カテゴリ:とんぼ玉始めました( 7 )

 

心だけでいいですよ

しかしま~、狭いと思っていた松山だが、どうやらなんだか、意外に広い。

いちにち歩いていても、知り合いに会うことはほとんど無い。

松山、知らない人ばっかり・・・。


と思って、きょうも歩いていたら。

一番の繁華街、高島屋のある松山市駅前で、

Yりみず店長さんにバッタリ!!


「うわぁ!!」


(ワタシは思わず洋行帰りのクセで、ハグしようとしてしまった。

いかんいかん、ここは松山。)


※Yりみず店長さんは、FM愛媛のコマーシャルで毎月ワタシと共演していただいていて、しかも台本まで自作してくださるありがたいお方である。

彼のブログ(リンク)


「熊本さん、どうしたんですか~!!」

「Yりみず店長こそ~!」


くま「わたしはとんぼ玉教室の帰りですけど~!」

Yりみず店長「私はきょうは休みでね、結婚記念日なんですよ。で奥さんが〇ュンヘンのからあげがたべたいっていうんで、買出しですよ。」

※〇ゅんへんのからあげとは、松山市駅前の名物の、鳥のから揚げ。


「うわぁ~、それはおめでとうございます!私も何か祝わせてくださいよ!

花買いに行きましょう!」


「花はもう注文しました。」


「じゃあ、ケーキ!」


「ケーキも買いました。シャンパンも買いました。」


「ちょっと待ってくださいよ、入るスキマが無いじゃないですか!」


・・・ま、そりゃそうだわなぁ。

Yりみず店長は、業界でも有名な、気づかい大明神なのだ。


結婚記念日、ぬかるわけがない。





「気持ちだけでいいですよ!気持ちで。」


「え~、そんなぁ~。奥様に何かお祝いをしたいです~。」


「気持ちでいいですよ。」


「気持ちかぁ~。う~む・・・。」





そうだ!


私が気持ちをこめているものといえば!!


作ったばかりのアレを!!






「受け取ってくださいッ!!ハイッ!!」


f0050468_21294298.jpg





一時間、火と戦って仕上げた最新の、渾身の作品!!



地玉に葉っぱ、透明ガラスをかぶせ、小花を2つちらした、詩的な作品。

春の小川に、小花が流れている、とでも言おうか。


それはもう、わたしの心、そのものだ。




アーティスト、クマペノフ。とんぼ玉をはじめてわずか3ヶ月。(情熱大陸のBGMスタート。)







わたしの持つすべてのテクニックを駆使した・・・!







最高のスペクタクル!











もちろん・・・












プライスレス。











Yりみず店長は「あ、ありがとうございます・・・」と薬指にリングが光る手で受け取ってくださった。


「じゃあ、また!」




いまになって考えてみると、ほ~んと、二人の結婚記念日なんだから、

入るスキマがないのはあたりまえ(笑)。



私って、アホ?




しかし、それでもいいのだ。

贈り物というのは、多分に、送り手側の自己満足なのだから。




あ~満足満足。



Yりみず店長、結婚記念日、おめでとうございま~す!!040.gif
[PR]

by kumaf3 | 2008-03-28 21:50 | とんぼ玉始めました  

続々:とんぼ玉やってます


とんぼ玉を始めてから3ヶ月。

何年も続けていらっしゃる方ばかりの教室で、ひとりぽつんと初心者のワタクシ。

少々場違いか?と感じながら、

悪戦苦闘しております。



慣れてはきたけど、バーナーに火をつけるときはいつも緊張。




シュボッ!!



「きょうはこれをやります。」


まずは先生が手本を見せてくださる。

その魔法使いのような職人芸に、「ほぉ~」「へぇ~」「ふぅ~ん」と感心してしまう。



                      これが見本(先生作)。↓



f0050468_17101933.jpg




「はい、じゃあ、やって。」


あ、わ、わたしがやるんですか!?やっぱり?


あいや~、おどおどおどおど・・・手先もプルプルふるえますがな・・・


「ぎゃ~!うゎ~!あちゃ~ッ!」


火とガラスと私との闘いが一時間ほど続いて。。。





            こんなんできましたけど!?


f0050468_1712440.jpg




いや~、上の見本とスクロールして先生のと比べるとおもしろいよ!!


やっぱちがうねぇ(ウヒャヒャヒャヒャ)!






「えークマモトさん、遊んでる場合ではないですよ。

花びらはもっと近づけて打ったほうがいいですね。」



は、やってみますッ!


うむぅ~うむぅ~うむぅ~(眉間にシワ)。。。


およそ1時間後・・・。



              でけた!!


f0050468_17331366.jpg




おお~、だいぶマトモになったデワないか?




最近はいろいろとテクニックを教えてもらって・・・

               こんなんとか・・・
f0050468_17314013.jpg

               (くま初期作品につきプライスレス。応相談。)
          
               こんなんとか・・・
f0050468_17315973.jpg

               (くま初期作品につきプライスレス。応相談。)


いろいろ組み合わせると、いいのではないでしょうか!?




