カテゴリ:北米編( 17 )

 

banff

バンフの街は思いっきり観光地。
日本食の店もたくさんある。

寿司や天ぷら。。。まぁ、帰ってから食べればいいや。

さて、ここには、あの大橋巨泉の店「OKギフトショップ」がある。
f0050468_142849.jpg


当然、大橋巨泉はおらず、カーネルサンダースのような像があるわけでもなく、巨泉まんじゅうがあるわけでもなく、他と比べて安いわけでもない、フツーのお土産屋。
巨泉さんの著書があるだけ。
f0050468_14282292.jpg

パトロールの価値なし度120%であった。

バンフの高級ホテル、フェアモント。
f0050468_14284740.jpg


街のふとしたところにいる、カナダアオシッポドリ(くま命名)。
f0050468_142928.jpg



バンフは今日明日、降水確率が高いと聞いていたが、夕方からおおつぶの雪!
f0050468_14291662.jpg



翌朝目が覚めると、街中が雪の帽子をかぶってた!
f0050468_14293382.jpg


f0050468_14295052.jpg

クリスマスツリーみたいだぞ!
f0050468_1430361.jpg



そんなこんなで、バンフは一泊で切り上げ、今夜はカルガリーへ向かい、空港泊!

さむそうだなぁ。


手袋は欠かせないし、ズボンは夏用のを2枚履き、パジャマも履いてます(爆)!
さぶー。
日本はどんな感じだろう。暑いのかなぁ。
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-25 06:41 | 北米編  

Colombia Icefield

ジャスパー国立公園付近に行くツアーに参加しようと思っていたのだが、天気がよくないので、1日待ち。

雪が降ったりするのよ。ほれ。
f0050468_1432733.jpg

(心のきれいな人には見えるはず。)


そんできょうは、近所の遊歩道を散歩。
f0050468_14323381.jpg

あいかわらず 相変わらずプレーリーードッグがどこにでもいます。
f0050468_14325196.jpg

これは世界で一番小さなゾウの仲間、らしいけど。ほんとかなぁ。
どのへんが?
f0050468_14331026.jpg

このコは毛が生え変わっている。
f0050468_14332923.jpg

きょうは2匹。

鳴き声を聞くことができた

きゅう、きゅう言ってます。

そして翌日。
天気待ちをしたかいがあって、クリアスカイ!
(結構なお値段なので、天気が悪いと、ねぇ。。)

朝ツアーを申し込む。いや、パトロール隊を結成。
お金持ちそうなおじさんおばさんばかりだ。

彼らを迎えにレイクルイーズのシャトーホテルまでバスは向かう。
晴れた湖を撮影できた。
f0050468_14335920.jpg


コロンビア大氷河をめざすツアー。

正直、氷河はアラスカ(氷河をトンカチで割って食べた)や、南極で満喫済みなのであまり期待してなかったが、そこまで行くハイウェイがいいらしいのだ。
f0050468_14342158.jpg

こんな道をゆく。

途中、なんとクマを発見!! 野生のクマを今日は3匹発見!
f0050468_14343676.jpg

滞在しているレイクルイーズよりは標高が低いため、氷が溶けている湖がある。
f0050468_14345176.jpg



山、
f0050468_1435105.jpg

山、
f0050468_14353212.jpg

飽きただろうけど、また山。
f0050468_14355184.jpg

もう、2年は山を見なくていいです。
今度のカナダ、バンクーバー冬季オリンピックは見にいくつもりだけど。

着いたー!これがコロンビア大氷河!
f0050468_14361081.jpg


何万年も前の雪が圧縮されて、氷になっている。


f0050468_14362586.jpg

氷の上をこんなバスが走る。
f0050468_14363934.jpg

人がいっぱいだー。

氷河は期待以上でも以下でもなく見学終了(すまん)。
f0050468_14365382.jpg


そんな感じで行ってきたツアーでした。
あすはこの辺りの自然公園観光の拠点となる町バンフに向かいます。
そう、バンフにあるという
大橋巨泉の店をパトロールしなければ!

