そろそろ、シンガポールでカットした髪も伸びてきて。
日差しも暑いのに切りたいなーと思っていたら。

ご飯の途中で髪型の話になり、「わたし、さっぱり坊主にしてみたいんですよね」
とポロッというと、
なんだか宿のみんなが私の散髪をしてくれることになり・・・。

夕べは大散髪大会!!

キレイさっぱり、男らしい髪型にしてくれました。
坊主、とまでは行きませんが、 水前寺清子・・・。

着物の帯を腰に巻きたい気分です。
[PR]

by kumaf3 | 2006-08-22 22:44 | ヨーロッパ編