人気ブログランキング |

再びケニアのナイロビです

キリマンジャロふもとの町、モシから、バスや乗り合いタクシーを乗りついで、最安値でケニアに戻ってきました(およそ10ドル)。

思えばアフリカでの毎日は、震度4から7の地震体験カーに、一日8時間ほど休憩なし(トイレも我慢)で乗って、夜は危険回避のため外出できないので、宿でおとなしく寝る、という地震実験のような日々でした。

おかげで、30分も車に座ると、お尻と足の付け根がいたいいたい。。床ずれのようなものかしら?

協力隊の人もいっていたのですが「アフリカは観光地とかないよ」。

「すんでるひと(自分たち)が無理やりどこか、出かける場所を作って「ここはいい」とか言ってるけど、たいしたもんないよ。」

まったく同感です。

特にすばらしい建物や遺跡などはないです。(いってないところもあるから、違うかもしれない)

でも、とにかく「日本とはぜんぜん違う」ことが、一番のアフリカの魅力です。

わたしは拒否反応でしたけど・・・(笑)。


ここケニアのナイロビでは、日本人の多い宿「ニューケニヤロッジ」に泊まっています。

きのうも、自転車で1年半世界一周中の男性に会いました。
彼は防犯のために、1mほどもあるナタを自転車に積んでいます。
「300円ほどで買った。テント泊のとき、木を切って燃料を作ったりするのに使うよ」とのこと。

これがあるおかげで、あまり犯罪には巻き込まれないそうです。

彼はアメリカ大陸の南からアラスカまでは走破しているので、ロスの安宿を聞いてみると、「日本人宿がある」とのこと。早速検索して、リトル東京の「大丸ホテル」「中国屋ホテル」があることがわかりました。大体30ドルくらい。

ありがたいなー。でも、空港からリトル東京までの行き方はわかりません(笑)。

こっちでは平均5ドルで泊まれていたので、財政難が続きそうですが、節約生活で乗り切りたいと思います。

さて、世界でもトップクラスの治安の悪さを誇る「ナイロビのダウンタウン」。

私のいるところもまさにそのど真ん中ですが、20日前に泊まったときとは様子が違っています。

露天の商売人がまったくいない!!


そうです、政府から撤去命令が出たそうで、黒人たちはやむなく撤去したようです。

以前もこういう撤去があって、黒人たちは暴動を起こしたそうで、きのう到着した私はすこし警戒していたのですが。。。

お店は4時ころにシャッターを下ろし、機動隊を載せたトラックがホテルの前に。

銃声が数発きこえましたが、大きな騒ぎはなかったようです。ほっ。

そんな物騒なナイロビとも今日でお別れ。

すこし遠くにあるショッピングセンター「ナクマット ライフスタイル」で、コンタクトレンズの保存液を入手!エジプト航空、エチオピア航空のオフィスにもいき、リコンファーム完了。


なんとなく、ナイロビ市内も一人で歩けるようになりました。
いま、最後のネットチェックです。

そう、これから、民族大移動。

ナイロビーアジスアベバ(エチオピア)-カイロ(エジプト)-フランクフルト(キャンセル待ち)ーロスアンゼルス という、3大陸移動です。

3-4日で移動できれば上出来。

ロスに入った後は、仕事でアリゾナ入りする友人のA部ちゃん(名前ばれてるがな)に会い、便乗してホテルに泊めてもらいます(A部ちゃん、よろしくおねがいしまああす!)

また、ネットがつなげるのはどこの国かはわかりませんが、安否確認宜しくお願いしますね!

くま@そうそう、いつのまにか渡航国数も「70」になっていました。これもひとえに、私の人徳のおかげ。ありがとうございます。

f0050468_2146283.jpg


ナイロビはジャカランダが花盛りです。

by kumaf3 | 2006-10-21 18:43 | アフリカ編  

<< アフリカ残話 タンザニア  アルーシャーモシ >>