「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:世界一周( 16 )

 

世界赤っ恥青っ恥。

いや~、15分あったらやってみてシリーズ、世界編!

トラベルIQがでます。

http://www.travelpod.com/traveler-iq


緑のところに出てきた地名を、地図上でクリックする遊びですが・・・

アフリカとアジア、弱ぇ~~~~!!

高校の地理では38点取ったワタクシ、方向音痴健在です!

じぇひやってみてください。
[PR]

by kumaf3 | 2008-11-18 11:41 | 世界一周  

ラジオゲストに呼ばれまして


毎週さまざまな仕事人にお話を聞く、という南海放送ラジオの番組

「宙弥・オカダの勉強します!!!」(土曜日22:30~23:00)

の岡田さんから電話があって。


(岡田さんはこの夏の北条のイベントの時に出演なさっていて、楽屋にご挨拶をしにきてくださったのだ!楽屋の云う名のテント裏に。)


で、出演させていただくことになった。



・・・というわけで、きょう収録に行ってきたんだけど。

自分がラジオのゲストとして呼ばれるのは初めてで、初「南海放送」さんデビュー!

・・・にもかかわらず、いつもの調子でやっちゃいました、ナハハ。



「フリーアナウンサーとしての仕事っぷりを語っていただく番組なんですが。。。」

「いや~、いいっすよぉ、旅の話で!」



今週土曜日の夜、10時30分から11時まで、聴いてくださいな。


f0050468_19152645.jpg

              左から宙弥さん、私、オカダさん。


宙弥さん、オカダさん、ありがとうございました~!

また呼んでね。





あ、ちゃんと仕事もしてますよぉ。
[PR]

by kumaf3 | 2008-10-09 19:17 | 世界一周  

世界一周チケット失効



去年のきょう7月9日、オーストラリアのパース生活に別れを告げ、ヨーロッパへ向けて世界2周目に旅立った。


ヨーロッパから、アメリカ、日本、シンガポール、そしてパースに戻る一周チケットを手に持ち。



それまですでに、1年余りをかけて世界一周を終えている。




1年でも10年でも、一ヶ月でも一週間でも、どんなやり方でも一周はできるのだ。



ヨーロッパ、アメリカ、そして1年4ヶ月ぶりの日本へは、去年の8月に降り立った。



現在、日本でのトランジットが長くなっているが、またいづれどこかへ長旅には出るだろう。





いままで手薄だったアジアかもしれないし、日本一周かもしれない。

南米へ買い付けの旅もやりたい。




健康な体さえあれば、働くことができ、お金をためて旅行をすることができる国に生まれた幸運に感謝している。

いくら一生懸命働いても旅行などできる境遇にない人は世界に山ほどいる。






毎日、ふとした隙間に、旅先で記憶した風景を呼び戻している。


小さな街のスーパーマーケット。


安宿でいつも、手洗い洗濯したなぁ。


居候させてもらったあの街。部屋のにおい、テーブルの上の小物。


イースター島で一人、自炊したなんでもない日の極上の風。


ブエノスアイレスで盆踊りを見に行ったっけ。


アメリカのグレイハウンドバスからみた、砂漠のサボテンたち。


あの街の、、あの角を曲がると、タバコを一本売りするおじさんがいて、その前にはケバブ売りの屋台があって、歩道側にはサンドイッチ屋があって。

宿の髪の薄いおじさんは親切に両替屋まで歩いて連れて行ってくれたなぁ。

途中で手をつなごうとされて「ギョッ」としたっけ。



あの街はアイスが美味くって、20円だったなぁ。




この世で自分の脳みそだけに在る、旅した映像。


呼び出して、いつも世界中を街歩きしている。


これは、旅のあとの大きな特典だ。




街だけでなく、新しい人との出会いがたくさんあった。


今では、旅でできた友達のほうが圧倒的に多い。

新しい世界を広げてくれた友人、知人には本当に感謝している。


ありがとう^^

 これからもkeep in touchで お願いします!




