カテゴリ:世界2周目ヨーロッパ編( 10 )

 

ローマの赤フンパッカー

ローマは 日本の夏と同じように暑い。

日陰を歩く分には耐えられるけど、ひなたは腹が立つ位暑いよ。

夜、ベッドに寝転んで本を読んでいると、日本の夏のにおいがした。

明け方は寒いくらいなんだなぁ。

さて、夕べ読んだ本は、野田知佑の 旅へ。

今の宿で知り合った日本人旅人から、譲り受けた本だ。

これ、日本人の旅人がいたら渡していってほしい、と頼まれたんですけど、受け取ってくれますか?ということで。。




カヌー乗り放浪エッセイスト?として有名な野田さんだが、本を読んだことはなかった。

現在69才の彼の若かりしころの放浪記。

お上に飼い慣らされたいわゆる まっとうな大人になることを拒んだ生き方には、共感する部分がある。

さて、この本を持っていた旅人T氏は25歳にして青年実業家。

自営業ならある程度時間の自由もきくんで、旅にのめりこんでみようと思うんです、という。

彼はなんと、

腰バックパッカー。

ウエストバッグと、ジャンベ(楽器)だけで旅をしている。

f0050468_0134861.jpg


結構ジャンベが重くてね。でも、友達づくりにはいいですよ
ウェストバッグも荷物は7割しかはいってないんで、おみやげも入ります。




そして、泳ぐ時には

赤ふん
なのだ。



彼は、干してある赤ふんどしをとってきて、実際にはいて見せてくれた!
ブログに載っけてもいいですか?ときくと、ぜひ!とのこと。
うれしいねぇ!

f0050468_014630.jpg





すげーよ。。。






ビーチでは注目をあつめ、外国人から写真を撮られることもよくあるそうだ。

この宿では、夜になると屋上でフルーツ入りワインが振る舞われるので、2人でギシギシいうベンチに座り、旅の話をした。







済んだ空に浮かぶ月、星、それを横切る飛行機の光。

ローマの夜の風は少し冷たいが、とても心地いい。

観光や移動もいいが、パッカー旅のよさはこんなとこにもある。






一応ローマに来たので、昼間は暑さのなか、見どころの一部(弱気)を見て回っています。


映画が苦手な私が、100回以上見たローマの休日 でおなじみ、真実の口(鼻?)
f0050468_0143614.jpg



ローマ市内、地下鉄で行ける小国バチカンはカトリックの総本山。
f0050468_0145240.jpg

ローマには地下鉄がたった2本しかない。
というのも、地下を掘ると、うじゃうじゃ遺跡が出てきて大変なんだそうだ。

そこで、遺跡よりさらに深い所に地下鉄を掘る、という計画があるらしい。
普通の都市よりは苦労が多い。
でもその分観光客が多いもんね。

f0050468_0151649.jpg

生涯渡航国数83カ国目!バチカン市国、でかーい!

f0050468_0155426.jpg



f0050468_0161654.jpg



警備もこんな格好で。。
f0050468_0173100.jpg



バチカン市国のポスト。
f0050468_01722100.jpg


f0050468_0174893.jpg




コロッセオ。


学生の時にはベネチアまで来ておきながら、ジプシー(放送禁止用語らしい)に取り囲まれて貴重品を奪われる、などという噂があり、ローマには来なかったが、来てみると、駅は近代的だし、治安も問題ない。

f0050468_0182857.jpg


今月末に、ビリージョエルとブライアンアダムス、という大御所がジョイントコンサートをローマでやるらしい。
ちなみにブライアンアダムスは、クマ警部補が世界で一番声が好きなアーティストなのだ。。

見たかった。。。(悔!!)
f0050468_0185171.jpg



そんなローマ、あすの朝3時起きでバスで空港に向かい、ドイツのフランクフルトへ。
ロサンゼルス行きの飛行機が確定しだい、搭乗します。

あと1週間くらいで、とうとう帰国だなぁ。
[PR]

