山口の旅その3「萩」


「津和野ブラブラ、荷物背負ってワンダーフォーゲル部参拝」も無事すませ、萩行きのバスに乗る。


バスの中に、お客はわたしともう一人の老婦人のみ。

東京から来ているそうで、山口に4泊でフリー旅をしているそうだ。



「前に来たときはね、団体だったの。友人と来るとね、おしゃべりしちゃうでしょ?

そうすると、旅先のこと、おぼえてないの。」

そんなわけで、宿も決めずに一人旅。


「昨日、湯田温泉に泊まったけどね、見所いっぱいでよかったわよ~!

都合で、また湯田温泉に泊まるかも。」



わたしのウン十年後も、こんな感じかも。

「わたしはこのあと萩のユースホステルに泊まりますけど。」

「あらそう、そこ、空いてるかしら?」

「たぶん空いてますよ。(このへん、人いないし。)」


彼女はおしゃべり好きで、私ももっと話が聞きたかったが、

「バスで横の人としゃべると酔う」という性質。


さっそく頭痛が・・・。到着まで横になって寝た。

ぼそぼそと雨も降り出し、同じような田舎の景色だったのでまぁいいや。


ふとわれに返ると、バスは停車していた。(またか!)

「あれ!?ここどこですか?」

「萩バスセンターですって。」

「あ!ここで降ります!」


おば様と私はそそくさと降りた。(このとき、サングラスを車内に忘れてしまった)

おばさまは観光案内所に行ったので、私は一足先にユースホステルに行く西回りバスにのる。

車内でも

「一人旅?どこから?どこに泊まるの?」

ユースホステルの存在を知らない人も多いようだ。

旅はもっと、安く楽しめるよ。

(ゴーカなホテルを楽しむやり方もあるけどね。)


ユースについたころには夕方になっていたが、明日のスケジュールをどうしようかユースのスタッフさんにいろいろ相談に乗っていただいた。

彼は世界や日本を旅しまくっており、とても親身になってくださった。


f0050468_12351861.jpg


ちなみに宿泊客はわたしと、バスで出会ったおばさま、もう一人仕事をやめてバイクで山口島根を旅している女性の3人だけのようだった。


暗くならないうちに萩の風情を味わおう、と街に出る。

傘買っておいてよかった!しとしと降る中を一人歩く。

f0050468_12372253.jpg


                高杉晋作生誕の地
f0050468_12394418.jpg


ここ萩は、吉田松陰が開いた「松下村塾」があり、幕末の志士たちが育った場所である。

f0050468_12402655.jpg


歴史はさておき、やっぱり楽しいのは商店街!

f0050468_12421385.jpg



帰りは萩温泉!海並みにしょっぱい!

f0050468_12431084.jpg

              (温泉ソムリエは温泉分析書をじ~っと見つめる)


その夜はとても静かで、何年かぶりに朝までぐっすり!!

本当に良い休養が取れた。


さて!きょうは少し予定を変更して、ふたおい島に行く途中、ユースのスタッフさんお勧めの「長門湯本(ながとゆもと)温泉」に立ち寄る。

今回は温泉に期待してなかったんだけど、山口も名湯がたくさんあるのだ。

津和野に来るときのワンマン列車の中でも、地元のご婦人に秘湯「柚木温泉」を教えてもらった。
(なんでも、炭酸泉なのだそうだ!湯治客に人気らしい)

きょうも萩市内は冷たい雨。
f0050468_12545590.jpg


さて!雨の中、ユースから歩いて15分の「玉江駅」から出発。

f0050468_12543625.jpg


長門湯本温泉、どんなんでしょう。。。

f0050468_12561299.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2008-05-15 12:56 | 山口県・蓋井(ふたおい)島  

<< 山口編その4 長門市 湯本温泉 山口編その2 津和野へ >>