人と出会う楽しさ、すばらしさを学んだのは大きかった。




と、感慨にふけっているうちに、パースを旅立ってから1年が経ち。


本日、まだ残っていた「関西空港-シンガポール-パース」への世界一周航空券が失効となる。


f0050468_632499.jpg



ああ、8万円分・・・。
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-09 06:38 | 世界一周  

たびごころウズウズ・・・

世界2周の旅から帰ってきて、はやウンヶ月。

そろそろ旅気分も抜けるというものです。

しかし、たまたま見つけた友人のブログ。


彼とは2006年の年末、南米アルゼンチンのウシュアイアで会って、2月はブラジルのサルバドールのカーニバルで会って以来、トンとご無沙汰だった。


ところが、めったに見ない友人のサイトを覗くと、彼のブログがリンクされてて、

「ブログ持ってたの!?」とさっそく読む読む!


「おいおいおいおい、あれからまだ旅続けてるの!?」とメールしてみると、

「続けてますよ」と返事が。



知ってる人が知ってるところを回っている様子を知るのはとっても興味深い。




あ~、宿が見つからないときの、ツライ気持ち、わかるわかる!!

現地のルーズさに、イライラするけど、諦めの境地、わかるわかる!!

うまいもんを食べたときの、苦労が吹き飛ぶ気持ち、わかるわかる!!



私が行ってないところも、彼は積極的に出かけているので、フムフムと勉強になる。


はぁ~、また旅に出たいのう!!



(私よりは)時間に糸目をつけずに旅をしている彼が、とてもとても、うらやましい。



自分を中年と自覚し(いやぁ、まだまだイケると思うけど?)、かわいこチャンとの出会いもあんまりない、思わず励ましたくなるような、楽しいブログ。


ここ5日かけて、ぜ~んぶ読んじゃった!!!



お暇があれば、覗いてみてください。


sinさんのリアルタイム旅ブログ↓

「たびタビ旅」(クリックしてね)


f0050468_051141.jpg

                 マインドトリップなら毎日してるもんね。
[PR]

by kumaf3 | 2008-02-06 00:52 | 世界一周  

お好み焼きと今後の旅の悩み


さて、南米アルゼンチン ウシュアイア上野亭、ベッドも満員です。
みんな3時4時まで起きているのですが、私はとっとと寝る(というか1番に寝てる)派。

昨日は、旅人の中に(世界を4年半バイクで回っているHさん)ブルドックソースという貴重な品をもっている方がいて、ひさびさに「シェア飯」。

そう、 お好み焼き!!

たまりません。

なんと15枚。大阪出身の2人が中心なのですが、私もたまたま、調理要員として駆り出され、キャベツを切りまくりました。

ちゃんと、揚げ玉もつくって、という本格派。

f0050468_10303481.jpg


ソースは、ブルドックソース1びんだけでは足りないので、ウスターソースやケチャップ、味見をしながらワインを入れてみたり。

お砂糖を溶かすために、暖めながら。。。
f0050468_10304891.jpg


そしてガスレンジとフライパンを駆使して、焼くこと15枚。
さすが大阪人、裏返すのも本当にうまい!
f0050468_10312213.jpg


上野亭のお母さんには、特別にハート型のをプレゼント。
f0050468_10313490.jpg


「特別においしい!」
との判定をいただきました!

私のはこれ。。。
f0050468_10314546.jpg




そのあと、お母さんの昔の写真を見せてほしい、とお願いすると、
大切なアルバムを持ってきてくれました。
f0050468_10315925.jpg



「この船で、2ヶ月かけて、主人とアルゼンチンに移民に来たのよー。そりゃ不安はあったけど、この人についていこうって。」

ご家族の反対とか、ありませんでした?

