<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

ブラジルから松山へ@@


ブラジルはサンパウロでお世話になったテレサさんが、なんと明日から3日間の予定で松山に来る。

そして、狭い(暑苦しい)我が家へお泊りになるのだ・・・。


どうしよう。


どこに連れて行ったら喜んでもらえるのでしょうか!??

(フットワーク軽い熟年女性、英語、日本語、ポルトガル語堪能)

サンパウロ・テレサさんちでの様子↓
http://kumaf3.exblog.jp/4505738/



道後温泉と、松山城、あとは、ドコ(笑)?


ここへ行ったらいいんじゃない?というアイデアがありましたら(なくても考えてくで~!)、カキコミよろしくお願いします。

ほんとにほんとに。


週末はテレサさんを置いて仕事に出なくちゃいけないのがツライ・・・(泣)。


あ、ミニトマトがこんなんなりました↓

f0050468_1395250.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2008-07-30 13:10 | 旅に思う  

きれいなおねえさん。


きょうは、あたらしく発刊されるフリーペーパーの取材をしていただく、ということで、

いつもより少しだけ丁寧にお化粧をして、小奇麗な?服を着て出かけました。

お写真も撮ってもらえるそうなので。

こんなわたしでいいのかしら?




とあるオシャレなカフェで取材は進む。


お話をしながら、たくさん「パシャパシャ」と写真を撮っていただく。

「きれいな写真が撮れました。」


そ、そうですか?




無事、取材が終わって、「あ、そうだ、お買い物があった。」

取材地の近くのDIY店に入り、ひとり、猫コーナーのグッズを物色してました。





すると、入り口からおじさんと子供さんが入ってきて・・・


わたしの後ろを通り過ぎた。



スタスタスタ・・・・




ちょうどわたしの背中あたりで、おじさんは、なにかボソッとつぶやいた。







「き・・・な・・・ねえさん。」








え?なに?










きれいなおねえさん?










わたしのこと?








やっぱり・・・・。








今日のわたしはキレイなのね・・・。




うふ。





わたしもまだまだ捨てたもんじゃないわ、フッ。







そのおじさんと子供は照れ屋なのか、それ以上わたしを見ることもなく、スタスタとあるいて、あるコーナーで足を止めた。






「あったあった。」





ん?なにを探してるんだろう。







見るとそこは、










「金魚のエサ」コーナーだった。






ん?金魚のエサ?








ひょっとして・・・・・







さっき、おじさんがつぶやいたのは、「きれいなおねえさん」じゃなくて・・・。










き・・・














「きんぎょのえさ」・・・。

[PR]

by kumaf3 | 2008-07-28 23:14 | 日常のつぶやき  

管理人求む!

南米最南端、アルゼンチンの「ウシュアイア」の日本人宿「上野山荘」の管理人のおばあちゃんが体調を壊されて、いま管理人 兼 お留守番をしてくれる人をさがしています。

いまその辺を旅してるお知り合いで、いい方がいれば、訊いてみてくださいませ。

最低、二ヶ月くらい居てくれる人を。
お礼 一ヶ月で、 600ペソ。
宿代 ただ

の条件です。

よろしくお願いします!



f0050468_113625.jpg


              ウシュアイアの自然と、おばあちゃんの犬「トルーチャ」
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-27 11:04 | 旅に思う  

【緊急速報】a-nationの・・・・・司会します!!


うにゃ~. 暑い。 わがクマ邸はエアコン点けてない(プチ自慢)。

旅に出る前は、夏といえば「エアコンつけて、部屋でこもりっきり」が定番の過ごし方だった。

1年4ヶ月の旅も、なるべく暑くないほうへ暑くないほうへ、と季節と土地を選んでコマを進めた。



ブラジル以外では汗かかなかったのが自慢だ。











冷や汗以外は。






で、今年の夏。






周りの皆さんにきくと、「去年より暑い」らしいじゃありませんか。


そうなんですか??







毎年この時期に夏バテしてグッタリ、だったのに、エアコンもつけずに過ごし、

日中もバイクで走り回っておるワタシ。




体質変わったかな!?





いやしかし、暑いもんは暑いので、この夏は旅行もせず、仕事も極力地味にという計画でした、ええ。











女優は日焼けすると困るしね。








そんなわけで、


2008 


  エンジョイサマー!!


