人気ブログランキング |

今、ストックホルム ①

ネット代が高いので、写真が送れません。。。
そのうち、どっと送ります・・・・

で、またまた日本語は読めませんので、書き込みは、
ローマ字でお願い!


さて、久しぶりにネットができております。
ベルゲン(ノルウェイ)からの出来事をアップします。


7/24
f0050468_12583699.jpg

4時起きで、オスロ中央駅からの、ベルゲン行き列車に乗り込んだ。
車掌さんが、切符を切りに回ってきて、わたしのチケットを見て、
「キミの席はここじゃない、42番だ。」という。

チケットを見れば、2mmくらいの文字で「42」と書いてある。
しぶしぶ移動し、ごーごー寝る。

だんだん氷河が見えてきた。
グリーン・ランドのような景色である。
4時間ほど乗って、フィヨルドへ向かう列車にチェンジ。
列車は谷底へ降りていく。
f0050468_1311133.jpg

そして、いよいよ、フィヨルド船に乗り換え。
チケット売り場のお姉さんが、
「学生さん?」
と聞くので、「えっ?」と思ったが
「は、は、ハイ。でも、学生証を持ってきてないの。」
と、言うと、

「いいわよ。」 といって、学生料金で乗せてくれたのだ!!

やった!(すみません。。。。。。。。)


フィヨルド船は、最高の眺め、最高の風!
カメラのバッテリーが無くなるまで写真を撮ったのは、
この旅初めてのことでした。

しかし、写真というものは、実物の1/100くらいしか表現できません・・・・
f0050468_1304624.jpg


その夜は、安宿でカップスープを作っていると、
宿で、ミンチ肉を炒めている男の子が。。。

ミート・パスタらしい・・・・

「1人で食べるには多いんじゃない?」と、聞くと

「明日の昼の弁当にするんだよ。」とのこと。
うーん、、、賢い。


彼はフランス人で、アメリカ留学からの帰り道らしい。
カップ・スープを飲み終えた私に、沢山作りすぎたパスタを分けてくれた。

「もし、よかったらこの後、市内を案内しようか?
10分くらいだけど。」という。

もう10時だけど、まだまだ明るいので、喜んでお願いした。

彼は1日市内を歩き回っていて、世界遺産になっている古い市場の跡や、
大きな公園など、市内の殆どの観光スポットを回ってくれた。

「アイスクリームを買おうかな?」
と、20クローネを握り締めている彼

私はお腹がいっぱいだったし、アイスクリームも安くないので
いらない素振りをすると、
「20クローネで、10クローネのを2つ買えるね。」
と言って、私の分まで買ってくれたのでした。。。

うれしいなぁぁ。

by kumaf3 | 2006-07-24 21:35 | ヨーロッパ編  

<< 今、ストックホルム ② たべすぎ・・・ >>