by kumaf3 | 2007-07-26 21:35 | 世界2周目ヨーロッパ編  

フィレンツェ 冷静と情熱のあいだ, のクマ警部補



映画や小説で大ヒットした,冷静と情熱のあいだの舞台となったのは、クマ警部補の次の目的地フィレンツェ。



愛媛の松嶋菜々子



呼ばれて久しい私としては、外すわけには行くまい。

映画もフラッシュしか見てない、小説は立ち読みで2、3ページめくった程度の造詣の深さである。

それでも、きれいな街だなあ、とつねづね訪れたく思っていた。

ヨーロッパはアイルランドとフランスだけにしとこう、と思っていたが、イタリアに足を運ばせたのは、このフィレンツェにほかならない。

最近、劇的なヒップアップに成功したクマ警部補、




恋の予感がする。。。




さっそく街をパトロール。

f0050468_23524473.jpg


f0050468_23525832.jpg


お、この街でも良くやってくれておるな、部下どもよ。。クソ暑いのに。
f0050468_23531378.jpg


街はとても小さいので、みどころは徒歩圏内。

f0050468_23533088.jpg

まずは、おのぼりさんとして、高いところから。。

f0050468_23534287.jpg


細い露地裏がいっぱいある、ロマンチックな街だ。
f0050468_2354350.jpg


f0050468_23542239.jpg


f0050468_23543719.jpg


f0050468_23545429.jpg

手弁当です。


f0050468_23551410.jpg


f0050468_23552824.jpg


f0050468_23555089.jpg



これが、ドゥオーモか。。。
f0050468_23561418.jpg


でかーい!!
f0050468_23564241.jpg


世界各地の教会を一か所あたり12秒でパトロールする仕事熱心なクマ警部補であったが(モンサンミシェルも10秒で満足)、このドゥオーモはすごい!!

とにかくすごい迫力。

街なかにいきなりドーン!なのだ。

中にも入れるようだが、炎天下、100人以上が並んでいる。
だめだこりゃ。

城と教会は外側だけで良い

がモットーのクマ警部補、とっととあきらめる。

しかし、暑い。。。太陽は矢印で刺してくる沖縄の日差しのよう。
イタリアの夏はかなり暑い。
女性はハデハデで露出度も高め、男性はピッタリめのTシャツにひざ丈のパンツ、というのが若い人には多いが、ベルトや靴、ネックレスなどでオシャレをかかさない。

f0050468_2357347.jpg


f0050468_23571868.jpg


f0050468_23573383.jpg



f0050468_23574889.jpg

市場にはウサギ肉。けっこうあっさりしておいしい。

こんなときにはイタリアンジェラートしかない!
f0050468_2358219.jpg

街中でおいしそうなジェラートが売られている。

なかでも、このお店は、少し観光地から離れていることもあって、安くておいしい!
1ユーロからある。

f0050468_23581973.jpg


f0050468_23593112.jpg


おかわり!
f0050468_23594674.jpg

1日で8フレーバーを試した熱心なクマ警部補、恋はぜんぜん見つからないようだが、ジェラートのうまさには参ったようで、
1日3回、朝昼晩
のいきおいだ。



あすはローマ行き鈍行列車に乗る。
[PR]

by kumaf3 | 2007-07-24 01:13 | 世界2周目ヨーロッパ編  

REPUBRIC SANMARINO

パリ中心部から1時間はかかるブ'ーべ空港へバスで向かう。
わたしの使う飛行機は格安 ライアンエアーなので、辺ぴな空港なのだ。

空港へ向かうバスの中で知り合った香港人の女の子。
学生かと思ったら、先生で、将来はキリスト教の布教家になりたいという。

香港人の女の子は強い、と思ってはいたが、彼女もその一人だった。
ブーベ空港でチェックインを済ませたあと、

何か食べ物を買ってくる!

とお店に入った彼女。

缶詰が安かった!良心的!
と感激していた。
なるほど、節約して今夜は缶詰で調理ね!

と思いきや。。。


彼女は待ち合いロビーでいきなり缶詰を開け、フォークを取り出し、食べ始めた。

うーん、おいしいわ!
f0050468_2328230.jpg


味見をさせてもらったが、けっこう冷めててもおいしかった。
勉強になるわ。。。

チケットはちいさーい!
f0050468_23282836.jpg

そして、
格安系の多くは自由席。
f0050468_23284580.jpg

早いもの勝ち。
f0050468_2329196.jpg




ミラノ到着。これまた辺鄙なベルガモ空港。ミラノ中央駅まで7ユーロ、およそ1時間。

中央駅で、あすの朝出発のサンマリノ共和国経由、フィレンツェ行きを購入。
イタリアの列車は思ったより高くない。(鈍行ならね)
f0050468_23291717.jpg



駆け足旅の場合、新しい土地についたら、その駅でさっそく、次の目的地までの足を確保するのがコツ。
なんども駅に通う暇はないもんね。

ネットで予約したのユースホステルに向かう前にパリの友人pに紹介してもらったレストランでパスタを。
f0050468_23293711.jpg


おひとりさまの夕食。。。
地下鉄の駅で、乗換え駅を確かめようと女の子に話しかけると、英語が通じないようだった。
そう、ここはイタリア。

イタリア語も仏語も、スペイン語に似てる、というのを思い出し、where?というのをやめて、ドンデ?といってみた。

すると、通じた!

