おニギリ受難の日


毎年この季節は、わが同居猫「おニギリ」は受難の季節。

そう、コレがやってくるのです。↓

f0050468_0175189.jpg


年に一度の「予防注射」の日。

最近は5種類の病気を一回の接種で予防できるんですって~。
(5000円チョイかかります。)

猫を拾ってきては、無知のために早死にさせてつらい思いをしただけに、長生きさせたい。

猫についてはクマノフスキー教授が詳しいようです。


飼い主の私にとって、この日はとっても楽しみ。

なぜか? それは・・・・

日ごろ、

わがまま。

食っちゃ寝、食っちゃ寝。

他の猫にはケンカ吹っかける(弱いのに)。


女王様おニギリが・・・





気弱になるから!!




まず、寝ているおニギリをそっと起こし、大きな袋にいれます。

当然嫌がりますが、ここは心を鬼にする。

(上からすっぽりかぶせる、その後そのまま肩にかける。首だけは出したほうが安心する。)

で、原チャリに乗り、ニャ~ニャ~鳴くのをなだめつつ、近所の病院へ。


もう、この辺で、どこに行くのか感づいているおニギリさん。



14年前拾ったときからお世話になっている病院。

「予防注射お願いします~」

待合室のベンチに座る。おニギリはバッグの中で硬くなり、ニャ~ニャ~。

f0050468_0214092.jpg


診察室へ入り、おニギリを台に乗せる。

袋から出そうとするが、身を縮めているので、袋に手足が引っかかり(最後の抵抗)、先生に手伝ってもらう。


診察台は体重計になっている。

「え~っと、5,2キロ!? ちょっと待ってください・・・」

あまりの重さにカルテを確認しに行く先生。

「去年は4.2キロでしたが、そのまえは5.2キロでしたね。まぁ、ちょっと太ってますけど・・・」

おニギリのおなかをモミモミする先生。

「これは・・・脂肪ですからねぇ・・・。」

「たるんでます、ハイ。(飼い主もその傾向が・・・)」


「すごいよく食べるんです。」

「体重が急激に減ってるとエイズになってる心配があるんですが、まぁ、その心配はあまりないでしょう。」

おニギリは外出自由猫なので、外の猫に咬まれることがよくある。

春は特に、怪我をして帰ってくる。

他の猫に咬まれたところから病気がうつされることが多いらしい。


カラダがカチカチのおニギリの両手を押さえ、お知りの穴に体温計を差込む。

「38.5度ですね。大丈夫です。」

ものの1秒で接種後、先生に訊いてみる。


「最近、耳を掻くことが多いんですが、耳ダニでしょうか。」

「見てみましょう。」


f0050468_022391.jpg

                  もう帰るニャ~~!(自主的に袋に入る)



おニギリの耳垢は、真っ黒で大量なのが自慢。


先生「この耳垢の量は・・・@@;」

顕微鏡を覗く先生。

「いませんねえ。」

何度やっても、「いないですねぇ。」「いないですねぇ。」

おニギリは「ギャ~!ギャ~!」


わたしも顕微鏡を覗かせてもらったが・・・


・・・汚い。


「ときどきは耳掃除してくださいね^^;」

「ティッシュではしてるんですけど・・・」

「綿棒でしてあげて下さい。」



ノミも心配だったので毛並みを掻き分けてみてもらった。

「う~ん、いないようですねぇ」


あら?そうですか。。。。ホッ。


ようやく診察終了。


年に一度の飼い主の楽しみ、おニギリ受難の日でした。



来年も再来年も、末永く、年に一度の受難の日が訪れますように。


f0050468_02817.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2008-05-02 00:28 | 日常のつぶやき  

<< ゴールデンウィークお見舞い申し... 最近はもっぱらコレばかり。。。 >>