(そんなに燃えんでも。。。)

あ、そして翌日は空港にもどり、とうとう
成田へ!!!

しかし、成田に向かう飛行機はロサンゼルスから2時半発。
ロサンゼルスに着くのは1時の予定。



だいじょうぶかなぁ。。。
(普通は2時間前にチェックインをしないといけないのだ)
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-23 10:07 | 北米編  

2nd visit to Lake Luise

いつも安否確認ありがとうございます。

ちなみに、もいっちょ下のブログの方が、この前日のぶんです。

そちらからどうぞ。。。くま
**************************************************************************


きょうは降水確率が60%

体調もいまいちだから、観光も休むか、と思っていたら、あれよあれよという間にクリアスカーイ!
f0050468_14392959.jpg

ええい!でかけるぞ!

今日も元気だ、プレーリードッグ。
f0050468_14395028.jpg

きょうはもちろんバスで行く!バスったらバス!

そう、昨日青空が見えなかったので、きょうも、レイクルイーズにいく(しつこい)!

バスに乗り込むと、気のいいおじさんドライバーとわたし、2人だけ。

おじさんといろいろ話す。
旅が好きで、夏の間ここで働いて、冬の間は温かいところに旅をしているんだそうな。
f0050468_14402311.jpg

いいなぁ、それ、理想ですよ。。。

君もすればいいじゃないか。いくらでも仕事はあるよ。
日本語が話せるから、観光の仕事やレストランとか。。

なんなら、世話してやるよ。


ほんとですか!考えてみようかなぁ。(あと10年早くここに来ていれば、絶対やるのに。。。)


おじさんの名前はアレン。
娘が2人いるが、もう離婚して、自由を満喫している。

つくづく、いいなぁ。。。

きょうから、この近くのモレイン湖へ行く道も、開通したんだ(夏だけ開通する)。
3時ころだったら行けるから、いってみるかい?



そりゃあ、ぜひ!


昨日ひとりで歩いていた時に見た、封鎖の看板がなくなっている!
やったぁ!ぜひ連れてってください!


レイクルイーズに着き、おじさんと別れて、ちょっと晴れ間の出てきた湖を散策。
f0050468_1441261.jpg

きょうもホットチョコレートを飲む。ああ、おいしいなぁ。。。
f0050468_14411742.jpg

ゆきだるま
f0050468_14413164.jpg

今日はリスも元気だ。
f0050468_1441505.jpg

エサを狙うもう一匹。
f0050468_14422100.jpg



わんちゃんも無理やり記念撮影。
f0050468_14421995.jpg


タテでもどうぞ。(真ん中の白い部分が凍った湖。)
f0050468_14423570.jpg



おじさんは時間通りにきた。


やくそくのモレイン湖へ。
レンタカーでドライブするのがこの界隈の観光にはオススメです。
f0050468_1443239.jpg

でも、夏は渋滞するみたい。

f0050468_1443264.jpg

モレイン湖。
f0050468_14434348.jpg

モレイン湖から流れる川。
f0050468_1444941.jpg



運転手のアレンは仕事抜きでいろいろ案内してくれる。
f0050468_14442484.jpg

アレンは社員寮に住んでいる。なんと中まで案内してくれた。

すべてカナダの木で作ってある。
f0050468_14443819.jpg

月200ドルの家賃。

私は仕事が6時30分におわるから、遊歩道をウォーキングでもしないかい?

私は結構つかれていたが、断るのが苦手なので、OKする。

約束通りにおじさんはやってきていて、一緒にさっきの寮へ。

ワインとチーズ、おじさんの晩御飯の手作りハンバーガーを少し頂く。
おいしい。。。。

カナダもワインがあるんだなぁ。

旅好きの人にあえてうれしいよ。

今から歩くかい?

