<   2006年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

やってしまいました。

今朝は4時に起きて、
バスターミナルへ歩いていき、ちゃんと、
次の国ラトビアに行くことが出来ました。

日本人女性の Yさん に出会い、一緒にいます。
年齢も近いし、旅好きで、修羅場も潜り抜けているようです!!

何時間もバスを探したり、英語がまったく通じなかったり、
汗だくで宿を探したり。。。。

Yさん は昨日の夜行バスで、タリン入りして、
今朝、同じばすでラトビアに来ました。

「旅って、傍から見ると、華やかなイメージかもしれないけど、
修行よね!!!」
と言う意見で一致しました。(笑)

さて、ラトビアの首都 リガに着いて、
明日のバスのチケットを買おうと思って、財布を開けたら、、、、

なんと・・・・・・・・・



キャッシュ・カードがぬわい!!!!!!!


何度、探してもナイ・・・・・・・

ええ、やってしまいました。
昨日、現金を引き出してから、カードを取り忘れたようです!

あ~ぁ。。。。。

とりあえずは現金と、クレジットカードで、生きていこうと思います。

あ~・・・・・、神様。
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-31 23:42 | ヨーロッパ編  

エストニアに入りました。

ヘルシンキから船で3時間半。
東ヨーロッパの上のほう、エストニアに上陸しました。

首都のタリンという町は、城壁に囲まれた旧市街が、とても魅力的・・・

でも、小さい街なので、1日で十分回れます。
街歩きのあと、いつものようにスーパーで、物価チェック!
f0050468_12465991.jpg

感動!!!!

日本と同じくらいか、ものによっては日本より安い!
夢のようです(涙)・・・・・

北欧では、毎日苦労していたので、とてもウレシイです。
f0050468_12451822.jpg

f0050468_12461196.jpg


さて、今日も安宿に泊まっています。
ここでは、日本人の男の子、韓国人の女の子2人組みと会話を楽しみました。


長く旅を続けてみると、観光には飽きるけど、
人との出会いは飽きることがありません。

「どこから来たの?」
「どこへ行くの?」

何度同じことを聞いても、聞かれても楽しいです。

さて、明日はラトビアに入ります。
どんな出会いがあるかしらん?
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-31 05:49 | ヨーロッパ編  

ヘルシンキ(フィンランド)に着きました。

船に揺られて1時間。
椅子を2つ占領したけど、寝にくい、寝にくい・・・・

船の中はサウナがあったり、映画が見れたり。
すべて、有料なところが北欧らしい・・・・
トイレだけは無料です。

でも無事にヘルシンキに到着。


しかし、北欧の都会はどこも一緒に見えてしまうのは、
私だけでしょうか・・・・・・?

1日もあれば、十分見物できます。
(博物館は多いので、芸術好きな方は、2、3日は要るかも。)

ちなみに、昨日はストックホルムの博物館に行きましたが、
途中で、頭が痛くなった。。。


ここ、ヘルシンキはこれまた「港町」で、
船乗り場の近くには、市場があって、おいしそうな匂いで
私を迎えてくれました。
f0050468_12483317.jpg

f0050468_12485063.jpg


しかし、高いな~・・・・

いま、図書館の無料インターネットを利用しています。
でも、トイレは1回150円。。。。

f0050468_12492964.jpg
日本のマンガもありました。

明日の朝、船でエストニアの首都 talin(タリン)へ行きます。


ラトビアの宿情報、待つ!!
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-29 21:37 | ヨーロッパ編  

今、ストックホルム ③

7月27日

あさ、インターネットで安宿探しをしている日本人の女性にいに会いました。

彼女に教えてもらったストックホルムの観光名所・・・・
王宮の周りの素敵な路地。

これまた、シャッターを押しまくりです。
北欧に来てから、写真の枚数が増えております。
f0050468_12504382.jpg

f0050468_12512955.jpg

f0050468_12535297.jpg

さて、この後は、明日夜行の船に乗って、ヘルシンキ(フィンランド)に行きます。
1泊して、北欧から去ります。

目指すは、エストニアの列車。
列車情報、お待ちしております!
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-27 21:26 | ヨーロッパ編  

