カテゴリ:ガラパゴス諸島編( 5 )

 

ガラパゴス秘島探検2日目 プラサ島!

今日こそは謎の生物を発見し、
ダーウィンの進化論に一石を投じる重要な一日になる予定である。

水着をひそかに着込み、水中探索への備えもバッチリ。

まずはボートで1時間半のプラサ島へ。
島に近づくにつれ、怪しい黒い鳥がクマ船長以下20名の外国人観光客、いや、探検隊の船を襲う。
f0050468_172248.jpg

われわれの接近を阻んでいるのだ。
f0050468_174081.jpg



やはり、隠された無人島。容易には近づけない。

次々に襲ってくる鳥たちをかわし、プラサ島へ近づいた。

沿岸では、母親の漁を待つ子アザラシがうじゃうじゃ。。。
f0050468_18065.jpg


f0050468_181620.jpg

赤ちゃんアザラシは人間をぜんぜん恐れない。

f0050468_183889.jpg

中には鳥に襲われる子アザラシもいる。

エメラルドグリーンの穏やかな海に囲まれたプラサ島の向こうには、ハンマーヘッドシャークが群棲するという「ゴードンロック」というダイビングの名所もある。

プラサ島は、2つの小島からなり、おおきな森などはない。
植物は、10mおきくらいに生えている、人間の背の高さほどのサボテンの木と、
多肉植物の草くらい。
f0050468_191177.jpg


そして、サボテンの木の根元には、ほぼ100%、リクイグアナがいるのだ。
f0050468_193069.jpg

。。サボテンの葉っぱや実は、イグアナの大好物。

サボテンの実を食べているめずらしい光景!(みえるかな)
f0050468_195883.jpg


一本のサボテンの木が、一匹、またはつがいのイグアナのテリトリーだ。

近づくと、「なんだ?」というふうに、コミュニケーションをとろうと、首をかしげる。
f0050468_1102314.jpg


海を見つめるイグアナ。
f0050468_1105022.jpg


f0050468_1111328.jpg

死んで干からびてしまった・・・。

しかし慣れ、というのは恐ろしいもので、ガラパゴスも5日目になるとイグアナがいても珍しくなくなってしまいました。。。
f0050468_111368.jpg


このプラサ島には、アカアシカツオドリもいて、繁殖の時期。
岩場にいました。
f0050468_1115672.jpg

夫婦と、手前にいる白い鳥がヒナ(デカい・・・)です。

崖近くで死んでいる2歳くらいのアザラシを発見。
f0050468_1121892.jpg

死体は、鳥たちのえさになる。


f0050468_112457.jpg

崖の岩の先に、ペリカンがいるの、見えます?

暑中見舞いに使えそう↓
f0050468_1125611.jpg


さて、午後からは海中探索。
きょうはビーチではなく、岩場なので透明度も昨日よりは期待できそう!

シュノーケルと足ヒレを装着し、海へドボン!

(ここからは「水中写○んです」で激写したため、まだ写真は載せられません。)

透明度は10mくらい。やっぱりよくないなぁ。

黒いしましまを持つSALEMAという魚の大群。
でっかいシイラ(うまそう)。
肉付きのいいブダイ(うまそう)。
鮮やかなオレンジ色の縞を持つ、紺色のキングエンゼルフィッシュ。
ガラパゴスにたくさん見られる、黄色い尾をもつ黒い魚RAZOR SURGEON FISH。

陸に反して、海の中ではそんなに珍しい魚は見られなかった。

クマ捜索隊が潜る、という情報が流れており、謎の深海魚やシーラカンスたちは、岩陰に隠れていたという情報が後日報告された。

まぁ、そのまえに、クマ潜水隊長は「シュノーケル」といっても、水面でプカプカしているだけで、その脂肪層の厚さから潜水はできず、当然ながら深海魚などは見えるはずもない、というのは言うまでもない。

