人気ブログランキング |

時差ぼけ

翌朝は7時前に起床。

8時15分に「キブイエ(ルワンダ内)」いきのバスがある。

バイクタクシーに乗り、バス乗り場へ。昨日着いたバス乗り場かな?と思っていたら、ほんの300メートルほどのところにあった。

早速キブイエ行きの切符を購入。1300現地通貨。

待ち時間が少しあるので外で待っていると、ここから、国境近くの「チャンググ」直行便がある、と壁にペンキで書いてある。

あしたは、キブイエから、チャンググに行く予定なのだ。

へぇー、かなりの悪路ってきいてるけど、何時間くらいかかるのかな?

きいてみよ。

「6時間くらいよ。え?キブイエから、チャンググいくの?たいへんよ。一度ここキガリに戻ってからじゃないといけないわよ」

ぬわにー?
わざわざ戻ってくる?

そんなことをしている暇はない!

そそ、それで、チャンググ行きは、今日乗れるの?

「このあと7時半に出るわ」

おいおいおい、もう8時過ぎてるだろ。

「それに乗れる?」

「乗れるわよ。切符は払い戻して。いま7時15分だから、あと15分で出るわよ」

は?いま、7時?15分?


もしかして、時差があるの????


そうです、ウガンダとルワンダは1時間の時差があったのです。

昨日からまったく気が付かなかった。

ここで、めでたく、チャンググいきに変更することができた。

乗合ミニバンはまたもやぎゅうぎゅう。

朝は、田園風景の中、アフリカの歌を合唱して、いい感じ。

でも午後から、山道をくねくね。私と隣の肩幅の広い兄ちゃんは、狭い長いすの陣地の1ミリ2ミリの攻防戦で、イライラ。

にいちゃん、肩組んでこないでよ!

我慢と冷戦の末、夕方にはチャンググに着いた。

ともに戦った肩幅の広い兄ちゃんとは、握手でお別れ。


私が宿を探している事を知ると、運転手のおじちゃんは国境から50Mの湖畔に行き、キリスト教会の宿泊施設に案内してくれた。
一泊5ドル。ありがとう!運転手のおじちゃん!

おじちゃんの運転するバンは、そのまま、コンゴに入っていった。

おーい、私もコンゴに連れてってー!

というのを無視して。

さて、シスターによると、5ドルで夕食も食べれるそうだ。「7;30から、5ドルよ」

ぜひおねがいします!まともにご飯を食べるのは久しぶりだ。

昼寝をしたりして7時半まで待った。

暗くなった教会宿、館内のシスターを探していると、係りのお兄さんが「シスターはお祈りの時間だよ。なにか?」

ディナーも食堂に用意されておらず、とぼとぼあきらめて部屋に帰ったのであった。


さぁ、明日はコンゴ入りだ。

ビザとってないけど、国境で取れるよね?

by kumaf3 | 2006-10-08 18:06 | アフリカ編  

<< 鼻毛ボーボーでなかった自分を悔... 気に入ったメルマガより >>