今、ストックホルム ②

7月25日

夜の列車まで待ち時間が12時間ほど。
昨日、大体の見所を見てしまったので、やることがナイ。
ベルゲン市内は1日もあれば十分です。

やっとの思いで、夜になり、駅に行くと日本人らしき人が、、、
話しかけてみると、韓国の学生でした。

彼は医学科の学生で、10日間の休みをとってきたらしい。
私が世界1周中だというと、痛み止めのクスリや、
コチュジャンのチューブをくれました。
f0050468_125625100.jpg

夜行列車に乗って、出発を待っていると、
昨日、この駅で見た日本人が。。。

彼はベルゲンに来たものの、
「フィヨルドを見ずにオスロに引き返さなければならない。」
と言っていたのに、また、なんでココに?

話によると、昨日夜行列車でオスロに帰って、
また今日ベルゲン行きの列車に乗り、
フィヨルド観光をしてきた。。。とのこと。

そして、ベルゲンで泊まらずに、またオスロに帰るそうです。

ユーレイル・パスを持っているので、宿代わりに列車を利用して、
お金を節約しているようです。

さて、夜行列車では毛布と耳栓、アイ・マスクなどが支給されました。
でも、近くの席の黒人が朝までしゃべりっぱなし!
声がデカイ、デカイ!
おかげで、あまり眠れませんでした。


朝、オスロに着いたものの、オスロでは時間つぶしするのも
イヤだったので、すぐにストックホルム行きのバスに乗り込みました。

7:30発で、午後3時にはストックホルムに到着。
夕べから、15時間かけてスカンジナビア半島を横断です。

さて、宿は明日からの予約でした。
船をそのままユース・ホステルに改造したところ。。。

今夜はシングル・ルームしか空いていない。とのこと。
しかも5,000円します。

でも街から離れているので、もう宿探しも面倒くさい。
たまにはシングル・ルームもいいかと、OKしました。

部屋は、、、
船員さんが仮眠をとるような、1、5畳くらいのボロ部屋。
これで5、000円かよ! ・・・・・悔しい!!
f0050468_12571184.jpg

でも、まあ、しょうがナイかと、あきらめも早い私でした。
部屋の丸い窓からは海と、
ストックホルムの瀟洒な建物の景色が見えます。

木製の船なので、
階段を上り下りしたり、ドアの開け閉めの音がすごく響きます。
しかも、ずっと列車とバスを乗り継いできた身には、
揺れているように感じる船のユース・ホステル。。。

人気があるみたいですが、私には合わないみたい......
f0050468_1333748.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2006-07-25 21:24 | ヨーロッパ編  

今、ストックホルム ①

ネット代が高いので、写真が送れません。。。
そのうち、どっと送ります・・・・

で、またまた日本語は読めませんので、書き込みは、
ローマ字でお願い!


さて、久しぶりにネットができております。
ベルゲン(ノルウェイ)からの出来事をアップします。


7/24
f0050468_12583699.jpg

4時起きで、オスロ中央駅からの、ベルゲン行き列車に乗り込んだ。
車掌さんが、切符を切りに回ってきて、わたしのチケットを見て、
「キミの席はここじゃない、42番だ。」という。

チケットを見れば、2mmくらいの文字で「42」と書いてある。
しぶしぶ移動し、ごーごー寝る。

だんだん氷河が見えてきた。
グリーン・ランドのような景色である。
4時間ほど乗って、フィヨルドへ向かう列車にチェンジ。
列車は谷底へ降りていく。
f0050468_1311133.jpg

そして、いよいよ、フィヨルド船に乗り換え。
チケット売り場のお姉さんが、
「学生さん?」
と聞くので、「えっ?」と思ったが
「は、は、ハイ。でも、学生証を持ってきてないの。」
と、言うと、

「いいわよ。」 といって、学生料金で乗せてくれたのだ!!