どうやらワタシ、才能がありそうです!





(・・・ええ、自画自賛から入るタイプ。037.gif






そうだ、クマモトの師匠の展示がすばらしい

「道後ぎやまんの庭」の「旅するとんぼ玉展(リンク)」。
3階フロアがすべてとんぼ玉!見ごたえ十分です。もう行った?
[PR]

by kumaf3 | 2008-03-26 17:50 | とんぼ玉始めました  

ひさしぶりに、冷たいあの感触が。


埃のような雪に2つぶほど遭った黒雲の夕方、45分ほど歩いてトンボ玉教室に。





石油ストーブでもなかなか広い工房は温まりにくいが、ガラスを溶かすバーナーのおかげで寒くならないですむ。






最近は、「レース棒」とよばれる、トンボ玉の装飾につかう細い棒を作るのに苦戦している。

バーナーの火の上で、左手でガラス玉を熱しながらまわし続け、右手で細長く伸ばしていく。


f0050468_17573270.jpg




順調に行くと50センチを超える(私は途中で切れて、先生に交代してばかり)。

火の加減が絶妙で、熟練しないとムリだわ・・・。








先生、こんなに出来の悪い生徒はいないですか!?


「い~え、たくさんいますよ^^」


よがっだ~(涙)







よ~し、気を取り直して、本日、3度目の挑戦。



ちゅるちゅるちゅる~っと、玉を熱してまわして、のばす・・・・



火加減が、むずかしいわぁ~!!



と?




鼻にひややかな感触が・・・。





ん? この冷たさは?




たしか小学生時代に感じたことある・・・・







どことなく懐かしい・・・・







これは・・・・







もしかして・・・・







ハ、鼻水!?





まさか。 こんないい大人が、鼻水なんか垂れるわけがない。






エレガントな私と、 「鼻水」 なんて、どう考えても結びつかない。







しかし、鼻の下に伸びる、冷たい、確かな感覚・・・・!!






わたしは・・・






今・・・






鼻水をたらしている!!











英語で言うと・・・









ハブ ア ラニィノーズ!!!








しかし、両手にガラス棒を持ち、バーナーの火でガラスを溶かしながら伸ばしている局面で、鼻を拭けるわけがない。








あっしもガラス工芸家のハシクレよ!!

                







  真剣勝負の真っ最中!!!








つまり・・・・










手も目も離せないのだ!!!







                         こんなん↓
f0050468_23343067.jpg









                  
                     キョロキョロ。






            周りの生徒さんは、自分の作品との戦いに夢中だわ、しめしめ。










                      先生は真正面に座っている。







              先生の視線から私のハナタレを見えにくくするには、

右に顔を向けるしかない。(右鼻が垂れています)





火の温度とガラスの、微妙で、繊細な細工を両手でしながら、

鼻水が垂れている自分の姿を客観的に考えると、笑えてくる。




いかんいかん、わたしは真剣勝負の真っ只中にいるのだ。




しかし、笑っちゃいかん!と思えば思うほど、




笑えてくる。





先生の目から鼻水が垂れたのを隠すために右に顔を向けている 
せいか、ガラスも曲がってしまった。



挙句の果てには「パキッ!」



折れてしまった。







「熊本さん、前はもうちょっと、うまかった気がするんですけど・・・」


「はぁ、そうですか。。。きょうは緊急事態で・・・(こっそり鼻フキフキ。)」



「姿勢がね、悪いんですよ。斜めになってる。まっすぐガラスを引っ張るんです。

熊本さんは曲がっているから、うまくいかないんですよ。」




「なあるほど・・・

こちとら、鼻水を隠すのに必死だったんですぅ)。」


フムフム、腕組みをしながら、さすが師匠、分析が正しいな。



しかし、生徒のハナタレに気づかない とは、まだまだやのう・・・(ヨカッタ・・・)。





次回は鼻にティッシュを詰めて、姿勢よくがんばります。





フンガー!!!(←鼻息)
[PR]

by kumaf3 | 2008-02-12 23:20 | とんぼ玉始めました  

一筋縄ではいきません

今年からはじめた「トンボ玉」。

3ヶ月初級速習コースって感じで、サクサク教えてもらっています。

しかし、むずかしい。。。

先日は無地の玉にぐるぐる巻いて立体感のある模様を出すための細い「レース棒」を作った。

というか、作れなかった。む、難しすぎる・・・。


レース棒の作り方はこんなん(リンク)。
(やってる途中は余裕がないので、他の方のページをご覧ください。)


先生に教えてもらいつつ、ヨボヨボで棒を作り、なんとかギクシャクした棒が出来上がって、
作業棒からカットしようとした途端、パリン!

