台湾その5: 歩きすぎて水ぶくれ&ドミ出会い


注:先々週行ってきた台湾の旅もようをお届けしています。本人は日本でマターリしています。

台湾B級グルメで2キロ太ったものの、帰国後は毎日200gつづヤセ、なんともうすぐ目標体重に突入しそう。あっちで何か、やせ薬入ってたか!?

くま

*************************************

今日からドミ(相部屋)にうつるので、一応荷造りしてベッドでまったりしていた。

予定もないし、午後から出掛けよう。チェックアウトは12時だし。


と思ったら、「フミ!」とノックされた。

オーナーのメキシコ人、ハクション大魔王だ。



「この部屋に今日泊まる人がもう来た。ドミトリーに移ってくれ。」


ハヒ!?


それはいかん。


まてよ。

私にも12時までの部屋の占有権はあるのでは?とよぎるが、オーナーの焦った様子に、私もアセアセ。ヤバヤバ!ベランダに隠れるのよ!


出張したと思って浮気中の家に、旦那が帰ってきたときの、あの感じよ、奥さん。




「で(ゼエゼエ)、ドミトリーのどこへ移ればいいの?」


「ええっと・・・(ドミの部屋をきょろきょろ)・・・(女子ドミの一人と話す。今日も泊まるのかとかなんとか)・・・




おお・・・没有(メイヨウ)」。




没有(メイヨウ)って、おい。

中国語で・・・無いってこと?



うそ~~ん!



ハクション大魔王はパニック。


わたしは昨日、「明日からドミ4泊ね。」と言ったはず。

OKっていったじゃない!?




「フミ・・・ソーリー。シングルの部屋に泊まるヨーロピアンは今夜7時で出ていく。

今から7時まで開けてくれないか。」


う~ん、仕方ない。でも、そのあとはシングルに泊まれるのね?


ディスカウントしてよ。」


「わかったわかった」


「いくら?」


「・・・300。」


ドミトリーとおんなじ値段か、まあいい取引だ。


さてと、荷物をロッカーに預けて、出かけるとするか。







昨日は遠出をしたので、今日は市内を見てみるか。

日本から「野菜も摂れよ」とメールが来たので、ゆうべ地下鉄の駅で飲んだ青汁をまた飲もうと探す。

いくら探しても、ない。

しょうがないので、トマトジュースにする。

コンビニでも十分安い。助かるなぁ。
セブンイレブンには今の日本のヒット曲がかかり、日本製のお菓子、おにぎり、ソバや冷やし中華などのお総菜、弁当もある。



さてと。今日は台湾元に両替しないとな~。


台北駅の南の「台湾銀行」を目指す。


台北駅の地下は、これまたショッピング街があるようだ。


f0050468_15312097.jpg

                 ウキウキショッピング!


UVカット傘も沢山売られている。アジアはいい。堂々と日傘がさせる。
(欧米で日傘をさしていたら「なんじゃあれ?」と思われます。)

アジアでは堂々とマスクもできる。
バイク用の黒地にいろんなデザインが入ったマスクがたくさん。

アメリカの空港でマスクをしていたら「それは何のためなの!?」と係官に呼び止められた。



「新世界地下街」をうろうろ。

洋服やさん、ゲーム屋さん、軽食屋さん、占い屋さん。。。


f0050468_15432545.jpg

                      新譜情報。


いや~、地下街最高!ここで一日過ごしたい。




・・・そうもいかない。

わたしは台湾初心者なのだ。ちゃんと観光しなければ。


地上に出て、銀行を探す。

銀行の両替も感じよくレートもよく(1万円=2798元)。


地図を見ると、西の方にマーケットがありそうなので、暑さにうなだれながら歩く。


連日35度、湿度80%・・・ツライ。。




台湾には日本の領地だった時代の名残で、お弁当文化が定着している。

文字は「便当」だけど・・・。


f0050468_15405528.jpg



駅の待合所でも、みんな便当を食べている。

f0050468_15423128.jpg


私も弁当を買って、公園で食べた。暑くて汗ダク、もうくたくた・・・。

f0050468_15474581.jpg



歩いていると、原宿のようなところにきた。

f0050468_15472455.jpg



台北の女性のファッションは、中学生みたい。

(そんな私も、きょうは赤いTシャツ、明日は黄色T、明後日はピンクTのローテーションです。)



マンゴーかき氷でも食べるしかない。

f0050468_15482590.jpg



3時過ぎだったか?お店が急にしまい始めた。

なんでだろう。


そこで、フラッと涼みに入ったデパート。ちょっとぶらぶらして、外に出ようとすると、正面玄関のシャッターが下りて、出られない。20人ほどがロビーに立ち尽くす。



なんで?

f0050468_1550110.jpg



後で聞いてみると、軍事演習の一環ではないか?ということだ。




暑いけど、あるいて中正記念堂へ向かう。


f0050468_15461282.jpg


蒋介石を記念して造られたそうだ。


でかいな~。建物の下には、人間がアリンコのように見える。

暑いので、5分で終了。すまんな蒋介石さん。


もう耐えられない暑さ&足がスティッキー&ボヤッキーなので、地下鉄に乗ろう。


地下に入って炎天を逃れ、ベンチで電車2~3本見送りながら休息。

f0050468_1632527.jpg



さあて、ちょっと早いけど、台湾名物「士林夜市」に行くとするか。

電車で10分くらい。夜市に到着。まだ明るいけど、駅前のコンクリート造りの大きな市場のようなところでは、何か食べられそうだ。(また食う!?)


f0050468_16132286.jpg



さっそく、台湾名物「愛玉子(オーギョウチー)レモン」を。

f0050468_16142799.jpg

                  でっかい透明は氷です。


ウニのような形の植物からできたゼリー。
ストローでいただきます。



つづいて、腹ごしらえっと。。。何にしようかなあ。。。


B級グルメひとりパトロール。



この暑い中みんな熱いラーメンとか食べてるけど・・・わしゃムリ。



ああ、涼麺って書いてある。これにしよう。


「おねえさん、冷麺ひとつ!」


涼しそうな、具のたくさん載った冷麺を予想して待っていた。







                    ら。






               こんなん出てきた↓




f0050468_16185293.jpg

                      学祭の焼きそば?