「だから、出発の3日前まで、お母さんには言わなかったわ。で、言うと、泣かれたわねぇー」

アルゼンチンに移民に来てからは、日本へは20年は帰らなかったそうだ。


ご主人をなくされた85歳の今でも、とても矍鑠(かくしゃく)としている綾子お母さん。

たくさんの若い旅人たちを迎え、送り出し、またみんなに、若さをもらっているようだ。



さて、わたくし。。。

南極行きという大イベントを終え、これからの旅ですが。

ここまで来るのに大変だったせいで、北上するのが億劫です。

ずっとここにいて、おばあちゃんの後をとりたいくらいです。。。


しかし、ボリビアのウユニ塩湖に行きたい(ここにじっくり行くために仕事まで辞めるハメに)、ガラパゴス諸島も。


年末を上野亭で迎えようと続々集まってくる旅人の中に、私が行きたくて、でもあまりの物価と交通費の高さにあきらめていた「カリブ海の島々」にいく、という人(Tさん)をみつけました。

一緒に行ってもいい、ということなので、お互い宿代の節約のためにもご一緒したいのですが、Tさんはブラジルのリオのカーニバル以降、ブラジルを反時計回りして、ギニア、ガイアナ、ベネズエラコース、わたしは、リオのカーニバル以降、ガラパゴスと、ウユニ塩湖(ボリビア)の西海岸コースなのです。ブラジルのサルバドールには行ってみたいけど。

「いまいっとかないと、ガイアナあたりなんか、一生いけないよ。ガラパゴスなんか、じいさんになってからでもいける。」

「でも、ブラジル周り、ガイアナコースは過酷で、治安も悪く、交通費も馬鹿高い、見所ない、クソ暑い、と、5拍子そろってる 」という反面もあり。。。でも行ってみたい気もする。

あーあ、どうしよう。

どなたか、ご意見を。。
[PR]

by KUMAF3 | 2006-12-31 04:15 | 世界一周  

hide

http://nakata.net/jp/hidesmail/hml279.htm

hide i would like meet you .
[PR]

by kumaf3 | 2006-10-26 10:03 | 世界一周  

ヨーロッパへ

きょう、ドイツへ飛ぶことになりました。
ワールドカップも終盤なので、ぼちぼち宿も空いてきたかなぁ。
ちなみに期間中はドミトリー(集合ベッド)でも200ユーロ 28000円したとか・・・。

さて、今後のたびですが・・・

ドイツー( いけたらオランダ )ーデンマークーグリーンランドー アイスランド? 戻って
デンマークー北欧3カ国ーバルト3国エストニア ラトビア エストニアーポーランド(クラクフ)ーウクライナ共和国ースロバキアーハンガリークロアチアーボスニアヘルツェゴビナーセルビアモンテネグローブルガリアートルコ(イスタンブール)

イスタンーシリアーヨルダンーイスラエルーエジプト

9月)エジプト 紅海中心 ーケニア(タンザニア寄り)ータンザニアー南アフリカードイツ(フランクフルト)

11月上旬)アメリカ

12月には南アメリカ、南極

の予定です。なお、お金がなくなったら強制送還となります(笑)。

ヨーロッパ圏は思った以上に物価が高く、国際間鉄道など平気で1万、2万する・・・ひー。

イスタンの宿にある地球の歩き方をノートに写していたのですが、なかなかすべて書き写すことは出来ず。
これをごらんのあなたの情報、頼りにしております。

午後一の便で、フランクフルトに行きます。
そのあとオランダのアムステルダムに行く予定だったのですが、なんと100ユーロ 15000円(列車で)するというので、ひるんでおります。
[PR]