彼女はモロッコのタンジェ、という、スペインと海をはさんだ隣の街の出身なのだ。
f0050468_2330216.jpg

あなた、いくつ?

という禁句を堂々と聞いてくるので、

いくつにみえる?

と聞くと、しばらく考えて、

26歳?

と言ってきた。


正解!!



彼女と同じ地下鉄に乗り、ユースの駅で降りる。
f0050468_23305896.jpg


ユースについたら、今度はアフリカのブルンジ出身の受け付け人。
f0050468_23311970.jpg

私の名前をなんどもいうので、さては?と思い、きいてみたら、やっぱりこう答えた。

クマモトっていうのは、スワヒリ語で放送禁止用語なんだ。


しってますがな。。。

タンザニアの入国管理官に、なんども名前を言わされたわ。


というと、大受け。


ねぇ、静かな部屋にしてくれない?

と頼むと、6人べやをひとりで使わせてくれた。



翌日は日曜日。地下鉄の本数が減っているのを忘れていて、乗り換えに時間がかかり、7時半ぎりぎりに中央駅に到着。

列車に乗るとすぐ、動き始めた。ヨカッター。

列車の中では、オランダから来ているという女の子話した。

わたしはメールアドレスをもってないから、これでおわかれだけど、いつもあなたのことを思っているわ。

メールアドレスを交換しても結局交流することなく過ぎてしまう仲は多いが、こんな言葉をいわれると、いつまでも忘れない。
f0050468_23321428.jpg


リミニから、サンマリノ共和国へ向かうには、ボローニャからさらに南のリミニというところで降りる。
3時間列車、リミニからバスで45分。

リミニはリゾート地で、バカンス客でリミニかごったがえしていた。
f0050468_23325514.jpg


サンマリノ共和国へは日曜日でも頻繁にバスが出ていて、助かる。
往復チケット6.8ユーロ。



さて、いよいよクマ警部補世界パトロール82か83か国め(忘れた)、サンマリノ共和国へ!

この国は世界に現存する共和国で、最古のものらしい。

建国は301年。なにせ岩山のてっぺんにあるので、なかなか攻め込まれず、いまだに存在いるのだ。

f0050468_23331544.jpg


f0050468_23333211.jpg


きょうは日曜日だからか、何かの記念日なんだか、街では中世の格好をした村人がイベントを黙々とやっていた。
f0050468_23335260.jpg


f0050468_23341891.jpg


f0050468_23343384.jpg


f0050468_23345295.jpg


f0050468_23351558.jpg


f0050468_23354221.jpg


f0050468_23361931.jpg



メールで写真を送ってネ!と言ってきたお姫様。

16キロの荷物を背負って坂ばかりの街を炎天下上りおりするのは、ワンゲル部のようだ。ああ暑い。

f0050468_23365041.jpg


f0050468_2337889.jpg

真っ赤だったトマト、甘くておいしかった。

f0050468_23373580.jpg

黄色い制服のよく働く部下たちに、これからもサンマリノ共和国をよろしく頼むぞ、と、委任し2時間少々でパトロールを済ませ、リミニに戻るバスに乗る。

日焼けして肌が真っ赤のクマ警部補。


f0050468_2338387.jpg

さて、これからフィレンツェ行きに乗る。
[PR]

by kumaf3 | 2007-07-22 23:49 | 世界2周目ヨーロッパ編  

パリ近郊のP宅にて・・・

「パリにいるんだったら、泊まりにくれば!?」

という連絡を受けて、ホイホイ乗っかったクマ警部補。

この友人はとても古く、なんと同郷である。

(でも、出会ったきっかけは某マスコミ社の就職試験会場。え?あなた、となり村出身なの!?て感じ。)

先進的な彼女からは、多大な影響を受けている。

私のあこがれる、垣根のない人。いろんな人とフレンドリーに接することができて、やさしく、一緒にいて前向きになれる。おまけにとても美しいのだ。

ユースホステルは支払いを済ませてあったが、そんなものはとっとと放棄して、久しぶりの彼女に会いたかった。
地元に住んでるので、勉強にもなりそうだよ。


彼女は颯爽とグレーの車でユースに迎えに来てくれ、
「くま!変わんないねー!」

と、抱擁。。。

P、君こそ変わらないよ!数年のブランクを感じさせないフレンドリーさ!