いやぁ、もういいです。歩いて帰ります。


そんじゃあ、送っていくよ。


ひんやりとした空気のさわやかな村を歩く。
といってもかなり狭いけど。。
f0050468_14453094.jpg

おじさんは近所の高級ホテルの中も知り尽くしているので、いろいろ案内してくれる。



ここで働く気があったら連絡をくれ。
世話するよ。


あ、ありがとうございます!



メールアドレスを交換して別れた。



いろいろ出会いがあって、人生の選択肢も広がるから、やっぱり旅に出るのは若いうちがいいね。。。笑。
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-22 01:06 | 北米編  

!st visit to Lake Luise

きょうは曇ってるかぁ。
まぁ、いいや。
朝の散歩がてら、レイクルイーズ(ルイーズ湖)にパトロールに行ってみるか。
街のインフォメーションセンターで地図に遊歩道を書いてもらったので、それを頼りに出発!
ええっと、まずは列車駅の方に向かう、と。

おお、貨物車だ!
f0050468_18726.jpg

ゴゴゴゴゴゴー!!

なんとながーい貨物車で、長さ2キロくらいある。
何を運んでるんだろう?


さてと、この駅の近くに橋があるはずなんだけど。。。

ない。

ないなぁ。

しょうがない、引き返すか。

適当に森に向かって歩き、橋を渡って、遊歩道へ。
あるいていると、さっきの駅の近くに出た。

あ、橋あるやん。

えっと、ここから森に向かって鋭角に曲がる、と。

ええー!!こんな道ですかぁー!

f0050468_19292.jpg


倒木でふさがっとるやん!

しかたない。せまりくる倒木を踏んだリくぐったり、まるでゲームのように降り懸る難関を、朝の散歩程度の装備で切り抜ける。
足にトゲがささるし-。

いばらの道を行くうちに、なんと、地図をなくしてしまった!
道を聞こうにも、だーれも通らない。
f0050468_1224399.jpg

ここは、クマ出没注意地帯だ。
f0050468_1182331.jpg

クマは、あっちからは襲って来ないが、いきなり人を見つけたりすると、びっくりして襲ってくるので、


ここにいますよぉー!

と自己表現しながらいかないといけない。

ここは、陽気に歌うしかない。

フフフンーフンフン!っと。

歌ってみるが、なんだか寂しいなぁ。。。

イヤイヤ歌いながら、クマパトロールをするクマ巡査。
f0050468_1102582.jpg

あちこちに、木の幹をはがした跡がある。森の動物が食べたのだろう。
クマかなぁ。
f0050468_1420100.jpg

ところどころ雪が残る道を普通のスニーカーで行く。



なくした地図には7キロくらい遊歩道があるらしいが、それを多分過ぎた。
入ったり来たりしているうちに、自動車道に出てしまった。

しかたない。自動車道を行くか。

湖に向かう観光バスなどがビュンビュン通る。


あ!雨が降ってきたー。


ふえーん、寒いよう
(ちなみに今日の最高気温は8度)。

手袋わすれたし。。

木陰で雨宿りをしながら歩く。

しかたない、ヒッチハイクだ!

手を上げるが、
だぁーれも止まってくれない。。。

こんな寂しいことはない。

悲しい気分を満喫しながらのぼっていくうちに、でっかいホテルが見えてきた。

やったー!到着だ!