by kumaf3 | 2006-07-07 15:44 | 世界一周  

今後のルート

宿で静養中の毎日。
でも、いよいよ明後日イランへ出発となりそうなので、
今後の旅のルートを考えてみました。

怪我のせいで、結局シリアのビザが取れなかったのでいろいろ狂ってきました。
エジプトへすぐ行こうと思ったけど、海で泳ぐには足が心配だし、後回しにします。


  6/20  イラン タブリーズへ
  6/21  イラン エスファハンへ(バスで18時間?)
  6/25 頃、 タブリーズへ戻る。

  トルコからグルジアへ
  7月上旬 ドイツへ

  デンマーク → アイスランド →  グリーンランド → アイスランド 
   → デンマーク → スウェーデン → ノルウェイ → フィンランド
   → エストニア → ラトビア → リトアニア 
   → ポーランド(クラクフ → ワルシャワ) → ウクライナ(キエフ)
   → クロアチア → ボスニア・ヘルツゴビナ 
   → ユーゴスラビア(今何て言うんだっけ?) → アルバニア
   → マケドニア→ ブルガリア → イスタンブール 
   →(お財布の状態で"イエメン") → シリア → ヨルダン
   → イスラエル → エジプト(お金の状態で"マルタ")

  10月 アフリカへ


の、予定ですが、なにせ1人で考えたもんでダメなルートかもしれません・・・・
どなたかアドバイスよろしくお願いします。
[PR]

by kumaf3 | 2006-06-19 00:56 | 世界一周  

やっちゃいました!!

と~と~、 チケット、獲ったど~!

きょうもいい天気のモト、一人で遮光カーテンを閉めた部屋でパチパチとネット検索。

オーストラリアからも、サモア、トンガなどの周遊パスが出ているのがわかり、関空からいっそオーストラリアのシドニーに行こうかなと、その料金も調べたのだが(大韓航空・片道・49000円)。

お隣の島国ニュージーランドのオークランド行き(大韓航空 片道 59000円)と迷った挙句、「ええ~い!今日こそは、買った!とブログに書くぞ!いつモまでも迷っていると、どんどん時間ばっかりたってしまう」と、オークランドに行くことにした。
島々に近いのは、、ニュージーランドだし、オーストラリア発の航空機の多くが、ニュージーランドを経由しているし。


さて。オークランドに入国するには、オークランドから出国するための航空券もいるのだが、これは格安航空券で有名なH○Sでも49000円(片道)と、たっか~い!

そこでなんとなくネットサーフィンをしていると、オセアニアで流行っている、「ネット予約のみ、サービス最低限、チケット事前発行ナシ」 の航空会社を見つけた。
かなりサイトは重いが、安いチケット(プロモ料金)がある。
(お試しにどうぞhttps://bookings.virginblue.com.au/skylights/cgi-bin/skylights.cgi=バージンブルー航空)

ちなみにそれだと、事前の日時設定から変更はできないが、2万円以下(オークランドからシドニー)!

これだ!


ということで、またオークランドで島行きの空席待ちをしないといけないが、とりあえず出国チケットは手に入れた!

おめでと~~~!

ちなみに出発は17日(月)です。もちろん韓国経由ざます。
[PR]

by kumaf3 | 2006-04-07 20:50 | 世界一周  

じゃ~ん!プラン発表!!!(ダイビング写真あり)

日曜日に5時間弱かけて考えた最新の・・・・
「チョー欲張り・クマの世界一周プラン!!」

※印は絶対行きたいところ。

それでは、しばしのマインドトリップをお楽しみください。
聞いたこと無い地名が多いかもしれませんが、今回の旅のテーマは「行ったことの無いところ」へ行くことですので、ご了承ください。

^3^  ^3^  ^3^  ^3^  ^3^  ^3^  ^3^  ^3^ 

日本(4月中旬)

台北

オークランド(黄熱病注射?)
(※ニューカレドニア、バヌアツ、※トンガ、※サモア、※クック諸島)

オーストラリア(5月中旬) (ここで一回日本に帰るかも^^その方が安いんだって)

ブルネイ

バリ→東チモール

クアラルンプール ここからアジア入り
↓マレー鉄道
バンコク

マドラス

コロンボ(6月)

マレ(モルジブ)

トリバンドラム(インド)

ドバイ(アラブ首長国連邦)

※テヘラン(6月下旬)