彼女の案内で、パリ市内を車でぐるぐる。

「ほら、凱旋門だよ!」

f0050468_172843.jpg


f0050468_174557.jpg


f0050468_18168.jpg



パリで車を乗りこなすには大変なんじゃ?


「そうやねぇ、強気で行かないと無理、という感じかも」


「このホテルが、マイケルジャクソンが来たときに泊まるホテル クリヨン。

最上階のワンフロアを借りきるらしいよ」
f0050468_182648.jpg



「7月14日の革命記念日にはミッシェルポルナレフ(私も大好き)がエッフェル塔で100万人集めてコンサートをしたんだ。コレがその会場の広場!」
f0050468_184389.jpg



「おとといからパリ市内では貸し自転車が始まってるの。でも、さっそく盗む人もいて、置いてある自転車20台のうち、8台しか残っていないところもあるんだって。」
f0050468_19060.jpg


「ここは、パリでもめずらしい、路面電車が走ってるところ。」
f0050468_191794.jpg



などなど、パリの最新情報を教わった。
f0050468_194042.jpg


夕食は彼氏のZ氏と合流。

「夕食はどうする?ウチで作ってもいいし、外食でも。」

「うーん、おうちで、がいいなぁ。」

外食もいいけど、私は、その「人となり」がたくさん見える「おうち食」「おうち飲み会」が大好きだ。

リラックスできるしね。

スーパーで色々買出し。
この彼女はアルコール通で、最近赤ワインが好きになったわたしは、彼女にうまいワインをご馳走になる気マンマンだ。

「任せてよ!」

うーん頼もしい。


彼女のお宅はパリ中心部から車で30分くらいの静かな住宅地。
f0050468_110338.jpg

庭には果樹や花がいっぱい。
f0050468_1101823.jpg


私のために、2階の一部屋とバスルームを用意してくれていた。
f0050468_1103790.jpg


なんとアメニティグッズまで・・・(感涙)
f0050468_110544.jpg


f0050468_111941.jpg



彼女と彼が食事の準備をしてくれている間に、申し訳ないけどシャワーを満喫。。

湯上りはなんと、ゆかた!
f0050468_1112626.jpg


彼女はフランス人の彼氏が友人を招くときには日本食でおもてなしをし、彼女が友人を招くときは、彼のフランス式料理でおもてなしをするのだそうだ。


f0050468_1114664.jpg

ワインセラーの一部。(ふだん飲み用。特別用は別室に・・・)

食事の前に、客までアペリティフ(食前酒)を楽しむ。
シャンパンを開けてくれた。
そのままでも十分美味しいシャンパンには、ケシの花で作ったお酒で色と香りをつけて。。
f0050468_112288.jpg



そして、私のために、ほぼベジ(野菜中心)の夕食を頂く。
f0050468_1121895.jpg


アボカドの前菜。ガスパッチョ。

パンプルムース(グレープフルーツ)とカニの和え物。
f0050468_1123783.jpg

マッシュルームと赤カブとフォアグラのサラダ(ポルトワイン=甘い、塩、オリーブオイルをまぜたソースで)
f0050468_1125294.jpg



食事の後は、チーズでワインタイム・・・。
f0050468_113728.jpg


ああ、赤ワインの酔いはとても気持ちいいわぁ。。。

彼女は久しぶりの日本語がしゃべれてうれしいけど、彼を交えると3人の共通語は英語だし、彼との会話はフランス語だし、、、で、かなり頭が混乱しているようだった。

すまんのう。

翌朝も、さわやかな風のもと、外で朝食。。。

f0050468_1132652.jpg




夕べ寝る前、彼女がこんなことを言った。

「私はクマから影響を受けてるんだよー。

団体ツア一じゃなくてひとりでバンバン旅に出るようになったのは、クマがやってるのを見てからだよ。

そのおかげで、彼とも出会えたんだから。」

だって。

尊敬する彼女からそんなことを言われるなんて、うれしいなぁ。

たまには人のお役に立ってることもあるんだな。



彼女と彼の気持ちのたっぷりこもった温かいおもてなしを受け、また、旅の元気が沸いてきた。

さて、これからイタリアへ向けて、出発!
[PR]

by kumaf3 | 2007-07-21 19:08 | 世界2周目ヨーロッパ編  

モンサンミシェル

いやー、フランスの列車も高いねー!