このホテルはルイーズ湖畔に立つお城ホテルだ。
f0050468_1114073.jpg

ここには誰でも入れることになっていて、気軽なカフェや、ギフトショップも利用できる。
f0050468_112411.jpg

ホットチョコレートであたたまろう。。。んまい。。。

館内を歩いてみると、日本人や中国人、韓国人が多いなぁ。

中からゆったり湖を見ることもできる。
f0050468_1202117.jpg

うーん、ゴージャス。。。
f0050468_1205153.jpg

雨が上がったので、湖畔を歩いてみる。
f0050468_1213334.jpg

空が青かったらいいのだけど、まぁ、雨が止んだだけでも良いか。
f0050468_1221185.jpg

湖は凍っているが、ところどころ溶けてきて、よく写真で見る、ものすごい青さも満更ウソでもないんだぁ、と実感。
f0050468_1141361.jpg

f0050468_1145322.jpg

ワンちゃんもうっとり。(21才だって!)
f0050468_1264488.jpg

f0050468_1162540.jpg

スリランカ人家族。
f0050468_1165850.jpg

この湖は世界から人を呼び寄せるのだ。
f0050468_1174677.jpg

おみやげ屋さんを冷やかして(あんまり寒いのでフリース買いました)、下山。
下山ももちろん歩きです。

のんびり、石拾いをしたりしながら、自動車道だとたった3キロの道をいく。

f0050468_119619.jpg

f0050468_1231641.jpg

それでも1時間はかかった。

あー、寒かった。

ちなみに、ユースホステルに帰ってみると、なにやら時刻表があった。

これはどこ行くの?ときいたら、


湖よ。



最初に言ってくでー。。。
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-20 01:03 | 北米編  

Chikago - Las Vegas - Calgaly

シカゴ最終日

早朝からコインランドリーに行く。
ベッドを貸してもらっていたので、せめてシーツくらいは洗って返さないとね。
で、ドライの待ち時間にネット。
8時半に郵便局が開くので、日本に送る荷物を送りに行かなくちゃ。

もちろん荷物は今から作る(遅い)。

近所のゴミ箱から、程度のいい開き箱があったのでもらってくる。
ブラジルで買ったタンバリン、コロンビアで買ったバッグ、シカゴで買ったこれからの仕事に使えそうな服。。。詰め詰め。



リュックをおなかと背中にしょって、郵便用の段ボールを抱え、郵便局へ。
順番を待って、おばちゃんに
"これ日本へ船便で出したいんですけど"

するとおばちゃん。

この箱はダメね。ビールの箱でしょ。

ハ?なんでだめなの!?

アルコールの入ってた箱はダメなのよ。

なんでですかー。


(英語の先生に聞いたところ、ミカンの箱もダメらしい。輸出と間違われるからかな?)

しかたなく、新しい箱を買って、ガムテープも買わされた。むぅ。。。

いろいろあて名書きも間違えて、30分くらいかかってしまった。
しかたない、ここは外国なんだから、全部言うことを聞かなきゃね。

船便はなくなったのよ。

とのことで、4キロの荷物で、60ドル(箱代込み。)。

あー、もう10時になってしまったー。

地下鉄に乗りダウンタウンへ30分。

英会話教室はフリートークも多く、とてもよかった。
これが週に一回じゃなくて、毎日くらいあったらいいのになぁ。。

通っているのはシカゴに赴任している人の奥様方がほとんど。
ゴルフを始めたの、とか、リッチな話もあって、別世界やなぁ。

中でも一番発音がきれいだった方は、小さい頃もアメリカに来たことがあるらしく、やっぱりなぁ。。。

私が世界一周をしているというと、、皆さん興味深く話を聞いてくださって、握手してください、なんていわれちゃった。

先生はアメリカ人で、私が今ひとりでシカゴに居る 、というと、いろいろ心配してくださる、とてもいい人だった。

もう少しいてもよかったなぁ、シカゴ。

午後3時まで勉強して、すぐ空港へ。

夜8時の便で、まずラスベガスへ。
ラスベガスの空港に来るのは14年ぶりだ。
(というと、6歳のときかぁ。。。)

飛行機を降りたとたん、こんな風景が。。。

f0050468_1226137.jpg

思わず笑ってしまった。

空港内にも、ガンガン,スロットマシーンが置いてある。
遊びにかける根性は半端じゃないよ、ラスベガスは。
最初に行ってから14年も経ったから、もっともっと楽しくなってるだろうなぁ。
賭け事はどうも、、、というかたにも、オススメです、ラスベガス。

そして深夜のラスベガス発、カルガリー行に乗る。

あれ?お客さんがいないなぁ。ガラガラ。
やったぁ、ひとりで横3席使える!

