こたつ最高。


10年ほど前、都会の友人に「オイルヒーターがいいよ。」とすすめられて、昔から使っていたコタツを捨ててしまったのを、今でも後悔している。

高校入学時に買ってもらった、赤外線のコタツ。



血と汗がしみこんだコタツだったのに・・・。ごめんよ。




といっても、我が家にはちゃんと数年前に父にもらったコタツがある。

(くじに当たったらしい。)





やっぱりコタツがないと、冬の楽しみは半減するのだ。


だって・・・







コタツの国の人だから。



旅行中、コタツのことを知っている外国人に「日本の冬はコタツがあるんですよね~」というと、

「ああ!コタツは最高だよ!グレイトな発明だ!」と絶賛していた。



私もそう思う。最近はエアコンも発達し、床暖房なども進化しているようだが、


あっしはコタツひとすじ27年!!



なんならコタツ協同組合の組合員になってもいい。




さて、今年もグッと寒さが増した先々週の朝。


「こりゃ寒くて堪えられねぇ~~!!」


コタツの出番だ。


組合員、ごそごそとコタツを準備。



まずはこたつ布団。そういえば下敷きがない。


ペタンコの布団にカラフルなシーツをかけて使うことにする。

あるものを有効に使うのが、一番のエコである。



かけ布団には、インド綿の布をかけて、汚れを防ぐ。



さて、コタツの組み立て!


コタツの足を、ねじで接着させる。レンチがないので、指でねじ回し。


くるくるくるくるくる・・・・四カ所。


しっかり締め付けないと、足がぐらぐらしちゃうもんね。



組合員の指がうなるぜ!





できた~~~!!





コタツの組み立てくらい、朝飯前だ。



「ムホホ、苦しゅうない。」


出来上がったコタツを見ながら、葉巻をくゆらす組合員。







・・・あり!?



なんかヘン?





f0050468_9562921.jpg






ヒーターが上むいとるやん!!





しまった・・・。






足を逆さまにつけてしもた。





テーブルのうえ暖めてどうする。







キョロキョロ。



誰も見てないことを確認し、さっきつけたねじをまたくるくるくるくる外す。



「キショー!!」




こんなとき、やたらしっかり締め付けてしまった10分前の自分を呪う。



ハァハァ。。。。





はずした足を反対につけてっと。



                途中はこんな感じ。
f0050468_9591422.jpg

            情けない姿のコタツ。モダンアートか?





で、できた・・・。やっとできた・・・・。



苦節30分、今年のコタツ出初め式はめでたく行われ、スイッチオンすることが出来た。






コタツで居所寝をするのは至福の時である。






f0050468_10131724.jpg

                     組合長。(常任理事)
[PR]

by kumaf3 | 2008-11-22 10:13 | 日常のつぶやき  

<< くま父、大忙しの秋。 世界赤っ恥青っ恥。 >>