わたしのじいさんのじいさんの、そのまたじいさんの・・・


シャワー上がり、体を拭いていると。

体の中心線ににうぶ毛が生えている、へそに向かって。

たぶん背中も生えているだろう。

ちなみに背中にはうずまきがある。




他言無用だが



「うずまきのクマ」とは私のことだ。





これは、雨にぬれたときに、水が下に流れるようになっているのだ。

体を冷やさないための動物の遺伝が、一見つるつるてんに見える私の肌にも残っている。




私の祖先は、毛ぼうぼうの類人猿だった(といわれている)。

つまりサルだった。


f0050468_22441250.jpg




狩の途中に雨が降ってきたり、嵐で屋根(あるのか?)がふっとんで、ずぶぬれになったこともあるだろう。

じいさん、苦労かけました。

自分のサル時代のじいさんは、どんな人だったんだろう、と考えようとしたが、

サル時代のわたしのじいさんやばあさんは何万匹(もしかして億?)もいる計算になる。


この辺どうなっているのかは、どなたか教えてくだされ。




そのまた祖先は、両生類みたいなものだと思われる。


f0050468_22452731.jpg



どんな毎日を送っていただろう。ネズミとか食べていたのかな。


そして、そのまたじいさん。


魚だったといわれているので、きっと魚なんだろう。


f0050468_22481951.jpg



何億という古代の魚たち(すみませんおじいさん、呼び捨てにして。)の遺伝子を頂いている。


そのまたじいさんは、動物プランクトン、植物プランクトン・・・。





そう考えていると、



「あ~、この人生を楽しまなきゃな。」と思う。




・・・おっと!




私も進化しないと、じいさんたちに怒られそうだ。
[PR]

by kumaf3 | 2008-07-15 22:55 | 日常のつぶやき  

<< この夏はじめての 【納涼企画】動画!トンガで血まなこ >>