飛行機から見たラスベガスの夜景はこれまた素晴らしい。
この感動をあなたに伝えようと、シャッターを切るが、光が足りず、ブレブレじゃ。

f0050468_12285522.jpg



そして、午前3時半、カルガリー空港に到着。

空港内もガラガラ。
ま、3時半だからなぁ。

この空港のイスは素晴らしい。
なぜなら、一つ一つのイスにヒジあてがないから、横になれる。
そう、空港泊ができるのだ。

ヤッホー!ぶるぶるさむいけど、明け方まで寝る。

ちなみに、ここはシカゴよりかなり北、ちょいと足を伸ばせばアラスカだ。




明るくなったので、身支度をして、レイクルイーズ(ルイーズ湖)行きバスをさがす。
グレイハウンドバスがちょうどいま、ストライキをしているらしく、一社しか見つからなかった。
ブルースター社。
レイクルイーズまで、片道60ドル。けっこうするなぁ。。。

でも、ここの窓口の女性はなんと、日本人で、いろいろとバンフ、レイクルイーズ、ジャスパーなどの情報を教えてもらえる。

夏だと、湖が、きれいなブルーなんですけどねェ。

はぁ。そうですか。


ん?夏だと、とおっしゃいました?




すると、いまは?




いまはで、まだ湖は凍ってますねェ。










ぬわにぃーーーー!





湖の色も、青くなくて、真っ白ですよ
















知らなかった!


すると、なんですか?

いまはいわゆる。。。。



















シーズンオフ。
















そうですね。














がーん。














ひゅるるるるー(冷たい風)。



どおりで、飛行機の乗客も少ないと思ったよ。。。

こんなことなら、シカゴに居ればよかったかもなぁ。。トホホ。。

でも、ここまで来たら、先に進むしかない。

4時間、バスを待って、お昼に空港を出発した。

1時間くらい走ったかな。

目が覚めると、こおんな景色が窓から!!
f0050468_1248754.jpg


どんどん山に向かう。
f0050468_12484770.jpg


うひょー!ひょえー!

こんな山、いっぱいあったどー!
南米最南端ウシュアイア、チリとアルゼンチンの国境のアンデス付近、北欧ノルウェー、今回は行ってないけどスイスのグリンデルワルト。

緯度がおんなじ位だと、景色も似たようになるのねェ。

おんなじ地球だから。。。


それでもやっぱり、すてきだわぁ。
f0050468_12492368.jpg

(わたくしの拙い写真ではあんまし表現できてませんから、メント-ル系のガムでも召上がりながらご想像ください。)

さて、レイクルイーズのユースホステルに到着。
一泊27ドル税込み。ドミトリーでよ。

近くのスーパーでも、物価は軒並みパワーアップ!
プリングルスも500円するよ。。。

シナシナになりそう。

まぁしょうがないや。



宿のすぐ近くにはプレーリードッグの穴がいっぱいあって、彼らの姿をよく見ることができる。
f0050468_12505273.jpg

宿の近くの高そうなコテージ。

f0050468_12513852.jpg

まだ日数があるので、ルイーズ湖にはいってませんが、あす、ひとりパトロールする予定です。
乞うご期待!









まだ、しつこく、いや、熱心に見てくださっているあなただけに、クマ巡査の極秘ショットをプレゼント。



f0050468_1301956.jpg




惚れるなよ。火傷するぜ。。。。
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-19 11:57 | 北米編  

to canada again


明日の英語教室(朝から晩まで)を終えたあと、夜の飛行機を乗りついて、カナダのカルガリーに飛びます!
ここは、カナディアンロッキーの自然を楽しむ拠点!
あっちでの予定は決めてないけど、1週間くらいあるので、なんとかなるかな。

しかし、ぜーんぶシカゴ-カルガリー、宿、ツアー、カルガリー-ロサンゼルス...

ぜえんぶ、パソコンと電話で手配できるのねえ。
家にいながら。べんりだわー。

でも、朝から夕方までかかっちゃった。

パソコンでチケット買うのって勇気がいるよ、わたしにゃ。

そのあとは...





東京、成田へ向かいます!









