台湾その4: とりあえず天気がいいので九份

昨夜はとなりの部屋の話し声が深夜まで聞こえて、眠れなかった。

しまった耳栓もってくるの忘れた・・・。



意外と神経質なようで、ドミトリーのようなところに泊るのには耳栓が必需品なのだ。

朝も、となりのバタバタする音で8時に目が覚めた。

10時くらいまでは朝寝を満喫する予定だったのに。。。




さて、きょうはどう過ごすかなぁ。なんにも決めてない。


温泉。中正祈念堂。九份。。。。いろいろ選択肢がありすぎて、日程もたっぷりあるので、何からやっていいかわからない。

ただ街を歩くのもいいが、いつものリュックではなく、今回はショルダーバッグにしたため、荷物が重く感じる。

海外にいても、日本にいても、とにかく外に出なければ何も始まらない。

「暑いだろうけど、でてみるか。」

重い腰を上げたのは10時だった。

さてと・・・。


あ、そうだ。昨日、「明日、時間が合えば、ウナギを食べに行きましょう」

っていってたっけ、おじいさん。

行ってみるか。


テクテクテク・・・。


おじいさんの宿まで行くのに、昨日はずいぶん遠い気がしたが、あれ?きょうは歩いて7分ほどだった。


まてよ・・・朝起きていきなりウナギって、消化に悪くないか?

わたしはきびすを返し、「台北牛乳大王」に向かう。


ガイドブックに書いてあったっけ。「パパイヤは消化を助ける」って。

さすが世界を駆けるダイエッター。そのわりには痩せてない。



「すいませ~ん、パパイヤ牛乳一つ!」

f0050468_2174878.jpg



う~ん、甘くておいしい・・・。


が!

かなりたくさん量があって、もうおなかいっぱい。。。


満腹を抱えて、またウナギを食べるつもりでおじいさんのホテルへ。


「すみません、○○さんは?」

「仕事で11時くらいまでかかるそうです。」


「そうですか~。じゃあ、ちょっと待たせてもらいます。」


11時を過ぎたので、また訊いてみる。


「●●さんはまだ、仕事に出ています。ちょっと電話してみましょうか。」


「・・・12じくらいまでかかるそうです。待っててもらってもいいし、都合が合わなければ、すみません、ということです。」


そうか~。


その後15分くらい待ったが、もう出かけることにした。


その前に、近所の、行列のできるうなぎ屋さん「肥前屋」を覗いて・・・。

いまなら、まだ行列はできていない。


食べたいけど、パパイヤ牛乳で腹いっぱいなのであった、残念。


さ~て、外に出たものの、どうしたもんかなぁ。暇だなぁ。暑いなぁ。。。

しばし、ベンチに座って考える。

「どうしたもんかなぁ・・・」



ようっし、きょうは近場の「中正祈念堂」に行って、その足で温泉地に行ってみよう。

決めた!



そのためには、宿に水着を取りに帰ろう。(温泉は水着を着用しなければならない)



でも途中で気が変り、お天気がいいときに、郊外の観光は済ませよう、と「九扮」に行くことにした。





わたしは優柔不断なため、よく気が変わる。

レストランでも、「うどんセットと天丼セット、どっちにしよう・・・ねぇどっちがいい?」

とさんざん悩んだ挙句(この時点で、メニューが決まってないのは私だけ)、

「よし、うん、天丼セットにしよう」と係員さんを呼ぶ。

みんながメニューを言い、最後に私。





「やっぱりカレーオムレツにします」


一同ズッコケる。


こんなことはしょっちゅうである。





ということで、九份に行くことに決定。


九扮とは、台北から北へバスで75分、映画「非情城市」のロケが行われたレストランがあり、宮崎駿アニメ「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったという観光地だ。