そして今日も、たくさん時間があるにもかかわらず、ほかの欧米人観光客、いや、潜水隊員たちは早々にボートに上がる始末。

まったく根性がない。

いつまでもガラパゴスの海を満喫したい、いや、謎の深海生物を探索しなければ!と水面でプカプカするクマ隊長は、最後の一人になって、置いていかれそうになった。

まってぇーー!


f0050468_1132293.jpg

探索を終え、晩御飯代わりの焼きバナナ。チーズをはさんで食べる。
そして、ダーウィン研究所へ、探索の報告に向かうのであった。

ダーウィンとの会談は1時間もつづき、今後の探索を彼に任せることで合意。
そして、園内のガラパゴスゾウガメとたわむれる。
f0050468_1134091.jpg


なによぉ。
f0050468_1135785.jpg


園内のビーチでは、夕涼みをする海辺のイグアナを発見。
f0050468_1141355.jpg


夕飯は2キロほどある大きなパパイヤを一人で完食。
f0050468_1142638.jpg

安いんです。。120円。
もちろん翌日はお腹をこわしました。

明日はお昼の便でキトへ向かいます!
さよならガラパゴス!
[PR]

by kumaf3 | 2007-03-23 23:11 | ガラパゴス諸島編  

ガラパゴス  ノースセイモア島

島巡りクルーズ第2回目は、71ドル払ってデイクルーズ、ノースセイモア島!
ずーっとボートに乗ると思って覚悟していたものの、宿のある島の北に位置するため、途中までバスで。

降り立ったノースセイモア島は、果たして、動物の楽園だった・・・。

小さな島、あちこちに、まるで動物園のために集められたかのように、珍しい動物がうようよ。
f0050468_11335515.jpg


子供のアシカが迎えてくれた。海の漁に出ている親を待っているのだ。
f0050468_11341634.jpg


f0050468_1134383.jpg

ノースセイモア島のかに。

あちこちにいる、トカゲ。
f0050468_1135281.jpg


顔の赤いのがメス。
f0050468_11351623.jpg




出たー!リクイグアナ!
f0050468_11354319.jpg


近づいてみよう。
f0050468_113601.jpg


ナンダヨー!!
f0050468_1136156.jpg


ちなみに、今は雨季。でもぜんぜん雨が降りません。
のどが渇いたら、イグアナはサボテンを食べます。
f0050468_11364167.jpg

ほとんど、ヴェジタリアンだそう。





あちこちで鳥の鳴き声が。

あ!アオアシカツオドリだ!!
f0050468_1136577.jpg



いい天気ですなぁ。
f0050468_11371197.jpg


チュー。
f0050468_11372463.jpg


たまご温めようっと。
f0050468_11373824.jpg



時にはすきま風も吹く・・・。
f0050468_11375676.jpg



あーかわいいなぁ、青い足。。。

生まれたては色がなくて、生後2年くらいしてから色が出てくるんだって。

ちなみにガラパゴスには、同じく赤足のカツオドリもいます。

さぁ、つづいて見えてきたのは。。。グンカンドリ!
f0050468_11381966.jpg

赤い空気袋を持っているのはオス。求愛中です。

f0050468_11384697.jpg

ヒナ。けっこうでっかい。バスケットボールくらいある。


f0050468_11391037.jpg

やられてしまったアシカの子供。


ノースセイモア島のまわりは透明度もすばらしく、ここで潜れたらなぁ、と思ったが、
やっぱり移動。
f0050468_11392739.jpg


午後からは、サンタクルス等に戻り海の中をパトロール。
ビーチなので、透明度もいまいち。

その前に、オレンジ色のフラミンゴ。
f0050468_11394749.jpg

食べるものによって色が変わるとか。


シュノーケルをレンタルして、さぁ、海に入るどー!

わ!カニだ。
f0050468_1140361.jpg


さっきのノースセイモア島のカニ↑とは違うなぁ。

ダーウィンは、この島々に来て、それぞれに動物がまったく違う進化をしているのに気づき、後々の進化論を完成させたのだ。


ここで、突然ですが、
クマの進化論コーナー!あなたの手のひらを見てください。








どれどれ?