エアコンと心中するぜ!



  引きこもりプラン!





の予定が、ガタガタと崩れ落ちております。







まんず皮切りに明日7月26日!


日本全国オンリー7箇所のa-nation !が愛媛を皮切りにスタートします!!





うぉ~~~!!






EXILE、安室奈美恵さん、倖田來未さん、当方新規いや、東方神起・・・・。

そうそうたるアーティスト群!





行かれる方はぜひ盛り上がっていただきたい!!








その一方で!


松山市北条の風和里ビーチでは!!


クマ巡査が総合司会の!






「坂の上の雲まちづくりライブ2008in風早」
を開催!!






あ、これは以前のブログでもお知らせしましたね。


スペシャルゲストライブは、新居浜出身!


LUNKHEADすゎん!!



ライブが終わる8時半からは、花火072.gifも上がるど~~~!




・・・・というわけで、前置きが長くなりましたが、




以上の情報をを短縮してみますと、









「a-nationの・・・・・司会します」











え、なにか語弊でも?











入場は無料なので、ぜひお越しくださいまし! 泳ぎにくるもヨシ!

ライブは5時スタート、8時まで。



それからまだまだ、8月は毎週のようにイベントの司会をやってる予定なので、またお知らせ島袋!!




ワタシ大丈夫なのかしら。。。(いまさら弱気になる)









あ、すみませんすみません。



遠くてクマちゃん見にいけないわ!!という方。





あるいは、






いつもクマちゃんの声をききたいわ!



というあなた。






わかりますわかります、その気持ち(笑)。







そんなあなたは


毎週土曜日あさ9時25分から、南海テレビにて放送中の


「エコニコテレビジョン」をみてくださいまし!!!


f0050468_20374246.jpg

                  この猫ちゃん「ニコ」役の声です。





南海テレビは入らないわ!という遠方の方は、インターネットでバックナンバーが見られますよ!

http://www.eco-nico.com/

               



感想松!!









ここのところ、

すてきな出会いがいろいろとつながって、


すごくいい感じで仕事と生活を楽しんでます。





これもひとえに!










わたしの人徳・・・












いや、









みなさま神様仏様、あなた様のおかげです。








すべての出会いと幸運に感謝!






ありがとうございます。。。。040.gif
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-25 20:41 | 仕事再開!編  

来ればわかる!?


ご注意:このお話は、2回から始まっています。ぜひ最初から見てくださいまし。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

f0050468_9362538.jpg


来ればわかる!?


何がわかるんだ!?


「来ればわかる」なんて、自信のあるものの言い方。

訪れた者を必ず納得させる、驚嘆させる何かがある、というのだ。


毛筆の太さに、どっしりと確信めいたものを感じる。

世界をパトロールしてきた巡査としては、








行ってみねばなるまい。





クマ巡査の「出動っ!」の声が低く、強く、パトロールカー内に響く。













ちなみに軽自動車である。







パトロールカーは山のほうに入っていく。




f0050468_9425472.jpg




分かれ道ごとに「来ればわかる」の看板。








この看板に引き寄せられて、これまでワレワレのような一般市民、いや、パトロール隊がどれだけこの山に分け入ったのだろう。



あなただったら、行く?








おっと、また看板。



f0050468_9461338.jpg



どんどん山に入っていき、里になった。


もう10分ほど走っている。このままの道でいいのだろうか。


このまま行けば、かの地へいけるのだろうか。。。。








タバコ?桑?最近見なくなった大きな葉っぱの植物が一面に栽培されている山里。


こんなところのいったいどこに「来ればわかる」が存在するのだろうか・・・。




ビニールハウスで作業している人がいる。



キキ~ッ!




「すみません。こういうものですが(黒い手帳)。



このあたりに 来ればわかる って、ありますかねぇ?」




「あ~っ・・・と・・・・。」



青年は汗をぬぐいながら、



「このまままっすぐ行ってですね、橋がありますから渡って、また走って、看板がまたたくさん出てますから、それにしたがっていくとあります。」


青年は「来ればわかる」について尋ねたことを不審に思う様子もなく、普通に道を教えてくれる。



このあたりでは「来ればわかる」は当たり前に存在する場所なのだろうか。




「ありがとう。」




青年の言うとおり橋があり、渡るとまたあちこちに看板があった。




「来ればわかる こちら→」






・・・どうやら到着したらしい。








f0050468_1094939.jpg




                    ん?
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-25 10:11 | 2008夏 大分・阿蘇  

吉四六ランド~来ればわかる!?

