カテゴリ:旅に思う( 19 )

 

ブラジルから松山へ@@


ブラジルはサンパウロでお世話になったテレサさんが、なんと明日から3日間の予定で松山に来る。

そして、狭い(暑苦しい)我が家へお泊りになるのだ・・・。


どうしよう。


どこに連れて行ったら喜んでもらえるのでしょうか!??

(フットワーク軽い熟年女性、英語、日本語、ポルトガル語堪能)

サンパウロ・テレサさんちでの様子↓
http://kumaf3.exblog.jp/4505738/



道後温泉と、松山城、あとは、ドコ(笑)?


ここへ行ったらいいんじゃない?というアイデアがありましたら(なくても考えてくで~!)、カキコミよろしくお願いします。

ほんとにほんとに。


週末はテレサさんを置いて仕事に出なくちゃいけないのがツライ・・・(泣)。


あ、ミニトマトがこんなんなりました↓

f0050468_1395250.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2008-07-30 13:10 | 旅に思う  

管理人求む!

南米最南端、アルゼンチンの「ウシュアイア」の日本人宿「上野山荘」の管理人のおばあちゃんが体調を壊されて、いま管理人 兼 お留守番をしてくれる人をさがしています。

いまその辺を旅してるお知り合いで、いい方がいれば、訊いてみてくださいませ。

最低、二ヶ月くらい居てくれる人を。
お礼 一ヶ月で、 600ペソ。
宿代 ただ

の条件です。

よろしくお願いします!



f0050468_113625.jpg


              ウシュアイアの自然と、おばあちゃんの犬「トルーチャ」
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-27 11:04 | 旅に思う  

臭くて臭くて倒れそうです



夏はTシャツの季節。



おしいれを探すと、いろいろなTシャツが出てきます。

あ、この青いの、なんだ?

あ~これは!!


イスラエルのエルサレムで買ったハードロックカフェのTシャツ。

もちろんエルサレムにはハードロックカフェはない。

Tシャツ屋が その場でアイロンプリントしてくれて、5ドルだった。


このTシャツ、旅先で会った方は覚えているかも・・・。

f0050468_2102246.jpg


このTシャツに、超ショートカットでした。(まったく色気ナシ)


自分へのお土産用だったのだが、荷物が大きくなるのでとっとと着てしまえ、と旅中ずっと着ていた。


世界一周の長旅になると、ホント荷物削減のため、毎日おんなじ服着てる。

そして毎晩手洗いする。雨の日以外は、翌朝、乾いてるのだ。


このTシャツ。
よく手洗いしてヨレヨレにほぐれた風合いがよろしい。部屋着にはぴったし。


あんまり日本では見かけないよ!

カッチョよく街で羨望の眼差しを受けつつ、着こなすつもりだったんだけど、まぁしょうがない。



そんなTシャツ。さっそく風呂上りに着てみた。





ん?








なんだか自分、臭くね?








かび臭いような、汗臭いような。








でも、風呂上りだぞ?










さては、このTシャツか!?










クンクン。














くっさ~~~!!!












@@めまいが・・・。











梅雨のときに部屋干ししたときのような臭い がする。



さては生乾きだったな、と、また洗濯する。




今度は青空の下、さわやかな風に当たって乾いたはずだ。




数日後、さてと、着てみるか。





・・・・モゾモゾモゾ。














う。



















おえ~~~~~~~!!!!















昇天。
















インターネットでこのかぐわしさを届けられずに残念です。
















洗濯しなおしても、こびりついてるこのニオイ。








まてよ。







ふと、疑問が・・・。










このTシャツのニオイは。






帰国して一年弱、この年月が醸し出した「熟成もの」なのか。








または、旅中、私は臭かったのか・・・・?








そういえば、私はシャワーは浴びるけど、そんなに体をゴシゴシするほうではありません。







湯船に浸かったのなんて、アメリカ合衆国とニュージーランド、南米最南端ウシュアイアの五右衛門風呂、くらい・・・。








たまりにたまった垢が、体臭となっていたかも。。。。








ああ、すみません!!!!