1泊2日で行って来ました、モンサンミシェル。

いま、テレビのコマーシャルで秋川雅史さんのオペラとともに画像が出てるらしいね。


パリから列車とバスで3時間。

バスはいきなりモンサンミシェルに横付けです!

f0050468_058254.jpg




ドーン!
f0050468_0582570.jpg



元修道院だったとか、牢獄だったとかいろいろな歴史の証人であるモンサン。
f0050468_0585248.jpg

いろいろなところでビジュアルが紹介され、本物を見たときは10秒ほど、へーと思いましたが、それでもう満足・・・。
f0050468_124182.jpg

まぁ、せっかくきたんだから、と、8ユーロ払って中に入ると、かび臭いしアンモニア臭い・・・。
f0050468_0592732.jpg

私の旅語録にあるのですが、
城は外から見るほうがいい。
f0050468_0595728.jpg


中では、客を飽きさせないように、チェンバロや、チェロの生演奏が聞けるようになっている。
f0050468_101539.jpg


f0050468_103163.jpg


ハムスターのように、ひとがなかにはいって、ロープで荷物を城に運ぶシステム。
f0050468_105756.jpg





f0050468_111681.jpg

明日から、イタリア入りです。
[PR]

by kumaf3 | 2007-07-20 21:45 | 世界2周目ヨーロッパ編  

パリはたのし-!!

1うん年ほど前にヨーロッパを放浪してからかなり久しぶりのパリ!

フランス人の旅人に聞いてはいたが、ここ数年で黒人が多くなったそうだ。
また、かなり犯罪も増えているという。

これはクマ警部補(昇格?)の出番か!
f0050468_0363934.jpg


以前は冬だったけど、いまは夏の観光シーズンなのだ!
f0050468_0365564.jpg

朝からチケット取りやこの後の宿の予約などイソイソと済ませ、モンマルトルにあるサクレクール寺院へ!

f0050468_0371094.jpg


f0050468_0373258.jpg



塔に上ると、絶景が広がった!
f0050468_0375328.jpg


f0050468_03894.jpg


むこうにちーちゃくみえるのがエッフェル塔!
f0050468_0382846.jpg




そのあとも、街はきれいで、ついついどんどん歩いてしまった。一日中・・・。

人は親切に道を教えてくれるのでありがたい!
しかし、たくさんの人が歩きタバコをしていて、怖い・・・。

f0050468_0384714.jpg


f0050468_039611.jpg


ローラースケートで警らにあたる部下たち。
f0050468_0393095.jpg



f0050468_0394758.jpg

スーパーも乳製品のコーナーがかなり充実!

今日一日でたくさんの黒人を見た。

話してみると、マリ、コンゴ、アルジェリア、チュニジアなどから来ていた。
彼らはとてもよく働いている。
「日本で大きな地震があったようだな。テレビで見たよ。」
と心配してくれた。

パリも日差しは強いが、空気がさわやかなので許せる暑さだ。

パリ、いいなぁ。。。歩いていて楽しいよ!

私にぴったり(笑)。


さて、明日はモンサンミシェルまで遠征です。

オーストラリアのパースでであった日本人旅人さんと、国際的待ち合わせでパリで会い、モンサンでも一緒になる予定。


f0050468_04076.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2007-07-19 04:23 | 世界2周目ヨーロッパ編  

脱アイルランド

これからアイルランドを脱出!

Parisに向かいます。数日居てイタリアに飛ぶ!

その後ロスアンゼルスです。

ロスでは久しぶりにこの旅で居候させてもらった友人に会えたらなぁ、と思っています。

そして、いよいよ帰国。。

悪あがきでやっちゃった世界2周目ですが、帰るまえの心の準備ができて、いい時間になった。
[PR]

by kumaf3 | 2007-07-17 20:47 | 世界2周目ヨーロッパ編  

北アイルランド(イギリス領)のデリー~ジャイアンツコーズウェイ

アラン諸島のイニシュモア島を8時に出航。

日本人ツアーと同じフェリーだった。

島への拠点となる街ゴールウェイから北へ向かうバスに乗る。
時間が少しあったので、街をぶらぶら。
f0050468_23564015.jpg


f0050468_23565787.jpg

この街から5時間で、北アイルランド(イギリス領)にはいる。

途中、ENYAの出身地であるドネゴールを通過。
f0050468_23573519.jpg


泊まる予定だったが、宿がないので、あきらめた。
f0050468_23575317.jpg


そして渋滞に巻き込まれ30分遅れの午後6時、デリーの町に到着。

ここは、宗教的に紛争が耐えなかった土地で、ロンドンデリーとも呼ばれる。
f0050468_2358942.jpg

期待してなかったのに、とてもきれいな町だ!