ご注意 : このお話は、もう一話から始まっています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



夢の遊園地「吉四六ランド」とは、どこにあるのだろう。


市民の平和を守るために涼しい高原に向かってパトロールをしているクマ巡査としては、このナゾを解明しないではいられない。



見えてきたのは、わらぶきの屋根の古びた一軒家。

障子は開け放たれ、畳にたくさんの白い座布団が敷いてあり、柱のところにもたれて、向こうを向いて誰かが座っていた。

どうやら眠っているようだ。


「すみませ~ん。」

「あ、はひ・・・!?」


おじさんは振り向いた。


うわぁ!!!


f0050468_20151631.jpg



              セルフ吉四六メイク!!




あ~ビックリした。




「あの~、ここは・・・?」



「ふんがふふ、寝よった。気持ちよう寝よった。。。あ、ここ?

ここは吉四六さんの話をするところじゃ。」






「おじさんが話をしてくれるんですか。」


「そう。毎週土日にな。」






「へぇ~、それはおいくらですか?」


「タダじゃ。」





それなら、と、畳に上がらせてもらい、おじさんはつづらを机に、メモ書きを見ながら吉四六話を始めた。




毒マムシの見分け方の話、武士をギャフンといわせた話・・・。

おじさんは放っておくと、ず~っとお喋りしてくれそう。






「吉四六さんのモデルとなった人は、このあたりの農民じゃった。

たいそう頭のいい人で、「賢くありたい」という一般農民の憧れじゃった。





それが言い伝えられたのじゃ。

柳田國男という民俗学者が全国行脚の折にここを訪れて、吉四六話を学会に発表した。

すると全国的に有名になった。


f0050468_2034306.jpg



昔は教科書にも載っておったが、土曜日を休みにする、という制度を導入する折に吉四六話は削られてしもうた。



いまは核家族化が進んで、おじいさんおばあさんが孫に話を聞かせる、ということも少なくなってしもうた。


誰かが語り継がんといけん。


わたしは、数年前にNPOを設立して、この語り部の活動を始めたんじゃ。」





毎週土曜・日曜には顔にメイクをし、ここで日がなお客さんを待つ。


一人も来ない日もあるという。



そんな地道な活動を、もう6年も続けているそうだ。





「で、吉四六ランド、というのは・・・?」



「吉四六ランドとは、このグラウンドのことじゃ。」





グラウンドのことだよ、グラウンドのこと!!


(誰だ、観覧車や駄菓子屋のテーマパークを想像してたのは。)



おじさんがいれば十分じゃないか。




30分ほど、このわら屋根の下でおじさんと過ごさせてもらった。



おじさんにお礼を言って、クマ巡査ご一行はまた、高千穂に車を走らせた。









キキ~~~ッ!! 


そのときだった。




ワレワレの目に一枚の看板が飛び込んできた。












f0050468_20295098.jpg









来ればわかる@@!?









何が!?
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-23 20:31 | 2008夏 大分・阿蘇  

暑いので高いところを目指すの巻


高いところは涼しいのではないか!?

ということで、クマご一行様は近場でいける高いところを地図で探していた。

岡山のナントカ高原、山口の秋吉台、徳島の剣岳・・・。

九州は暑いだろうか。

どこがいいかな~。




これまでの経験で、どうも本州はリラックス感がない。

四国じゃ「旅してます」感に欠ける。


やっぱり九州?


九州は暑いぞ。


でも、高いところなら。



そう。世界をあるいたら、いくら赤道に近くても標高の高い都市は涼しかった。

アフリカでも中南米でも、高いところは寒いのだ!



九州の特別のリラックス感は捨てがたい。

九州の高いところに行けばいいのだ。




阿蘇。





阿蘇の高原はいいんじゃないの!?



そこで、阿蘇の安宿を調べ、予約した。

(またまだバックパッカーの経済観念は生きてます。)



で、出発~!



松山から四国の西の端「佐田岬」をひた走る。


2時間ほどで「三崎港」へ到着~。


いつもは閑散としている港なのだが・・・・





うわっ!!