ひえー日本だぁ!










そのあとは。。。








言えません。








どうなるんでしょう。








こわい。。。
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-17 06:10 | 北米編  

English


そうだ、タウン情報松山が、そろそろ発売になるかな?
わたしのプチエッセイ[熊本フミの弱気で世界一周]も載ってると思うので、手にとって見てくださいネ!

**********************************

英語をペラペラにして帰国するはずが、この1年の旅行で英語圏にいたのはわずか数週間。

敬愛するELLEGARDENの曲ばかり1年聞いていたおかげで発音はキレイになったかもしれないが、まだ、気持ちをすぐに英語にしたり、シカゴの人の英語のききとり、むずかしい。。。

そんなわけで、ここ米で英語をやりたい!やらなければ!と思っていたのですが、知り合いもおらず(Aちゃんは遠くへいってしまった。。。)、どうすることもできなくて、ほぼ引きこもり生活。

これではいけない、とラジオを買ってきて

リスニング

したり

リスニング

したり、あと




リスニング


したりしています。




このページをレイアウトしてくれてる日本のKIAに教えてもらって(米にいながら。。。本末転倒?) シカゴ日米センターの、英会話にいってみることにしました。
しかし、週に一回しかないんだよね。。。
大学付属のとかはビザが面倒いし、時期が決まってるし。私学はメチャたかい。。。



ああ、頭にチップ埋め込んだらペラペラになる機械はないですか?
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-16 07:03 | 北米編  

at a drugstore

近所のドラッグストアでレジ待ちをしていた。

後ろに並んでいた20歳すぎくらいの大変大柄の黒人女性が私に

あなたにお願いしていいかしら?


あら、なんでしょ?(日本文化について聞きたいのかな?)







電車代2ドルくれない?





あのね。


その右手に抱えてるキャンデーひと袋、買うのやめれば電車に乗れるでしょ。。。

私への交渉が失敗した彼女はその後、まわりの人に片っ端から断られていた。

あたりまえだろ。。



なんとまた翌日そのドラッグストアに行った帰り、彼女に道ですれ違った。

彼女はまた

小銭持ってない?


あなたにあげるお金は、ないです。。。
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-15 04:27 | 北米編  

トロント5.08事件

化粧水を取られ、乾燥肌を抱えた私。

その後、シカゴの空港で朝まで過ごし(極寒)、また機内の人となりトロント(カナダ)へ。
朝ご飯何かなぁ、と少し楽しみにしていたのに、サービスは飲み物だけ。
がっくり。

空港から中心地まで、バスと地下鉄を乗り継ぐ。



空港でおしえてもらったホステルは観光名所CNタワーのすぐそば。
f0050468_10161676.jpg



今晩泊まれますか?

泊まれますよ、何泊?

うーん、2泊か3泊。一泊いくらですか?

27ドル。でもスチューデントカードで割引よ。
(カナダドル。でも米ドルとそんなに変わらない。)


空港で教えてもらった値段より、高いじゃん!

じゃあ、とりあえず2泊。

あ、でも、キャンセルできますか??(ほかの宿にいっちゃうかも)

できますよ。

いつまでに言えば良いですか?

きょうか、明日。早くね。


(上の会話が、あす大きな事件を巻き起すとは、まだつゆ知らず。)



キッチンもあるし、悪くないなー。野菜でも買ってきて食べようっと。

洗濯をしてシャワーを浴び、さあて、キューバでできなかったインターネットでも、と出かける。

1時間3-4ドル。高いなぁ。
南米の3、4倍だわー。
(いままで最高値は、バヌアツ共和国の1時間1500円。それでもやったわ。)

ここでも、6ドル以上も使ってしまった。
帰りに寄ったスーパーでも、いろんなものの値段は南米の2倍くらいはする。

ひえー。
f0050468_10164016.jpg


1日の生活費30ドルから50ドルは使つちゃうなぁ(寂)。


さて、ネット屋で驚愕の事実が発覚。

トロントで少しゆっくりしたあと、米のシカゴの(FM愛媛のモト後輩)Aちゃんのアパートでお世話になる予定だったのだが、

くまもとさーん、急きょ、わたしがシカゴに居るのが明日の夜だけになってしまいました。
あさっての夜にはもう別の街へ行きます!
来るのなら早く来てくださあい!