「指のマタ」はどうなっていますか?









ん@@?




















「分かれている。」

















いや。。。それはわかってますがな(汗)。






その、分かれているマタの部分が、クマーウィン博士の目のつけどころ!










いや、指のマタに
目を探すんじゃないッ!!











・・・あのね。








指のマタの部分が、カエルの手の水かきみたいになってる?










たまにいるのよねぇ。







私は山の手の育ちだから水かきはないのよ。オホホホ。














そうなんです。

水場に近いところでお育ちになった方の手には、
水かき状のものが着いているのだ!!










あなたはどう?













お友達の手も見てあげてください。


「水かきのあるなしで、出身地がわかる!」





クマの進化論、どうです?あたってます?へへっへー!!
異論反論カキコ、お待ちしています。



あ、そうそう、ガラパゴスだった。

海に入ったまで、だったわね。




それがさー、借りたシュノーケルのゴム部分に穴が開いてて、
おぼれそう
になったわよ!


シュノーケルを外したりしていると、高い波に打ち付けられて、
岩ですりむくしさー!


やっととりかえてもらって、泳いでいると、ほかの欧米人は、海から上がるじゃない!!


なんでだ?



いまからじゃん!






なに?


















寒い?













この軟弱者!!














みせてやる、大和魂!!









(いや、ここで見せんでも。。。)














ガシガシ、泳ぎまくるぜ!!!













。。。ていうか、海の生き物は・・・。











ザッパーン、ザッパーン!!

荒れ狂う波に立ち向かうのだ。









それが


















神風特攻隊よぉ!!(意味不明)











およそ10分。















ひとり、がんばった。

















でもね。















みんな、手漕ぎボートで、

船に帰っちゃった。
















さみしい・・・・。















しょうがない、あがるか。。。












さむいよぉ。












そして、今日も。

海の中での生物パトロールは不発に終わった。












あしたこそ。

















あしたこそは!








ガラパゴス最終日!
カモノハシとか、なぞの深海魚とか・・・・





















ぜったい見つけるぞーーー!











意気ごむ私に、ガイドさんがそっと渡してくれた、ガラパゴス固有の、緑色のウニ。
f0050468_11404996.jpg



街は今日も、平和な夏の日です。
f0050468_114185.jpg


f0050468_11412513.jpg



そうそう、今日一番びっくりした生き物。まだあるの!!




家に帰って、インスタントラーメンをかじっていたのですが
(作れよ!)、

気づくと、アリンコがかけらを運んでいる!
f0050468_11414832.jpg


しかも、よこ壁です・・・。




頑張れ!









頑張るあなたを応援します!
[PR]

by kumaf3 | 2007-03-23 10:21 | ガラパゴス諸島編  

ガラパゴス イザベラ島



まずはこの方に登場していただきましょう!


ガラパゴス リク イグアナさんです!!
f0050468_11493525.jpg


宿のある島(サンタクルス島)の銀行の前にいました。

どこにでもいるんです!こんなのが@@!!
踏んでしまいますがな!

さて、あれから人伝に聞いたツアー会社、ムーンライズ社に行ってみた。
おばさんがひとりで何十人ものお客さんをさばいている。

ここにはいろんなツアーの空き状況が集まってきていて、日程を提示すると、さくさくデイツアー、長いツアーを埋めてくれるのだ!!

わたしも、行きたかったイザベラ島に2泊3日、それから1日ツアーを2日分いれようかな。。
トータルで300ドルくらい。普通に長いツアーに行くより安上がりだし、ずーっと同じ船に乗りっぱなし、という南極ツアーのようなのはイヤだったのだ。
(ここで思い出す、恐怖のドレーク海峡。。。)

[イザベラ島2泊3日に行きたいんですけど。]

ええっと、いつかしら?


今日の午後から。

ええ@@?