やった!(すみません。。。。。。。。)


フィヨルド船は、最高の眺め、最高の風!
カメラのバッテリーが無くなるまで写真を撮ったのは、
この旅初めてのことでした。

しかし、写真というものは、実物の1/100くらいしか表現できません・・・・
f0050468_1304624.jpg


その夜は、安宿でカップスープを作っていると、
宿で、ミンチ肉を炒めている男の子が。。。

ミート・パスタらしい・・・・

「1人で食べるには多いんじゃない?」と、聞くと

「明日の昼の弁当にするんだよ。」とのこと。
うーん、、、賢い。


彼はフランス人で、アメリカ留学からの帰り道らしい。
カップ・スープを飲み終えた私に、沢山作りすぎたパスタを分けてくれた。

「もし、よかったらこの後、市内を案内しようか?
10分くらいだけど。」という。

もう10時だけど、まだまだ明るいので、喜んでお願いした。

彼は1日市内を歩き回っていて、世界遺産になっている古い市場の跡や、
大きな公園など、市内の殆どの観光スポットを回ってくれた。

「アイスクリームを買おうかな?」
と、20クローネを握り締めている彼

私はお腹がいっぱいだったし、アイスクリームも安くないので
いらない素振りをすると、
「20クローネで、10クローネのを2つ買えるね。」
と言って、私の分まで買ってくれたのでした。。。

うれしいなぁぁ。
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-24 21:35 | ヨーロッパ編  

たべすぎ・・・

多くの安宿は、キッチンがついていて、
自分で料理をすることも出来るのですが、
助かるのが「フリー(無料)食材」。

もう食べなくなった食材を、先に来ていた旅人が残していってくれるので、
次に来る旅人は、自由にそれを使うことができるのです。

私も、とてもお世話になっていて、ここ世界1物価の高いオスロでも、
3日間の食費は1500円くらいで、済んでいます。

反面、食べすぎで・・・・・
なんだか苦しい・・・・・・



食べられる時に、食べておかなければ!

しかし、食いっぱくれはない。
と言う状態が、ここ2ヶ月続いている。。。
下バラがヤバイです。

さて、ここオスロの宿もドミトリーで、女性部屋に3日間います。
ドミトリーでは、必ず誰かと話せるので、1人旅の者にはありがたいです。

香港、シカゴ、デンマーク、カナダ、イタリア、、、、、


いろんな国の旅人が、一晩同じ部屋で過ごす。。。 
不思議な感じですよ。
f0050468_1231589.jpg

話が合えば、住所やメアドを交換して、再会の約束をしたり・・・・


しかし、人のイビキで眠れないこともしばしば、、、
昨日は「ウシガエル」のようなイビキが部屋中に響き、
周りのみんな、眠れませんでした。

近くにいた私は、責任を感じ、
足をこちょばしてみたり、たたいてみたり、
しまいにゃ、ペン先で刺してみたり。。。


大変です。

香港から来た女性は、私と同じような年齢で、やはり仕事を辞めて
1ヶ月間、旅行をしています。

彼女は以前、5ヶ月の旅をしたことがあるそうですが、、、
 「 旅は、長く続けると、毎日同じようになってくる。
   毎日、宿を探して、観光して、また宿を探して、観光して、、、
   私は、長い旅はもうやらない。 」

そうか~・・・・
そうだよなぁー。
実際疲れるもんなぁー。

私はまだ3ヶ月だけど、かなり疲れています。
ある街にいても、次の街のこと、その次の街のことを考えないといけない。

「宿と足(交通手段)を手配するための旅・・・・」 になってしまっています。

体は大丈夫だけど、精神的にしんどいです。

でも、仕事もやめちゃったし、
今帰ってもしょうがないので、帰りませんけど・・・・



昨日と今日は部屋のベットで寝ていたら、足や手や肩に「虫刺され」が!!