旅中、私に出会ったあなた、臭かったでしょう????(か?・・・おそるおそる。)








はぁ~。







(旅中、1年4ヶ月間、我ながら不思議なほどまったくモテなかったのは、このせいだったのか?違うか・・・笑)
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-02 21:17 | 旅に思う  

ガツンときました。


旅人に教えてもらった、旅人のブログ。

こないだの日曜日に読んで、あまりの衝撃に、あんまり眠れなくて、また朝、続きを読んで・・・。


今週一週間は、頭から離れません。

知っているつもりだったけど、これほどひどいものだったとは・・・・。




なんだか、自分の旅が、おろかなものだったと思えてきた。

いろんな場所を旅したはずなのに、その国のことを深く理解しようとしてきたか?




今ここにいることが、とても空虚なものに思えてくる。

決して贅沢はしてないつもり(というかできません)だったけど、この生活がいかに恵まれたものか。


ブログの彼らに比べると、夢のような生活だ。

水道から水が出て、清潔な暮らしができて、身の安全が保障されて、毎日、食事ができて。

働こうと思えば、何だってできる。

これがどれほど恵まれたことか。



テレビや雑誌は、不必要なまでに消費をあおる。

デパートには、ぜいたく品が並ぶ。


そのお金があれば、何人の人たちが救われるだろう。



自分で稼いだものだ、と言われればそのとおりかもしれないが、

それはたまたま幸運にも先進国に生まれたことにはじまり、運に恵まれたからこそ。



日本の消費社会、私のまわりのものが、すべて空虚に思えてきた

なんだか、いてもたってもいられない気持ちに駆られる。




私に、何ができるだろうか。




とりあえず、図書館で本をたくさん借りてきた。



渋谷109ショップで仕事をしていた若い女性「プラ子さん」が、
アフリカの深部で得たいろんな経験をつづるブログ

       ↓ 

  
http://purako.jugem.jp/


世界を旅していたプラ子さん、アフリカ旅は2ヶ月の予定だったのが、ずっとアフリカにいて、貴重な体験をしています。


彼女が見た、経験したアフリカのいま。

テレビや雑誌では決して見ることのできない、知ることのなかった世界が、生の言葉でつづられています。


2007年3月からのアフリカでの体験をつづった40話ほどのブログ(現在進行中)、全部読んだ。


あなたも、ぜひ。
[PR]

by kumaf3 | 2008-06-14 20:58 | 旅に思う  

それでは行ってきます


          
~~お知らせ~~






世界2周目、帰国から数ヶ月、日本滞在中はお世話になりました。



いろいろ考えたのですが、次の夢である「宇宙旅行」に向けて訓練しに行きます。

(お金は数千万円かかるのでローンです)

とりあえず、あす名古屋発でデトロイトへ飛び、2ヶ月訓練です。



訓練中はブログの更新が出来なくなります。

でも、心の中心には、このブログがあります。


次の更新まで、どうか、お元気で!!




では、行ってきます!!



emoticon-0170-ninja.gif
[PR]

by kumaf3 | 2008-04-01 00:55 | 旅に思う  

旅心くすぐる

日本全国、JRの高速バスが6日間、20000円で乗り放題!


6日間だと、とんぼ返りだけど、北海道までいけるなぁ~。

旅心むずむずむずむず・・・・。







  
                    もうすっかり旅気分。


f0050468_21121757.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2008-03-29 21:12 | 旅に思う  

バンクーバーオリンピック

一生に一度は行きたいな、と思っている冬季オリンピック。(夏季はテレビでいい)

一番近いところでは「バンクーバー2010」。


じぇったい行きたい!! そのためにフリーになったんだし(おいおい)!

で、チケットとかどうやって買えばいいんだろう・・・。

と、調べてみた。

抽選が大変みたい!!よほどラッキーじゃないと当選しない。

しかも、高いねぇ~!!

これは、どっかのサイトに載ってた、フィギュアスケートのチケット料金。



     席の種類   金額     
エキシビション
        A      $525      
        B      $325      
        C      $175      

アイスダンス(コンパルソリ)
        A      $420   
        B      $250      
        C      $150      
        D       $50      
アイスダンス(フリーダンス)
        A      $450      
        B      $275      
        C      $150      

アイスダンス(オリジナルダンス)
        A      $420      
        C      $150      
        D       $50       
男子、女子シングル(フリー)
        A      $450      
        B      $275      
        C      $150      
男子、女子シングル(ショート)
        A      $420      
        B      $250      
        C      $150      
        D       $50      
ペア(フリー)
        A      $450      
        B      $275     
        C      $150      
ペア(ショート)
        A      $420      
        B      $250      
        C      $150      
        D       $50       

カナダドルなのか、アメリカドルなのかよくわかりませんが、高い~~~@@!