車多い!!


バイクも多い!!

f0050468_12301064.jpg


みんなおんなじ考えなのね^^;




クマ様ご一行は予約をしてなかったため、一便見送る羽目に。早起きしたのになぁ。。。


でも、三崎町の海暮らしの素朴な街並みを散策していると、あっという間に時間はたった。



やっと搭乗~。

f0050468_12242111.jpg


青い海、風力発電の風車。天気は最高!


それにしても夏休みに入ったばかりで子供の多い船だった。


およそ70分で大分「佐賀関」に到着!


帰りの便は予約しておこうっと。佐賀関側で予約っと。


乗船申込書の見本が・・・ん?


f0050468_1226798.jpg



                   関アジ男!!





さすが九州!やっぱりラテン系。


楽しいわ~。



ここから、一路「高千穂」を目指す。


(あ、阿蘇はそのあと目指します)


神々の伝説が残る宮崎の高千穂、かねがね一度訪れてみたいと思っていた。

ほんの1ヶ月前から。


しかし、やたら好奇心が強く、少し走ってはどこかに寄り、走っては立ち寄り、で、全く進まない。




海辺でいっちょビデオを撮ろうと立ち寄ると、冬毛が邪魔になってる猫を見つけて散髪してみたり。


散髪していると、農作業帰りのおばあちゃんと話し込んだり。



いかんいかん、まだ着いたばかりなのに何十分タイムロスしとるのだ。


先へ進むぞ!!!





きき~~~~っ!!!!



むむ!?なんだこれは。


f0050468_1213445.jpg



危うく見逃すところだった。


一体「吉四六ランド」とは!






楽しそうな響きではないか。

たしか、小学校のとき、学級文庫に必ずあった「吉四六とんちばなし」。

(ご存じない方のために・・・吉四六で、きっちょむと読む。とんちが得意な男性の昔ばなし。え?簡単すぎる?)


さては、ウィットに飛んだ、楽しそうなランドなのでは!?


観覧車などの遊具や、昔の街並みを復元したコーナー、駄菓子屋さん・・・夢は膨らむ。



キュルキュルキュルキュル~~~~!!


クマ一行はすかさず急旋回し、キッチョムランドの看板に従い、山に入っていった。


ん?なにかグランドが見えてきた。





野球をしているぞ。


野球場のとなりにも、なにや広いグランドがある。


吉四六ランドはどこだ?キョロキョロ@@。


もう少し山を登ってみる。




・・・・だんだんさびしい道に・・・。



なんなんだ。どこにあるんだ吉四六ランド、夢の遊園地・・・。


仕方なく、さっきのグランドに降りてみる。


すると看板が。


「吉四六さんの語り部の家こちら→」


この広い敷地内で、「吉四六」という名前がある施設はどうらやここだけのようなので、とにかく行ってみることにする。
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-23 12:30 | 2008夏 大分・阿蘇  

7月の結婚式


こないだ松山市内での披露宴の司会を担当しました。



新郎さん新婦さん共、初めての体験に、いろいろと心配で不安なようす。。。



ふつうは司会者との打ち合わせも式の一週間前くらいに一回で済むのですが、

なんと2ヶ月前から直前まで、3回も一緒に相談しました。



・ブーケトスをしたいけど、女性の先輩に参加してもらうのは失礼だろうか?

とか、

・両親にもケーキ入刀に参加してもらおうと思うが、当日参加してくれなかったらどうしよう・・・
とか、

・エンゼルサービスのチビッ子ちゃん、親戚だけでなく友達の子供にも参加してもらうのはダメだろうか。その際、中学生は遠慮してもらうようにしてもいいだろうか。。。


本当に細部に気遣いをする新婦さんで、私のほうがビックリ。




でも、取り越し苦労な部分もあって、そこは経験者としてのアドバイスをさせていただきます。




そして迎えた披露宴当日。晴れた!やった~!


