焼きミカンのすすめ


ふと、ストーブの上に熱気が出ていることに気づく。


石油ファンヒーターの上部は冷たいけど、ストーブは網になってて、お湯が沸かせたり、モチを焼いたりできる(なつかし~い))。



ゆうべお風呂上りに、ミカンを食べようと思った。

「あ、ストーブが使える・・・。」


愛媛県民にとって、「ストーブ」「みかん」と来れば・・・そう!




「焼きミカン」。


雪が70cmは積もっていた私の小学校は、冬にでっかいストーブが出てきて、そこで給食のパンを焼いたり、みかんを焼いたりしたものだ。


「みかん焼こうっと。」



中学校を卒業して実家を出て以来、とてもとても久しぶりだ、焼きみかん。



焼き網がないので、ストーブの上に直接みかんをのせる。

f0050468_11523695.jpg



皮をむかずにそのままのせる、という人もいるようですが、わたしは「房でのせる」派。

けっこうストーブは火力が強いので、すぐ焼ける。



少し焦げ目が着くぐらいで裏返します。

f0050468_11542225.jpg



両面の皮が堅くなったら、もう食べてよし!!




猫舌なので、気をつけて食べる。。。




ん・・・あまい!


酸味が抜け、甘さが増幅!



そして、なんだこのコクは・・・!!


何年ぶりか?この懐かしいおいしさ!!

冷たいまま食べるみかんとはまったく別物の、深い味わい・・・。


ああ、これぞ、冬のグルメ(C級)。

これナシで過ごしてきた冬、なんと悔やまれる・・・。




あなたは、焼きみかん、やります???
[PR]

by kumaf3 | 2007-12-06 12:01 | 日常のつぶやき  

<< 2007年もあと少し。 ゆったり草津 >>