。。。まぁいいわ、きいてみましょう。ジーコジーコ(電話)

私も行動が早いが、おばさんも仕事が速い。

そんなこんなで、 ツアー会社でツアーの手配を進めてもらう、と同時に、
・新しい宿の手配(足で探すぜ!)&値引き交渉
・航空会社に離島日の変更手続き
・今の宿のチェックアウト(チェックアウト時に高い値段をいってきたので、スペイン語で断固抵抗。つかれます、いちいち。。。)

もうそろそろ、添乗員にもなれそうな。

さぁ、このガラパゴス島がおわったら、次はエクアドルの首都キト、そして、ボゴタにいくので、ゆっくりはしていられないのだ。どんどん次のことを考えなきゃ。




さぁまずは、すぐに港に行って、2時発のボートに乗るぜ!


ボートは
20人くらい満員御礼、岸を離れておよそ1時間。
酔い止めをイヤイヤ飲んだ(翌日もずっと眠たいのだ。これ飲むと。。。)ものの、吐き気も最高潮に達したころ、ボートはスピードを緩め、ガラパゴス諸島の中で一番大きな島、イザベラ島に着岸した。


うえーー。きもちわるい。。。
撒き餌準備、OKです!!

港でグロッキーになりつつ、緑色の透明な海を見ると、プカーっと、黒いものが浮いて進んでいる。

もしかしてあれは。。。

スイースイー!!

オットセイ!

紛れもない、オットセイの子供だ!

気分の悪い私をせせら笑うように、港を泳いでいった。
f0050468_1150649.jpg


f0050468_11502319.jpg


舗装のない道路を四駆が走り、
f0050468_11504171.jpg

宿にチェックイン。

なんと、3つもベッドがある部屋をひとり占め。
しかも、クーラー、テレビ、ミニバー付。

ここは本当にガラパゴスか??

しかし、イザベラ島にホテルがあるなんて、しらなかったなぁ。

というか、冷蔵庫がある宿なんて、アメリカで後輩のA部ちゃんの宿に居候して以来だ。(それでも居候)

少し休んで、すぐに動物保護区へ。ナチュラリストの説明付だ。ガラパゴスの島を観光するには必ず、ついてくるそうだ。
f0050468_1151580.jpg


f0050468_11512535.jpg

ガラパゴスゾウガメ。

卵から保護し、ふ化させ、5歳くらいになったら足にICチップを付けて放すんだそうだ。
f0050468_1152233.jpg

ここにいる大人のゾウガメは、繁殖のために飼われているそうな。

クローズアップ。
f0050468_1152172.jpg


つづいては、フラミンゴの池。数匹しかいなかったけど。
f0050468_11523592.jpg


そして、海を通って帰る。ちょうど夕焼けだ。
f0050468_11525010.jpg


f0050468_115341.jpg



ほら、これがウミイグアナだよ。

ど、どこ?

そこ。
f0050468_11532879.jpg

うわ!こんなにちかくに!

クローズアップ!
f0050468_11534733.jpg



夜はもちろんこの島でとれる魚でごはん。
f0050468_1154345.jpg

星がきれいなので、灯のないところを探そうと歩いてみたが、到るところに街灯があるので、結局くらやみはみつからず。
それでも、オリオン座の中にもたくさんの星座が見られた。(私の合格基準、clear!)

翌朝は、私以外の人は馬に乗って火山見学。
わたしは、爆発していない火山は興味がないので、パス。爆発しているのだったら、バヌアツ国の離れ島、タンナ島までだっていきますけど。 。。

午後からは待ちに待った、ボートツアー。(またボートか)

港でボートに乗ろうとすると、、ウミイグアナが足元に。
f0050468_11542097.jpg

停泊している船に乗って、昼寝しているオットセイがいっぱい。
f0050468_11543754.jpg


f0050468_11545525.jpg


うわ!いた!見たかったBLUE FOOT BOOBIE(ガラパゴス青足カツオドリ)!!
f0050468_11551940.jpg

うわ!ペンギン!ここは赤道近くなのに、寒流の影響でペンギンがいる。
f0050468_11553028.jpg


うわ!ペリカン!
f0050468_11555267.jpg


クジラの赤ちゃんじゃー!
f0050468_1156753.jpg


そして、いよいよ、海の中に入る。




うわぁ!透明度がーーーー!!!!