f0050468_23582237.jpg


f0050468_23585786.jpg

予約しておいたホステルにはオーストラリア人がいっぱいいる。
「宿代は3日分で、32ポンドです。」

ここは、イギリス領なので、通貨もポンドだ。

宿の近くにはスーパーもあり、物価がこれまでのヨーロッパで一番安いのでびっくり。
助かります・・・。

アラン諸島の宿の兄ちゃんがお勧めの、町のツアーに明日は参加することにする。
そんなこんなで、翌日。

4ポンド払って、ツアーに参加。
この街は城壁に囲まれている。
f0050468_23591455.jpg



城壁の上を歩きながら、北アイルランドなまりの激しい、おっちゃんのガイドを聞く。
f0050468_23593493.jpg


f0050468_23595535.jpg


血なまぐさい歴史の話は非常に興味深かったが、大人の事情につき、詳しい内容はまた次の機会に。
f0050468_001176.jpg


f0050468_002730.jpg



きょうはあまりにも天気に恵まれているので、午後からは北アイルランドの名所「ジャイアンツコーズウェイ」に行ってきます!

ジャイアンツファンの皆さん、乞う期待!



~8時間後~



というわけで、行ってきました「ジャイアンツ コーズウェイ」。

訳すと「巨人のあぜ道」?

何なんでしょう。


そもそも、北アイルランドにこようかと思ったのは、パースでのそうじ仲間のMRちゃんが、掃除が終わったある夜、ユースのパンフレットコーナーでみつけた北アイルランドのパンフ。

これ↓
f0050468_004741.jpg



MRちゃん「これ、北アイルランドにあるんだってさー」

くま「フーン。ん?なんじゃこれ@@!」

MRちゃん「そういえば北アイルランドって、キッチンのスポンジで靴を磨いてたおじさんの出身地なんだよね。」

くま「むむむ。。。北アイルランド・・・どんなところなんじゃー!!」


そんないきさつがあったのだ。

まぁ、ただの海岸だろうから、20分も居れば十分だろう。
ただのコンクリートで作ったテトラポットかもしれないし。
(ちなみにテトラポットとは、商品名、だったよね。)


そんなこんなで、今日の午後からのバスに揺られること1時間半。
f0050468_011215.jpg



見えてきましたよ、海岸線が!

およいでるおよいでる!寒いのになぁ。

「ここがジャイアンツコーズウェイです。帰りのバスは、7時半です。」

という運転手さん。あと3時間半もある。。。

しょうがない。バスは一日1本か2本しかないんだから。

さっそくバスに乗って海岸線に下りる(歩けよ!)。
f0050468_012656.jpg



キターッ!





ジャイアンツコーズウェイ!


f0050468_014591.jpg


すげー!!

f0050468_02249.jpg


巨人がぁ~!
f0050468_02217.jpg



頂上のクマ隊長。
f0050468_024215.jpg



しかし、ここでもイタリア人(推定)はポーズをキメる。
f0050468_025712.jpg

・・・負けた。


f0050468_031630.jpg



f0050468_033153.jpg



f0050468_035289.jpg

家族連れもいっぱいだー。
f0050468_041398.jpg



f0050468_043875.jpg


丘の上から見てみよう。
f0050468_05092.jpg

反対側は・・・こんなん↓
f0050468_051687.jpg



崖の緑の上には、羊がいるんだよお!
f0050468_053357.jpg


行ってみよう!
f0050468_055155.jpg


なによー。
f0050468_06521.jpg



人数だったら負けないわよー!!
f0050468_062177.jpg


いい天気だ、草がうまい。。
f0050468_063633.jpg


いやー、見渡す限り、青空と緑・・・!
f0050468_0787.jpg


そんなこんなで、自然の驚異と、羊と、紫外線を浴びまくって、帰りのバスに乗ったクマ隊長であった。

f0050468_07268.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2007-07-15 21:38 | 世界2周目ヨーロッパ編  