なんだか、実の妹が結婚するようなドキドキ気分。


披露宴の前、ウエディングドレスでチャペル式を終えたばかりの新郎新婦に最終確認アレコレ。


ステキ・・・@@。

「とうとう今日になったネ~!」

私まで晴れがましい気分だ。




普通は会場に入ると、「乾杯!」までは飲まず食わず、になってしまいますが、

彼女たちの披露宴の場合、お客様は会場に入るときに、好きなドリンクの注がれたグラスを自由にチョイスしてお席についていただく、という素敵なサービス。

ちょっとした気遣いが、うれしいですよね~。



白を基調にしたテーブルのお花の飾りには、半分に切ったライムも一緒にレイアウト。

フレッシュなかおりが会場に広がり・・・



来てくださったみなさんと楽しく過ごしたい、ということで新郎新婦が各テーブルを回って、ゆっくりと写真を撮る時間。




本当に素敵なパーティ。



f0050468_12544466.jpg




ぞろぞろと、10名(寝ている子もお母さんに抱かれて参加^^;)のエンゼルサービスも、にぎやかに終了。




そして、佳境の「新婦のメッセージ」。


きたこれ。





またまた司会の私まで






ズビズバ~~~!!!







もらい泣き。






あ~、結婚式って、いいなぁ~!!!!







・・・こんな司会でよかったら、ご用命くださいませ(笑)。
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-18 12:56 | 仕事再開!編  

この夏はじめての


愛媛は梅雨明けしてもう20日くらい経ちました。


もうすっかり夏全開でございます!!


あぢ~~~。


しかし、我が家はエアコンにまだ点火して(?)おりません。


地球環境のため、というのは建前で、節約モードなだけなんですけど。


部屋の温度が30度を超えるまでは、我慢しよう、と。


これがなかなか超えないんだな~。


昼寝しててもクマ汁がたくさん分泌されております(フェロモン入りで)。



ひょっとすると、このままエアコン無しでこの夏は我慢できるかな!?


旅でブラジルの暑さを体験したため、多少強くなれたのかしらん。



お宅はどうですか?



しか~し!


きょう、午前中に出かけて、午後からまた出かける、というスケジュールだったため、

やむなく今年初めてエアコンのスイッチをオン!!


出たり入ったりする度に暑い部屋だと、汗をダラダラかいてしまうため、エアコンで予防するのが目的。


いちいちシャワーを浴びる暇がないときは重宝します。


ひゃ~、いいね、エアコンの風は!!




初エアコンなので、ぜひうちのヒトにも快適な風を味わってもらおうと誘ったが、あまり好きでない様子。


直ぐ出て行ってしまう。


わたしも、なんだかグッタリ・・・。


そうよね~、やっぱり、なるべく自然の空気で過ごそうと思います。



f0050468_18222427.jpg



                      ↑ トマトの番人する、うちのヒト。





あなたのお部屋や仕事先は、エアコンどうですか~?
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-17 18:26 | 日常のつぶやき  

わたしのじいさんのじいさんの、そのまたじいさんの・・・


シャワー上がり、体を拭いていると。

体の中心線ににうぶ毛が生えている、へそに向かって。

たぶん背中も生えているだろう。

ちなみに背中にはうずまきがある。




他言無用だが



「うずまきのクマ」とは私のことだ。





これは、雨にぬれたときに、水が下に流れるようになっているのだ。

体を冷やさないための動物の遺伝が、一見つるつるてんに見える私の肌にも残っている。




私の祖先は、毛ぼうぼうの類人猿だった(といわれている)。

つまりサルだった。


f0050468_22441250.jpg




狩の途中に雨が降ってきたり、嵐で屋根(あるのか?)がふっとんで、ずぶぬれになったこともあるだろう。

じいさん、苦労かけました。

自分のサル時代のじいさんは、どんな人だったんだろう、と考えようとしたが、

サル時代のわたしのじいさんやばあさんは何万匹(もしかして億?)もいる計算になる。


この辺どうなっているのかは、どなたか教えてくだされ。




そのまた祖先は、両生類みたいなものだと思われる。


f0050468_22452731.jpg



どんな毎日を送っていただろう。ネズミとか食べていたのかな。


そして、そのまたじいさん。


魚だったといわれているので、きっと魚なんだろう。


f0050468_22481951.jpg



何億という古代の魚たち(すみませんおじいさん、呼び捨てにして。)の遺伝子を頂いている。


そのまたじいさんは、動物プランクトン、植物プランクトン・・・。





そう考えていると、



「あ~、この人生を楽しまなきゃな。」と思う。




・・・おっと!




私も進化しないと、じいさんたちに怒られそうだ。
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-15 22:55 | 日常のつぶやき