ないーーー!!!!
5mくらいじゃん!








わー、珍しい魚がぁーーーー!!!















いなーーい!!!

ガイドのおじさんに,
めずらしいの、みつかんないよというと、別の場所まで連れていってくれた。

透明度が少しよくなったけど、めずらしいものはみられなかった。
がっかり。


f0050468_22221613.jpg

(エイじゃ)

f0050468_22223458.jpg

黄色い尾のがいっぱい。(ブレてますけど)
ここは、外洋と内海の境目であぶない、ということで、船を運転していたにいちゃんが、私と一緒に泳いでくれるそうだ。

にいちゃんは、私の足の方にまとわりつくので、フィンが動かせない。
にいちゃんは、得意そうに潜ってなにか取って来てくれた。




なになに?











ナマコ。

f0050468_22182086.jpg


どうだー、めずらしいだろー、さわってごらん。





いやー(汗)。。。。




そんなやつなら愛媛には腐るほどおるわい。
とおもったが、いちおう話を合わせて、さわっておく。





もういいよー。

にいちゃんは、特に珍しい魚をみつけるわけでもなく、足元にくっついてくる。

ええい!邪魔なんじゃ。およげんのじゃ!
にいちゃんを尻目にひとりで泳ぐ。

が、さむくなるばかりで、 寒くなるばかりで、とくにめっけもんはなかった。 あーあ。

夜のご飯は、ツナだった。

スープにクルトン代わりにポップコーンを浮かべる式!


翌朝は暗いうちから起き出して、サンタクルス島に帰る船に乗る。


酔う予感はあったし、酔う酔う酔う酔う、そろそろ酔うぞー!と考えていたにもかかわらず、全然酔わなかった。

そんなもんなのねー。

さて、新しい宿にチェックインし、街をブラブラ。
魚市場にはペリカンがうようよ。銀行にはふつうにイグアナがいるし。

びっくりする島やなぁ。

さて、あしたからは1日ツアーが2日連続、その翌日はもう、キトに入ります。


そうそう、英語の勉強をしていたもとの宿の兄ちゃんは、その夜、私の部屋をノック。英語の本、なにか指さしている。え、おしえてほしいのかい?かわいいとこあるなぁ。

どれどれ。

YOU MAY CAN WALK WITH ME。

えー、ありがたいのですが、夜も更けておりますので遠慮させていただきました。

そうそう、イザベラ島でガイドをしてくれたナチュラリストのおっちゃん。
イザベラ島にきた日本人はわしの知る限り、ここ1年で3人。フミで4人だ。
どうだ、今夜と明日あたり、日本語を教えてくれるというのは。


えー、1年に4人しか来ないのなら、特に覚える必要もないのでは。。。遠慮させていただきました。


ガラパゴスに来て以来、どうもガラパゴスモテナイメンズにモテモテの、あんまりうれしくない日が続いております。

f0050468_11563037.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2007-03-22 09:01 | ガラパゴス諸島編  

ガラパゴス難民クマより、緊急告知ー!

さっき、外国人パッカーの知り合いにあったらサー、金曜日までツアー出てないんだって!!

きょう、日曜日(現地時間)でしょ、もう来週の月曜日には帰るっちゅうの!

4泊とか5泊とか、そんなツアーに参加しようと思ったら、金曜日まで待たないといけないってワケ・・。

近い島を見るデイツアーとかはあるんだけど、それで済ませてしまっていいものかどうか。。。

そこでだ!

ガラパゴス経験のある方!求む!(旅仲間でも可)

どんなもんでしょうか!?

ここは、離島日をのばしてでも、4泊5泊のツアーに出るべき??

デイツアーでも十分?

これだけは、見逃せない島って、ある?


島に着いたばっかりで、
もう暗礁に乗り上げてしまった私を、誰か助けてーー!