フォトジャーナリストくま、全力でおいしそうに見えるように撮ってみましたが。



手のひらサイズ(15センチ)の紙皿に、申し訳程度のニンジン、きゅうり・・・。ショボい。。。


まあ、屋台だから紙皿の方が衛生的だ。そういうことにしておこう。


しっかし。麺も、そこらで売ってそうな・・・。


麺の下に、敷くようにスープが見える。


ハズしちまったか・・・。




仕方なく食べる。



あ~あ、こんなものでカロリーとるなんて、もったいないわ。






ん。






スープが麺にからんで、なんちゅうか本中華・・・









悪くない。








さらに食べる。



モグモグ。




・・・悪くないって言うか、
















ウマい。








さらに3口目。




ングング。












ふ・・・深い。






なんだこの味は!スゴい!!!








深すぎる、深いぃ~~!!




安っぽいけど、実際安い、160円。






だが、見た目では分からぬ台湾三千年の味!!


ゴマの味を深くしたような、ほんのり味の冷麺。







お・・・






おかわり!










と言いたいところだが、この後も続くB級グルメ道に胃袋も涙をのんで諦めた。

(この味を求めて、最終日にはデパ地下で調味料探しました)



ついでだ。

この店で、食べてしまおう 臭豆腐(なぜか五・七・五)。


臭豆腐とは、台湾名物で、豆腐を発酵させたもの(かな)。


台北市内には臭豆腐を売る店があちらこちらにあり、

その周りは おもいっきりクサい。


どんな臭いかというと、




レディの口から言うのもなんですが・・・






動物のンコ臭。


出来立てほやほやの、どっちかというと草食動物のアレ。


たまらんです。倒れます。





それを食べようというのです。










いや、ちがいますて!










ンコじゃありません!











「じゃあお姉さん、追加で〇ンコ、じゃなくて、臭豆腐を・・・。」





                  ドン!



f0050468_1630138.jpg



これは臭豆腐を揚げたもの。


そんなには臭くないし、味は普通の厚揚げだ。

でも、これを老若男女、子供達も皿いっぱい食べている。


日本では厚揚げなんて完全なサイドメニューだが、メインで一人分、山盛り食べてる。。




健康国家、台湾!!



腹ごしらえばっちりで、士林の夜市を歩く。


f0050468_16393447.jpg


f0050468_16402817.jpg



f0050468_1640599.jpg


f0050468_16412066.jpg



              いろんなところで店開き。
f0050468_16415379.jpg



あ~歩いた歩いた。きょうは朝10時から夜7時まで、なんか食べてる時間と10分の地下鉄、地下のベンチで休憩20分、のトータル1時間を除いて・・・

8時間歩いてた。

足にはマメ&水ぶくれができた。

これでやせてなきゃ泣いちゃうもんね。



宿に帰ると、部屋は誰もいなくなり、ベッドもきれいになっていた。


今夜はオーナーのダブルブッキングで、ドミトリー価格でシングルユースっと。ラッキー。


水シャワー(涙)を浴び、しばらくマッタリしていると、ノックが。

オーナー「フミ、ユア ルームメイト。」


ハ!?


「ハ~イ!」


ルームメイト?結局ドミトリー状態かい。


まぁいいか、寂しかったし。


今夜のルームメイトは韓国人の女の子。


仕事を辞めて2週間タイ・ミャンマー・ラオスなどを旅してきたそうだ。


さっそく写真を見せてもらう。

フムフム・・・なかなか素晴らしいじゃないか、特にラオス!


彼女はラオスの素晴らしさを教えてくれた。

行き方もばっちり、地図に書いてくれた↓

f0050468_16533117.jpg

               よ~し、これ持ってラオスに行くぜ!!!



ちょっと談話室に出ると、アジア顔の男の子がいた。

「ハロ!」と声をかけると、「ウェアユフロム?」と訊いてきたので、日本だと答えると、「自分は韓国人だ」という。

「あら、わたしの部屋には韓国人がいるよ」と紹介した。


この宿は今夜から、韓国人宿と言ってもいいくらい韓国人ばかりだ。

中でもこの男この子は人懐っこく、さっそく仲良くなった。

f0050468_16574029.jpg


             左が男の子、右が女の子(言われんでもわかるか)。


九份や、高雄、台中など遠出をしないかというので、いろいろプランを練った。

明日は、女の子と九份(私はもう行ったので2人で行ってきて。)、明後日は私と遠出をすることに決めた。

女の子はあさってには韓国に帰ってしまうそうだ。

毎日違う女の子(しかも美女)と旅ができるなんて、積極的な男の子はトクをする。


                  おまけ↓
f0050468_1731140.jpg

                  マジックリン。
[PR]

by kumaf3 | 2008-09-08 17:10 | 08夏・台湾・歩き&食いだおれ  

<< 若顔チェック 台湾その4: とりあえず天気が... >>