ireland aran islands

パンが山積みの豪快な朝食を取り、アイルランドの首都ダブリンからバスで西へ3時間。
f0050468_11311974.jpg

さらに港まで1時間のバスにのり、アラン諸島へ。
3つの島からなるアラン諸島はアランセーターのふるさと。
f0050468_11313896.jpg


f0050468_11315212.jpg

私は一番大きな島イニシュモア島へ上陸。

いい天気だけど、日焼けしそうだなあ、明日もあるから、今日は休もう、と宿ですやすや。
あっという間に6時になってしまった。

アイルランドに来てから、夜暗くなるのが10時頃なので、ついつい油断してしまう。
日の入りが7時か8時ころ。

それまで、歩くかな。
f0050468_1132717.jpg


f0050468_1132295.jpg

おい、行くなよ!
いやよ! 放して!


f0050468_11325517.jpg

f0050468_11331971.jpg

牛さんと目が会う。
f0050468_11333197.jpg



猫も発見!
f0050468_11335461.jpg

あ、猫好きが来た。しょうがねえなぁ。相手してやるか。ノビ~。

f0050468_11341118.jpg



f0050468_11343142.jpg



f0050468_11344274.jpg



f0050468_1135342.jpg



f0050468_1135228.jpg



f0050468_11354669.jpg



f0050468_11361022.jpg



f0050468_11363532.jpg



f0050468_11365341.jpg

夜はこれからのアイルランドの旅のおすすめ地について、宿の兄ちゃんにアドバイスをもらう。
あと5日しかないので、どうしても日が足りないなぁ。

行けないところがあるときには、これでまた次に来る理由ができた、と思うことにしている。

兄ちゃんに是非、と勧められた街も、宿が満杯で、あきらめてしまった。
夏のヨーロッパは宿に苦労する。

f0050468_11371693.jpg

翌日。
雨がふりそう。。。

宿の兄ちゃんは[今日はラジオで雨だといってたよ。]このあと降り出すだろうなぁ。
いったん降り始めると、止まないよ。

ひえー。早く出かけないと。。。

きのうは晴れていたのに、ゴロゴロしてしまった、もったいない。

貸自転車は10時からだから、今から近所の崖まで歩いてきたら?

と勧められたので、ダブリンで5ユーロで買ったカッパを着て出発!

いちおう地図は持っているが、標識も何もないので、地元の人に尋ねながら歩く。

あ、雨が降り出した!

うう、ついてないなぁ。
f0050468_11374868.jpg

いかんいかん、マイナス思考になっては!

ついてるついてる!わたしはついてる!

はれるはれる!

雨が降ってるけど、これは晴れだ!


そう唱えつつ歩く。

着いた!見事な崖だ!
f0050468_11381734.jpg


f0050468_1138393.jpg



しばらくすると、仮面ライダーが!

f0050468_11391077.jpg


イタリアから来たそうだ。

日本語でチャオは、なんというのだ?と聞いてくるので、サヨナラだよ!
とうと、

そうだったそうだった、サーヨナラ!

と、陽気に別れた。

あれ?雨が止んだ!やっほー!

やっぱり前向きな言葉を発すると、それは本当になるんだ。

貸自転車屋が開いたので、10ユーロ(1600円)で借りて、出発!
f0050468_11393682.jpg

目指すは紀元前の遺跡、ドン エンガスだ。

ドン エンガスが何なのかはよく知らないが
、とにかくいってみよう。

アイルランドの平和を守るため、クマ巡査は自転車で島をパトロールするぜ!

ガイドブックには、ドンエンガスは圧巻!とかいておる!ふむふむ。。。

でも、世界を1年以上も回っていると、あまり期待しなくなるんだよな。
どうせ大したことないんだろうなぁ、と分かっているところがある。

ま、万が一、圧巻だったら儲けものだ。

昨日1時間かけて散歩した道を、クマ巡査は快調に飛ばし、10分で行く。

自転車は気持ちいいなぁ。乗ってるだけで浮き浮きするところはバイクとおんなじだ!

ついつい、すれ違う旅人にも元気にあいさつしてしまう。


f0050468_1140745.jpg

お墓もアラン模様。

30分ほど走って。。。

この辺がドンエンガスなんだけど。。。キョロキョロ。

上り坂も厳しく、傾斜が30度くらいの山道なので、自転車を押すのも無理だ。
置いていこう。

f0050468_11403381.jpg

盗まれませんように。

どんどん登る。
f0050468_1140596.jpg

雨がまた降ってきた。
いかんいかん。

晴れる晴れる!ついてるう!