書き込み、タレコミ、松。。。
[PR]

by kumaf3 | 2007-03-19 13:05 | ガラパゴス諸島編  

エクアドル  グアヤキルから ガラパゴスへ

明け方のものすごい雨の音で目が覚めた。
夕から雷すごかったもんなぁ。
今日はガラパゴスへ移動だ、どうか止んでくデー!!
雨期だからしょうがないけど。

と祈りながら2度寝3度寝して、起きたら晴れていた。

晴れ女でよかったー。

ガラパゴス行きのタメ航空のカウンターで、帰りのチケットをグアヤキルから、キト行きにしてもらった。差額19ドルで、またグアヤキルに戻ることなく、次に進めるなら安いもんだ。

f0050468_11583588.jpg

写真はエアーガル(ガラパゴス航空)。



機内、私のうしろと横はともに、2歳の女の子。

まずい。。。

締め切ったバス内の肉臭
の次に、機内のガキ、いや、こどもさんの騒ぐ声がにがてなのだ。

案の定おしりは足でけられるわ、靴でズボンは汚されるわ、いすでがたがた遊んで振動で眠れないわ。。。。

まぁ、元気な子供さんね!

と笑って済ませるほど大人ではない。親の躾はどうなっとるんジャー!!


イライラも絶好調で迎えたガラパゴス上陸!


荷物ががらがら出てくるコンベヤーというものがなく、荷物を300個ほど全部そうこのような広間に下ろし(ここまで30分)、それ!とばかりに一斉に乗客が自分の荷物を探しに入る。

いものこ。

あー、もうすぐ帰りたい。

これから宿探し、ツアーさがし、か。
f0050468_1159377.jpg

バスとフェリーを乗り継いで、街まで50分。
f0050468_11591691.jpg

宿探しに25歳の青年がつきあってくれている。 フェリー切符売り場にたまたまいた、スペイン語オンリーのひと。
宿はそいつが連れていってくれるよ、とおっちゃんがみつくろってくれたのだ。
意思疎通は5パーセント。

やっと、10ドルの宿が見つかる。
その宿にたまたまいた自称ガイドさん42歳が、英語がしゃべれるので、いろいろ島のことを聞いていた。
しばらくはなしていたが、25才は帰らない。

君の部屋に行こう。

なんでやねん、25歳。私のスペイン語きき間違い?

やがて、ホテルの本当のオーナーが帰ってきて、この宿は15ドルだ!という。

十分安いかもしれないけど、昨日まで4ドルの部屋にいたもんで。。。

移動、移動!

25歳もまたついてきた。

君とぼく、いっしょに寝れる部屋を探そう。

。。。なんでやねん。
あほかおまえは。
言葉も通じないのに、そのまえにすることがあるだろ!!(意味不明)

きもちわるいのでお引き取り願う。


自分で探すわよ!

適当な宿で兄ちゃんに値段を聞くと、15ドル。さっきといっしょじゃんかー!


もっと安いとこ知らない?

にいちゃんはこころよく、ほかの宿を教えてくれた。
が!
その宿はもっと高かった。。。

高かったようー!!

といいに戻る。この時点で、この兄ちゃんの宿にするか、と半分決めている。
快くほかの宿、紹介してくれるところがちょっと気に入った。
いろいろ交渉したいけど、スペイン語しか通じないなぁ。
何いってるか分かんないよ。。
バストイレ付で15ドル。可愛い部屋、テレビもある(2つしかチャンネルはない。)。
まぁいいか。

ひと休みして、ツアーでも探しに出かけるか、と外に出ると、受け付けの兄ちゃんが本を読んでる。

何読んでるのー?

とひやかすと、なんと、スペイン語/英語の本。

。。。可愛いとこあるじゃないの。


いいこと5%、イライラ95%ではじまったガラパゴス島ライフ。

どうなるんでしょうねぇ。。。



ガラパゴスにもネット屋がありました、1時間240円。
日向は暑いけど、日陰はすずしいです。
[PR]

by kumaf3 | 2007-03-19 09:01 | ガラパゴス諸島編