え?(おくちあーんぐり)

まじ?

わたし、シカゴからトロント来たばっかりだよ。

こっちで少しゆっくりしようかなぁ、それとも、速攻シカゴに帰ろうか。

バスの時間と値段、飛行機の時間と値段を調べてみる。

飛行機は600ドルから700ドル。
ベネズエラとキューバ、3往復できるじゃん!

バスバス。80ドルだもんね。

明日のお昼発。12時間後の深夜11時に着くやつにした。

さて、翌朝。

チェックアウトしたいんですけど。

はい。あれ、あなたはもう一泊することになっているわね。もう一泊分25ドルいただきます。

は?なんで?
だからチェックアウトするって言ってるやんかー。

昨日のうちにキャンセルしないと、もう一泊することになってます。



昨日、受け付けてくれた女性は、今日、明日のうちに、早く言ってくれ、といいましたけど。

いいえ、昨日の夜のうちに、です。

なんやてぇ!

わしは聞いてない!
まだ朝9時じゃ。
こんな時間にキャンセルできないホステルは世界中なかった よ。
もう一泊分は払えんし、カギ代のデボジット15ドルもかえせっ!

お払いできません。

なんでじゃー!わしの金じゃぁ!


こんな時は強気で行かなければ。
ダメ元でも、強気一点張りで行くしかない。

ボスを連れてきて!

ボスは昨日受け付けしたあの女性よ。

よっしゃあ!ちょうどいい!


なにか?キャンセル?キャンセルはできません。昨日のうちにキャンセルしないといけません。

なんでじゃ!わたしはきいたでぇ!

あ、聞いた、んですね。(ここで彼女は、私の発言をメモする。I heardね、Iheardね、と。なんと2回も書いていた)


ぐっぞー!!

I heardなのは、あなたが言った、きょうか明日のできるだけ早く、です!

いいえ、そんなことは言ってません。

いいました。

いってません。

いいました。

いってません。



人生最恐のニラミを利かすクマ巡査。

ええー!警察連れて来い!(いや、、それは勝てなかったら困るから、やめとこ)

私も大阪商人や!ここでは一歩も引かんでェ!!





しばし、両者,一触即発の睨み合い。





女性はカタカタとパソコンで作業を始めた。

彼女はわたしにデポジット金15ドルを返し、ドア閉めるのを忘れないでね!と。

なんやてぇ!どういう意味や!もっペン言ってミィ!

すぐ出てってってことよ。


ああそうですか、わかりました。
頼まれんでも出ていきますよってに。

ほなさいならー!

そそくさそそくさ。



あー、よかった。ふん、もうこの街の印象はどん底だわー。
いくら街がきれいでも、だめだこりゃ。
やっぱ、北米は厳しいなぁ。

さて、昼になり、シカゴ行きのバスに乗り込む。
12時間のバス旅の非常食と水も買ったし。
グレイハウンドバスは席が早いもんがちなので、並んで前から3列目をゲット。

旅人から聞いたが、前から3列目の通路側の席が、一番酔わない席なのだ。

バスのエンジンがかかり、係のおじさんが乗り込んできた。

シカゴまで行く人いませんかー。どなたですかー。


はい、わたしですけどー。

きみ、きょうはデトロイトまでこのバスで入ったあと、シカゴまでの連絡バスがないよ。
連絡バスは6時間待たなければならない。

デトロイトには何にもないから、降りた方がいい。



ええー!!
まじですかまじですかぁー!!(武田鉄矢風)