いばらの道を上るが、それらしきものは見えてこない。



あの石垣をこえたら、何かあるはず!



なーんにもない。




つぎの石垣を超えたら、何かあるはず!



なーんにもない。






あるのは草原と石垣のみ。



たしかに、丘のてっぺんにはついたけど、つわ者どもが夢の跡、てなかんじで。。。




圧巻って、何もなさが圧巻なのかしら???

これ程ガッカリ観光地はないぞ。。

石があったので、とりあえずこれがドンエンガスかも、と撮影。
f0050468_11414427.jpg

たぶん 右がドン、左がエンガス。

はぁー。もう足も濡れてさむいし、パトロールは切り上げだ!


帰り道、地元のおじいちゃんがいたので、いちおう聞いてみた。

ドンエンガスはあっちじゃ。あっち行って、右に曲がるんじゃ。


ぜんぜんちがうじゃない。。。


やっと正しいドンエンガスを発見。

入場料を払うちゃんとした観光地になっている。

たくさんの外国人が訪れている。
日本人の団体さんも!


アイルランドの西海岸がみわたせる崖に立つ、石造りの砦で、紀元前1500年からの2500年間、この崖には人間の活動があったそうだ。
f0050468_11422133.jpg

ここは、政治、宗教、経済の中心地だった。

f0050468_11425656.jpg

こんな島の、こんな崖っぷちに。。。
f0050468_11431338.jpg

ホンマかいな。。。

f0050468_11433899.jpg


そんなわけで、やっとほんもののドンエンガスを拝めたので、チャリの向きを変え、街に帰る。

f0050468_11435911.jpg


f0050468_11441512.jpg


途中、ギアの切り替えを楽しみ過ぎて、壊してしまう。
が、さすがクマ巡査!
手を汚しながらも外れたチェーンをテキトーにはめて直す!

帰りには、島で一軒のスーパーに寄って、フルーツを購入。
f0050468_11444712.jpg

立派なスーパーがあるのだー。

いやー、雨にも見舞われたけど、途中は太陽も出てきて、日本を離れて若干弱くなっている晴れ女パワーの威力を見せつけたパトロールであった。

あすは島を出て、北アイルランド(英領)のデリーという街にはいります。

朝出て、着くのは夕方だ。ま、10時まで明るいから、大丈夫だ!
f0050468_11451431.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2007-07-13 07:22 | 世界2周目ヨーロッパ編  

"空港"行脚

australia pirth airport - singapole changi airport
(オーストラリア パース空港 から シンガポールのチャンギ空港へ。)
f0050468_123368.jpg



I stayed frankfurt main airport for7hours
(フランクフルト空港では7時間も待った。)

I found a Suwari-yomi people in the airport!
(空港でも「すわり読む人」を発見!)
f0050468_1232825.jpg
Suwari-yomi
(ザ・すわり読み)

I have a mount of time,I moved to train main station.
(山ほど時間があったので、フランクフルト中央駅へ移動。)
f0050468_1235992.jpg



f0050468_1241971.jpg



And walked arround Frankfurt...
(ついでに、街中をウロウロ・・・・・・)
f0050468_1243945.jpg



This is second time to visit this city..
(ここへくるのは2回目だ。)

And then I went to frankfurt harn airport.
We can take a bus every 1hour from city(or main airport).
It takes for 1hour and 45minutes.
(フランクフルト・ハーン空港へいく。 空港へは1時間おきにバスがでていて、2時間弱でいける。)

About 13hours after, I arrived at Ireland Dublin airport.
(13時間後、、、アイルランドのダブリン空港へ到着。)
f0050468_1253495.jpg


I spent a night at the airport.
It is difficult to find good place to sleep...
(今宵は空港で夜を明かす。 なかなかいい寝床がないのよねぇ。)
f0050468_126453.jpg


f0050468_127596.jpg



After the sunrise, I went to Dublin city by public bus.
(明るくなったので、ダブリンの街へバスで移動。)

f0050468_1282829.jpg


f0050468_1284896.jpg


f0050468_1291016.jpg

This summer is very cold !(it is 13 c today!)
(今年の夏はすこぶる寒い。気温13度よ!)

f0050468_1294552.jpg



f0050468_1210165.jpg


I m going to go west side of Ireland tomorrow....
(明日は、アイルランドの西部へ行く予定です・・・・)
[PR]

by kumaf3 | 2007-07-11 19:53 | 世界2周目ヨーロッパ編