(ちなみにブラジルのリオのカーニバルで値切ってダフ屋さんから買ったまあまあの観覧席は、値切って25000円でした。)


宿も当然値上がりするだろうし、これはお金ためて、運もためないと。。。。



私の見てみたい種目は、女子フィギュア、開会式、閉会式、フリースタイルスキー、スノボのクルクル宙返り、です。



あなたは何を見たい!?
[PR]

by kumaf3 | 2008-03-23 11:22 | 旅に思う  

旅に出たいなぁ!

「所さんの笑ってコラえて」見てます。

ダーツの旅、サイコー!!!


あ~、旅に出たいなぁ。。


はぁ~。


東北、北海道、沖縄、九州・・・。



むずむずむずむず・・・・。








旅に出る仕事、ないですかねぇ!?







2007お正月に滞在した南米最南端ウシュアイアの上野山荘のお母さんの、
娘さんが経営するブエノスアイレス「上野旅館」のページ。

(リンクしてくださってありがとうございます!最下段にまたおもしろい世界一周のページを見つけてしまった・・・これはハマりそう。。ヤバイ!)
[PR]

by kumaf3 | 2008-03-19 20:50 | 旅に思う  

世界2周目、ゴール5日前


1年3か月あまりを過ごした旅。

飛行機の隣の席のおっちゃんは、甘党の私でも躊躇するゲキ甘の機内食デザートをペロリたいらげた。
(ちなみに、ヨーロッパからアメリカに向かう飛行機の中)



目を瞑ると、旅のいろんな場面が浮かんでは消える。

1年3カ月前、トイレに貼った2006年一覧のカレンダーを俯瞰しながら、

どーんなことが起こるんだろう。。。
これから出会うはずの人は、今どこで何をしてるんだろう。。。
旅から帰ってきたら、どんなわたしになってるんだろう 。。。

などと想像していた。



旅をほぼ終えた今、

これが望んでいた旅だったんだろうか?

と疑問にも思う。



でも、これが、最初で最後の、今回の旅だった。



北はグリーンランドから南は南極まで、行こうと思えば行けるんだってわかった。
この世のものとは思えない、見たことがないすばらしい景色に圧倒された。


景色もそうだが、人との出会いはなにより世界を広げてくれた。


道を尋ねてもお金をせびる人、
親切に家まで招いてくれた人、
殺那な会話を楽しんで別れてしまった人。


朝作ったご飯を鍋ごとふろしきに包んで来て道端で30円の定食屋をしている人,
月収20ドル(2400円)で1日24時間働くバリ島の青年,
その一方で
まるで公園のような庭のある邸宅を何軒も所有する人もいる。

"夢は、貧乏な自分の国から出ること"という貧しい国の若者にたくさん会った。

世界史を知らなかったから、これまでの侵略の歴史をこの目で耳で感じ、驚いた。

世の中は不平等だし、いつでも弱肉強食だ。


世界を歩いてみると、人々の生活から、文化や歴史が伝わってくる。
日本人との習慣や考え方の違い、社会のあり方。

政治のことなんて遠い場所の出来事のように思っていた私が、日本の未来について、今どうあるべきか安宿の仲間と語り合った日もあった。

日本から遠く離れた街で、日本では政党が有名タレントに立候補を要請している、というニュースを見て、がっかりした。
我田引水でなく日本の社会や世界の未来を真剣に考えている政治家を選ぶことができる日本人でありたい。



ずいぶん日本人の旅人にもお世話になった。
なにせ,ろくな地図もコンパスも持ってない旅だったから、彼らの情報なしでは、ゴールにたどり着けなかった。


旅に出るまでの私は、自分がすべてだった。
自分はもういろんな経験をしたし、もう世の中に興味もない。
そりゃあ夢やあこがれはあるけど、無理めのものはあきらめれば楽だし、死ぬまで無難にやってくんだなぁ、と思っていた。