粉々に折れてしまいやした・・・。

あ~あ。


火に当てる加減(温度)と、タイミング。

うまくできるようになるには1000本は作らないとダメだそうで。

家にバーナーもないので、練習のしようもない。


わたしのトンボ玉ライフはどうなるんでしょうか。

また明日、教室に行ってきます。




          先々週作った「正倉院玉(しょうそういんだま)もどき」
f0050468_1849376.jpg


             (価格 クマ初期の作品につきプライスレス)
[PR]

by kumaf3 | 2008-02-04 18:49 | とんぼ玉始めました  

おちこぼれトンボ玉作家

トンボ玉を習い始めて4回目。

最初に玉をつくり、それにさまざまな細工をしていく技法を習っている。

先日習ったのは、玉に螺旋もようをつけていくやり方。



螺旋模様は、細いガラス棒を溶かしながら、玉につけていく。



            私が作った玉に、先生が螺旋を書いてくださった。            
f0050468_23373759.jpg



               今度は自分でやってみる。

           火とガラスとわたし、真っ向勝負だ!!


                    あ~~!!

               手がプルプルふるえて・・・

               螺旋もようが、ヨレヨレ。
f0050468_2338579.jpg



               気をとしなおして、もう一度。


                 んにょ~~~~っし!!



                 ・・・らせん巻きすぎ?
f0050468_23393135.jpg


                 らせん巻いた意味ないし!!
         

                  あ~、うまくいかない。

           熱で溶かしながら、の作業だから、タイミングが命!

          おろおろ自信なくやっているので、よけいヨレヨレになる。



   今度はガラス玉に巻きつけた細い線をところどころアクセントに曲げる技法。

        らせんもうまくいかないのに、そんな技法できるんですか!?

そうこういっているうちに、ガラスが溶けるから、とっとと巻きつけなければ!


                  おどおどおどおどおどおど・・・

                   ぷるぷるぷるぷる・・・。


                     やっぱりヨレヨレ。
f0050468_23425242.jpg




                    才能ないのかも・・・・。

                      ガックリ。




         一緒のテーブルで上手に作っているベテラン生徒さんは

          「最初は私も、丸い玉を丸くできませんでしたから!」


                   ・・・そうですかぁ012.gif


                     ちょっと安心。


  みなさん、私の憧れの「バラ」や「レース模様」など、うっとりするほどきれいな作品を作っている。


                   わたしも、練習あるのみ。


                  玉つくり100個の猛特訓だ!

  ・・・といっても、家にバーナーをつけるにはプロパンガスを買ってきて、器具を設置して・・・とあれこれ大変。


                          うーん。




      将来は別府の温泉に住んで、ガラス工房を開く ことだけは決まってるんだけどね。




                     まだまだ先は遠いのう・・・。







 
[PR]

by kumaf3 | 2008-01-25 23:49 | とんぼ玉始めました  

トンボ玉、続報

先週からはじめたトンボ玉ですが。

先週作ったトンボ玉が、完成しました!!


f0050468_133387.jpg

         トンボ玉作家クマ、生まれて初めて作ったトンボ玉(2007 非売品)。


いやぁ~、感動です。


今日は、また新しい技法に挑戦。

玉を作り、点を入れる。その点を千枚通しの先っちょでひっかいて、柄を作る。

4本作ってみた。


f0050468_164371.jpg


         (かんざし状ですが、ガラスが冷えるとこれをはずして完成)


           あ~、今すぐ100個くらい作りまくりたい。
[PR]

by kumaf3 | 2008-01-19 01:08 | とんぼ玉始めました  

トンボ玉はじめました



昔から大好きだったけど、最近ミョーに縁があって。
いまは時間もたっぷりあるし、こりゃチャンス!

トンボ玉を習い始めた。

簡単に言えばバーナーで作るガラス細工。


ガラスが大好きで、小学校の時から通信教育の「ステンドグラス講座」の資料を請求したり(でも両親は許してくれなかった・・・)、沖縄でガラスつぼをいくつか買ったり・・・とにかく大好きなのだ。


で、昔、仕事を通じて知り合った教室の先生に連絡を取り、今日からスタート。

f0050468_2313275.jpg

こんなん作れるようになるのかなぁ・・・。

きょうはバーナーのつけ方から始まり(ガスの勢いがけっこうコワイ)、さっそく玉作り!

玉の装飾になる細い棒「ひご棒」作り。


先生が見本を。
f0050468_23133459.jpg

ひご棒は、細長い棒を真ん中で溶かして、引っ張って細くする。


そして、自分で作ったひご棒をつかって、玉にドット柄をつけるところまで。


となりで作ってる生徒さんは、金箔を使い、バラの花模様までつけている。
f0050468_2314123.jpg

いずれは出来るようになるんでしょうか・・・・

「そうですねぇ、1年もすれば・・・」

ふぅーむ。


「まずはガラスというものの性質になれることが大事」ということだ。

今日習った手順やコツは復習するど!!
f0050468_2322555.jpg



繊細な性質を持ち、テクニックも慣れもいるガラス細工。

3日坊主のワタクシ、いづれはバラの花を咲かせることができるんでしょうか。。。
[PR]

by kumaf3 | 2008-01-11 23:05 | とんぼ玉始めました