スゴスゴとバスを降りる私。

あー、どうしよう。

シカゴに行くの、遅くなっちゃうよー。

今夜着く、と連絡メールを入れたばかりなのに、またネット屋に行き、ごめん、明日の朝つくわ!とメール。
申し訳ない。。。


トロントの街もそう見るところもないし、あんまりやる気もない(足の裏の水脹れが痛いの)ので、HMVでCDの試聴をしまくり、世界最大の本屋、という本屋さんで立ち読み。
シカゴの地下鉄情報、万が一の宿情報を入手。

そして、夕方のバスに乗る。
f0050468_10232275.jpg

これからの旅のこと仕事のことなど考え、あまり眠れないかも、と思ったら
ゴーゴーねちゃったわー。




あさ5時、シカゴに到着。
やったわー、シカゴよお!

黒人のインフォメーション係にいろいろシカゴ市内のことなどを聞くがまったく愛想がなく、いやぁな気分に。

シカゴ市内のことについては別の係の男が教えるからイスに座って待ってなさい。

といわれたので待っていると、

15分後、何で待ってるの?と聞かれ。

待ってなさいといわれました、と答えると、

その案内係の彼はいっちゃったわよ!!!

と怒られ。

いやぁ、わたしは彼がどの人なんだか知らないし。。。何で怒られなきゃいけないのさ。

ああ、北米はしんどい。。。


6:30もかかわらず、後輩のAちゃんは電話に出てくれ、地下鉄で彼女のアパートへ向かう。

うーん、いい感じのアパートやねぇ!

これからいろいろお世話になります!
といっても、Aちゃんはすぐ出ていくんだけど。

彼女は旅芸人のように仕事をするので、ほとんどがホテル暮らしなのだ。

彼女と近所のスーパーに出かける。

いままでとは物価がちがーう!


でも、ひとつだけ、今までより安いものが!!

プリングルス!
f0050468_10234736.jpg


これまでの国ではそれを輸入していたから、一本300円とか500円、600円していたのだ。

それが、1ドル台だー!


思わず手にとって品定めをし、一番好きなサワークリーム&オニオンをかごに入れようとするが、そろそろ帰国のことを頭に入れないと。

そう、帰国に向けてリハビリを開始しないと!!!

今朝、ひさびさにAちゃんのアパートで体重計を借りたが、半年前に米で測った体重と全くおんなじだった。つまり10キロ増加のまま.

キューバダイエット、エンジェルフォールダイエットの効果、あんまり無し!



プリングルスは商品棚に返す!

バケツに入ってるアイスクリームも横目で見るだけ!


でも、初めての海外でアメリカ短期留学をしていたときよく食べていたクラッカージャック(キャラメルポップコーン)は、つい買ってしまった。
f0050468_1024766.jpg

昔は紙箱入りだったのに、袋入りになっていたのだ!!
(大して言い訳にもなっていない)

午後からはAちゃんの友達だというHちゃんを紹介してもらい、Aちゃんが旅立ったあと、Hちゃんのご主人が勤務するというオフィスビル街に。
f0050468_10242138.jpg


シカゴはアメリカ第3の都市。いろんな会社が拠点をおく。

その向こうには、アメリカ五大湖のひとつ、ミシガン湖がある。
海岸沿いをたくさんの人がジョギング、ローラーブレード、ウォーキングしている。
f0050468_10244161.jpg

こんなところに来ると、いままでみてきた南米がうそのようだ。

朝、先住民のおばちゃんが鍋で作ったおかずをそのまま街に持ってきて、道端で定食にして30円で売っていたり、ニワトリを生きたままぶら下げて市場を歩いているおっちゃん。
そんな社会と、こことは、おんなじ時代なんだろうか。


f0050468_10245654.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2007-05-12 04:22 | 北米編  

ひさびさの北米

帰ってきましたよ、5ヶ月ぶりに北米に。


アメリカ合衆国へ入る飛行機では、機内への100cc以上の水分は持ち込み禁止なので、あらかじめ、化粧水など使い込んで、200ccのボトルを半分以下にしていた。

それでも取られてしまった!

にっくきブッシュ大統領!

化粧水返せ(再)!
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-10 02:44 | 北米編