↓バス
イスファハン→いければトルクメニスタン
↓バス
テヘラン(7月)
↓バス
トルコ(トラブゾン)→バスで(グルジア、アルメニア、アゼルバイジャン)

イスタンブール

ソフィア(ブルガリア) この辺から東ヨーロッパ

マケドニア(スコピエ)

アルバニア(ライラナ)

セルビアモンテネグロ(コトル)

ボスニアヘルツェゴビナ(モスタル=橋の町)

サラエボ(旧市街)

クロアチア(スプリット)
↓船
サンマリノ共和国、シシリー島、マルタ島など(8月)

ポーランド

リトアニア(ビリニュス→ベラルーシ=ウクライナ)

ラトビア

エストニア

ヘルシンキここから北欧

スェーデン

ノルウェー
※グリーンランドか、アイスランド(9月)

ロンドン(ドバイでストップオーバー一ヵ月半のオープンチケット=タンザニア(ダルエスサラーム)行きを購入。

①ドバイ(ココから②のドバイまで一ヶ月半) 【2006年10月】中東攻め
 クェート バーレーン、カタール
↓バス
マスカット
↓バス
サラーサ
↓バス
ムッカラ

サユーン(サナア行きチケットを買う)→シバーム

サナア

アンマン

ダマスカス シャルムエルシェイク(紅海ダイビング)
アレッポ、ベイルート、キプロス(北キプロス一日)

アンマン

②ドバイ
↓飛行機
セイシェル

ドバイ(シカゴビーチ)ディラ地区

タンザニア(ダルエスサラーム)【11月】ココからアフリカ
ザンジバル島

ダルエスサラーム→ウガンダ、ルワンダ、マラウィ

ケープタウン

ウィントフック(ナミビア)
↓バス
ウォルビスベイ(アザラシ見る)(ナミビア)

ウィントフック(ナミビア)

ガボン→カメルーン

アクラ→トーゴ→ベナン

南米へ(12月)

ブエノスアイレス
ウィシュアイアにて、南米ツアーの情報待ち。

※南極ツアー参加 (※サウスジョージア島含む)

ボリビアー※ウユニ塩湖ツアー

エクアドル(※ガラパゴスツアー)

ベネズエラから、カリブの島々を経由して、キューバ。できればカンクン。

北米(ヒューストン辺りから、カウボーイ探しのバスの旅) ココから北米
日本(3月か4月)




いかがでしょう?世界地理に詳しい方は、お楽しみいただけたのではないでしょうか。
わたしは地理がまったくダメなので、けっこうわかっていません(中東、アフリカなんてサッパリ)。


え?チケット?もちろん、取れてません・・・(泣)。


そうそう、今日もダイビング練習に行ってきましたよ。
松山市雄郡の勇魚(イサナ)ダイビング。


f0050468_232963.jpg



きょうは、前回の復習の機材のセッティングと、水に慣れること。緊急時のスキル。
機材のセッティング、終わった後の取り外し、・・・忘れてます。

今日は、練習の始め頃、水深5メートルのところまでもぐったはいいが、のどが乾燥してしまい、セキが出そうに・・・!
ゲホゲホ!
こりゃいかん!

f0050468_23294655.jpg


あわてて浮上しました。

コーチによると
「水中でもたくさんセキしていいですから。唾も飲んで。
とにかくあわてないこと。あわてて浮上したりすると、肺が破裂したりしますから。」

「ほら、ゲホゲホ!」

自ら水中でたくさんセキをして、大丈夫だということを見せてくれた。
な~るほど。


そんなこんなで、きょうは2時間を過ぎるほど、みっちり指導してもらい、復習コースが一応終了となった。

直接指導してくださった庄司コーチ、マスターの竹田さん、ありがとうございました。

(今日の写真はすべて、庄司コーチ撮影!水中で動画も撮ってくださいました。)
[PR]

by kumaf3 | 2006-04-04 23:38 | 世界一周