でも、世の中には、無理に見えることを実現するために、一歩一歩、壁をクリアして、叶えている人がいる。

自分の中途半端さを思い知った。

私ってなんにも知らない、しょうもない人間だ。
ちいさい世間で生きて、何でも知ってるような気になっていた。


行ったことない、知り合いはひとりもいない旅先。
前に進もうとすると、なんども壁にぶち当たった。

選ぶに選べない選択肢、欲張りだから絶対にいい方に進みたい。
自分で選んだことのすべては自分で結果を受け止めるしかない。

頼れるものは自分だけ。
だれも私の旅を作ってはくれないし、荷物を背負うのは自分だ。

どうしよう!?
切羽詰まって胸が苦しいときが何度もあった。


夜行バスの中で泣いたことも数え切れない。



そんな時、いつも遠くから背中を押してくれる友人がいた。
ひとづきあいが苦手な私にも,こんなすばらしい友人がいたんだ、と改めて気付くことができた。

ブログでメッセージを書き込んでくれる人、黙って見守ってくれる人。
ひとりひとりの人に、力をもらってきた。


もう、いいかげんに落ち着かなければならない年齢でもある。
でも、いくつだって、しがらみがあったって、反対があったって、
やろう!と思うパワーの前ではなんら問題にならない。

やらないのを何かのせいにしてないか?

体力と好奇心と時間とお金さえあれば、誰にだって世界一周はできる。

選択した数だけ、先に進むことができる。


やっぱりここに来てよかった!
ということばかりではない。

あー、ここ、来なくてもよかったなぁ、旅費高かったのに。。。
というガッカリもある。

でも、行ってみないと、そんなこともわからないし、かならずいろんな人に出会えるからね。

ブログには書いていない(書けない? 笑)ことも、思いも,山ほどある。



これまでの人生、物心ついてからずっと、団体に属していた。
選択のすべては、エラい人がやってくれていた。

一生に一度、やってみたかった世界一周を、2回もやってしまった自分の選択が大好きだし、本当にやってよかった。


これからは、すべて自分で選ぶ道を歩いていく。
苦しいけど、満足感も違うだろう。

今回の旅はその訓練になった。



オーストラリアでお世話になった代理店の社長が言っていた。

やりたいことはやっとかないとな。棺桶に入ってからじゃあ、せますぎるだろう?
目を開けると、すぐ天井なんだから。




1年前イランで出会った動物好きの青年は,いつか動物学をドイツで学びたい、と遠い目で夢を語っていた。

そんな夢があるなら、叶えなきゃもったいないじゃない?毎日その夢を思って、少しずつ始めてみなよ。
夢はかなうよ!

と言って別れた。


その青年から,がんばっていると何度かメールが来ていた。
つい先日、こんなメールが届いた。

試験がとてもいい成績だった、夢はかなうもんだね!ありがとう!

夢をあきらめるのが得意だった私が、この旅ではなぜか幾度となく人を励ましていた。



雪の舞うカナダのユースホステルで出会った老婦人は英語を学ぶために西カナダに行った帰りだった。

あなたの 旅に反対する人もいるかもしれないけど、彼らは彼らの人生、あなたはあなたの人生を作っていかないといけないのよ。


You have to make your life !




これから広がる人生の大平原。

自分の心の矢印を信じて、また歩いていこう。
なるべく軽い荷物で。




さぁ、楽しい旅が、また始まる!












しかし...






方向オンチなんよね。。。











機内食をドイツ製のビールで締めた隣の席のおっちゃんから、
スースー、寝息が聞こえてきた。
[PR]

by kumaf3 | 2007-08-03 04:27 | 旅に思う  

旅の終わりは。。。

長旅は、まるで敗戦の色が濃厚な、恋のようだ。



いつか終わりが来る、と頭ではわかっていながら

心はそれを遠ざけている。



この恋が終わったら、私はどうなるの? 

・・・想像できない。



この旅が終わったら、どうするの?

・・・考えたくない。




しかし、最後通牒は突然、目の前に突きつけられた。




え?これで終わり?


ウソでしょ?






この旅で何を得た?





変わったことは何?





思い残しはない?

   



訊かれて、はっきりとは答えられないまま、寒い街でひとり。




日本へのチケットを手に、立ちすくんでいる。
[PR]

by kumaf3 | 2007-05-25 06:48 | 旅に思う