きれいなおねえさん。


きょうは、あたらしく発刊されるフリーペーパーの取材をしていただく、ということで、

いつもより少しだけ丁寧にお化粧をして、小奇麗な?服を着て出かけました。

お写真も撮ってもらえるそうなので。

こんなわたしでいいのかしら?




とあるオシャレなカフェで取材は進む。


お話をしながら、たくさん「パシャパシャ」と写真を撮っていただく。

「きれいな写真が撮れました。」


そ、そうですか?




無事、取材が終わって、「あ、そうだ、お買い物があった。」

取材地の近くのDIY店に入り、ひとり、猫コーナーのグッズを物色してました。





すると、入り口からおじさんと子供さんが入ってきて・・・


わたしの後ろを通り過ぎた。



スタスタスタ・・・・




ちょうどわたしの背中あたりで、おじさんは、なにかボソッとつぶやいた。







「き・・・な・・・ねえさん。」








え?なに?










きれいなおねえさん?










わたしのこと?








やっぱり・・・・。








今日のわたしはキレイなのね・・・。




うふ。





わたしもまだまだ捨てたもんじゃないわ、フッ。







そのおじさんと子供は照れ屋なのか、それ以上わたしを見ることもなく、スタスタとあるいて、あるコーナーで足を止めた。






「あったあった。」





ん?なにを探してるんだろう。







見るとそこは、










「金魚のエサ」コーナーだった。






ん?金魚のエサ?








ひょっとして・・・・・







さっき、おじさんがつぶやいたのは、「きれいなおねえさん」じゃなくて・・・。










き・・・














「きんぎょのえさ」・・・。

[PR]

by kumaf3 | 2008-07-28 23:14 | 日常のつぶやき  

<< ブラジルから松山へ@@ 管理人求む! >>