くま父の生命力

鬼北町の山奥で悠々自適に暮らす、くま父。

しかし、毎日、野菜つくりや米作り、山仕事と、いそがしいようす。

元気でなにより。


先日久しぶりに墓参りに、くま父とくま母のすむ実家に帰った。

夕食後の、ふとした会話。



くま父「(しみじみ自分の手を見ながら)指のケガも治ったのう。」

わたし「あ、ケガしとったの?指?」

くま父「おう、チェンソーでスパーッと切ってのう。中指から小指まで3本。

        肉がちぎれてズレとった。」


わたし「うそ~emoticon-0106-crying.gif!・・・で、縫うたん?救急車よんだん?」

くま母「縫わんといけんろう、と思うたけど、病院はイヤじゃ いうてね。」

わたし「え?で、どうやって直したの!?」





くま母「赤チンよ。」





あ、赤チンて・・・。





くま父「裂けた肉に赤チンぬって、貼りあわせ、テープ貼って。包帯で巻いとった


くま父「2晩ぐらいは、うずいたけんど。」


そりゃうずくわ・・・。




いまでは傷もくっつき、指も3本とも器用に動かせております。



そんなくま父へのツッコミ、お待ちしています。
[PR]

by kumaf3 | 2008-04-23 22:58 | 日常のつぶやき  

<< あの~、つかぬ事をうかがいますが。 (ちょび追加)★クマのお仕事や... >>