かつては9戸しかない辺鄙な地域だったため、物を注文するときには9セットいつも頼んだそうだ。だから9份なんだそうだ。

ちなみに非情城市はみてない。


台北駅まで歩いて5分。台北駅には地下ショッピング街がある。

洋服、石屋、軽食屋、コンビニ・・・なんでも面白いのでついウロウロしてしまい、すでに足がボーボー。


棒のような足を引きずって、地下鉄に乗り、バスに乗り換え、九扮へ向かう。



初めての街で地下鉄に乗ったり、バスに乗ったりするのはとてもおっくうだ。

どうやってチケットを買ったらいいのか、乗り降りはどうするのか、バス代の支払いは先なのか後なのか、いくらなのか。


モタモタして、周りの人に白い目で見られたらイヤだなあ。。

でも、乗らないと。


こういうのは慣れだ。


幸いにも台北の地下鉄はとてもわかりやすく、切符も買いやすい。


切符といっても、最短距離ぶんの20元(80円)を販売機に入れて、出てきたのはこんなん。

f0050468_21312947.jpg


人生ゲームで使うような、プラスチック製のコイン・・・。

これを投入口にかざすと、「ピッ」と音がして、改札を通れるしくみ。

f0050468_21342921.jpg



地下鉄でバスに乗れるところまで行き、そこから九扮行きのバスに乗る。

f0050468_2134444.jpg



このバスは睡眠波が出ており、穏やかなひと時を過ごしていたが、やおらバスは坂道を上がりだし、シャレにならんカーブっぷりをかもし出してきた。

道は狭いしカーブはきつい、大丈夫なんか、これ。。。


あれよあれよ、という間に九扮についた(ようだ)。


いきなりすごい人出。。。すごい観光地だ。

f0050468_21382872.jpg


細い路地に土産物屋が並ぶ。

f0050468_21392228.jpg

          電動ハエ除けがぐるぐるまわる下で、きれいな餅が売られている。

                        こんなん↓
f0050468_21401236.jpg



                 名物おばちゃんらしい。↓
f0050468_21411686.jpg



                     背中も・・・。
f0050468_2142155.jpg

                爆 丸子。






                     海老か貝のスープ(もうふやけてる?)
f0050468_21431439.jpg

      

             ゼリーに包まれたお肉?スープに入れて食べる。
f0050468_2272125.jpg

  「千と千尋の神隠し」の中でも、こんな具を入れたスープを飲んでいたそうな。


                    果物「グアバ」。香りはさわやか。
f0050468_21444166.jpg


                   台湾の北の海
f0050468_21454240.jpg


                 昔のたたずまいも残っている
f0050468_221847.jpg



さて、腹もちのよかったパパイヤ牛乳もこなれてきて、ちょっと小腹がすいたので、このあたりの名物「芋圓」の入ったかき氷を注文。

好きなだけトッピングできる。

芋、マメ、寒天、タピオカココナツ・・・ヘルシーなものばかり。

f0050468_2235749.jpg




芋圓とは、芋と小麦粉を練って伸ばして、細かく切る。耳たぶくらいの柔らかさ。
オレンジ、黄色、紫、芋の種類で色が違う。

f0050468_2264233.jpg


                  氷の上に載せて、出来上がり。
f0050468_2282571.jpg

                小豆、赤マメ、黒い寒天、芋圓・・・。



f0050468_2292775.jpg


さてと、宮崎アニメのモデル地みたいなとこ?(いいかげん)も見たし、帰るか!

f0050468_22134261.jpg



f0050468_22124810.jpg



1時間で観光を終えてしまったワタクシであった。ハヤっ。


満員の帰りのバスでは、あまりの急カーブに、バスの運転手は車体を停車していた車にぶつけてしまい、バスの窓ガラスを割ってしまう始末。

本当に急だから、行かれる方は気をつけるように。車ではいかない方がいいかも。


f0050468_22121990.jpg



台北に帰ってからは繁華街やデパートをうろうろ。


そごうやファミリーマート、セブンイレブンなどの日本資本の店が多い。


この行列は何だ!


f0050468_22161176.jpg



と思って先を見たら、スタバだった。ナゼ…?



足がすっかり棒棒鳥になったので、今日のところはこれくらいにしてやる。



そうそう、耳栓を買って帰ったら、宿のスタッフ用のご飯が出来てた。


少し味見させてもらったが、野菜、マメ、肉などバランスよい。

やっぱりひよこ豆はうまい。


この宿主はメキシコ出身のハクション大魔王似の男性で、台北出身の女性とメキシコで知り合い、こっちに来ているそうだ。

f0050468_027895.jpg


というわけで、ハクション大魔王に、スペイン語を教えてもらう。

もう一年も経つと、忘れてるなぁ。。。

この宿の3割は滞在して学校に行っている人や働いている外国人だ。

日本人もいて、台湾のお勧めも聞いてみる。


「烏来(うーらい)って言う温泉地に行きました。自然がいっぱいで、よかったですよ。」


そうか~、行ってみようかな?


「ひとりでもさびしくないですか?」


「うーん、大丈夫でしょう。」





宿の猫はミミ。旅人が連れてきたそうだ。


f0050468_0175392.jpg



お湯の出ないシャワーを浴びて、2日目の夜が過ぎた。

宿替えするつもりだったが、暑いし、トイレのシャワーも助かるので、ここにズッといることにした。

f0050468_0201132.jpg



料金が半額なので、明日から4泊はドミトリーにしてもらおう。
[PR]

by kumaf3 | 2008-09-07 22:21 | 08夏・台湾・歩き&食いだおれ  

<< 台湾その5: 歩きすぎて水ぶく... 台湾その3: 台湾メシくいだおれ >>