とても、とてもかゆい・・・
ダニ? ナンキン虫? 蚊?

私以外に被害者はいません・・・・・ やはりダニか?

昨日から「てっチャン」に貰った「寝袋」を使っているのですが・・・・・・・・・・
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-24 03:09 | ヨーロッパ編  

ノルウェイのオスロに着きました

7/21

今朝、7:40分に出発するオスロ(ノルウェイ)行きの飛行機に乗るため、
またまた、Tチャンの運転と、Kくんのナビで出発。

こんなに親切にしてもらって、ホントありがたいよ・・・・


いつかは、忘れてしまうだろう旅の感動の気持ち・・・
それは、どんなことでもそうだけどね。
忘れてしまうのは仕方ないけど、
体験したことは決して無駄にはならないから・・・・



このアイスランドで、出会った友達には、いろいろ学ぶことがありました。


さて、、、、

いま、ノルウェー入りしました。
さっそく、ノルウェー観光のハイライト。
ベルギー航空の切符を格安で取ることが出来ました。

で、ノルウェーからスェーデンのストックホルム行きの
バスの予約もできました。
あとは、ストックホルムのユースホステルのキャンセルを待つだけです。

ストックホルムで安宿をご存知の方は、
情報をいただけると、うれしいです。

7/21~23 オスロ
      24 ベルゲン(スカンジナビア半島の南西部の都市)
      25 寝台列車でオスロに戻る。
      26 夜行バスでストックホルム(スウェーデン)へ。
      27 宿ナシ!!in ストックホルム


の、予定です。
オスロで沢山時間があるのですが、ナニをしようかなぁぁぁ・・・・・・
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-21 16:53 | ヨーロッパ編  

ノルウェイ

7/20

昨日出会った、TチャンとKくん
そして、ブラジルから来ているBさん(60歳には見えない女性)とで
レンタカーを借りて、アイスランド1日観光。

Tちゃんの運転で私がナビ。
地図を持って、「こっち、こっち。」と指示します。

雨続きだったアイスランド。
久々の最高の天気でスタートしたものの。。。。。


およそ20分後・・・・


「なんだか、おかしくない?」
と、後ろの席からご指摘が・・・・

なんと!
反対に向いて走っていました・・・・・

スマン。


地下鉄も必ず、反対行きのに乗ってしまうワタクシです。


とっとと、ナビはKくんに交代。
それから、まる1日アイスランドの平原を快適ドライブ。
途中、3人になり、イロイロと旅の話などをしながら、
楽しい時をすごしました。
f0050468_1185080.jpg

f0050468_1191544.jpg
夜は、ユース・ホステルで、Tちゃん手作りの"チャーハン"!
朝から、晩まで「大サービス!」

Tちゃん、ありがとう!

そして、Kくん
あなたがいなければ、ドライブは不可能だったよ~~~。
ありがとう!
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-20 23:55 | ヨーロッパ編  

グリーンランド 最終日

7/19

今日は朝から山登り。
高台に登ると、やっぱりいろんなものが見えてくる。

海の向こうのでっかい氷河。
f0050468_183449.jpg
f0050468_19166.jpg
f0050468_192633.jpg
f0050468_1102094.jpg


午後2時のフライトでアイスランドに帰ってきた。

ユースホステルの食堂に行くと、
「クマモトさん? 待ってました!」 とアジア人が。 

「グリーンランドに行ってきます」と、ゲストブックに書置きしていたのだ。

韓国出身のTちゃんと、日本人のK君だ。
いきなり手作りの晩ご飯で迎えてくれた。

Tちゃんはグリーンランドに興味があるようだ。
「ここまで来たら、行きたいですよ!」とのこと。

グリーンランド、やっぱり行って欲しいな。
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-20 23:12 | グリーンランド編