気に入ったメルマガより

たまにメルマガが来てるので、たまに読んでいます。

メールの渦に埋もれさせたくないので、ちょっと転載!(まぐまぐ心理学より)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◆ 斉一性への圧力。


最近、マヤ先生とこんな話をしました。


マヤ「よく市役所とかで書類を書くとき、『ふりがな』を書けってあるわよね」

ユウ「ありますね」

マヤ「あれって『ふりがな』って書いてあったら、ひらがなで書けってことで、
『フリガナ』って書いてあったら、カタカナで書けってことよね」

-----------------------------------
ふりがな  やまだはじめ
名前    山田 一
-----------------------------------
フリガナ  ヤマダハジメ
名前    山田 一
-----------------------------------


ユウ「そうですね」

マヤ「これって、よく考えるとおかしくない?」

ユウ「は?」


マヤ「だって別にハッキリ『どちらかで書け』とは言ってないわけでしょ?
 『オレがひらがな(orカタカナ)で書いてるわけだから、お前はマネしろ』
って主張してるのと同じじゃない?」

先生、それは考えすぎです。


マヤ「だから破っても、法的には間違いじゃないのよ」

常識的には間違っていると思います。


マヤ「ちなみに『ひらがなで書いてあったらひらがなで、カタカナで書いてあっ
たらカタカナで』というのは、心理学では『斉一性への圧力』というの。
人間は無意識に、周囲の行動に従ってしまうようにできているのよ」

ユウ「なるほど」


マヤ「じゃあそれを応用したら、色々なパターンができそうじゃない?」

ユウ「は? たとえば?」

マヤ「そうね。たとえばこんな記入欄とか」


-----------------------------------
フリがな
名前
-----------------------------------
 
あの、意味が分かりません。

 

マヤ「もちろん、こう書くわ」

-----------------------------------
フリがな  ヤマダはじめ
名前    山田 一
-----------------------------------
 

こう書かせる必然性を教えてください。

マヤ「他にも、こんなのもいいかもね」

ユウ「え?」

-----------------------------------
ふリがナ
名前
-----------------------------------
 
ものすごく電波系です。

 
マヤ「もちろん、こう書くわ」

-----------------------------------
ふリがナ  やマだハじメ
名前    山田 一
-----------------------------------
 

だからこの必然性を心から教えてください。

 

マヤ「でもね、考えてたら、さらに色々とできそうなの」


できなくて、いいです。
僕はそう思いましたが、先生は続けます。

マヤ「ほら、たとえばこんなの」


-----------------------------------
フリガーナ  
名前     
-----------------------------------

何ですか。
その中途半端なアレンジは。

 

マヤ「これはね、こう書くの」

-----------------------------------
フリガーナ  ヤマダハジーメ
名前     山田 一
-----------------------------------

どこのフィリピン人ですか。


マヤ「さらにね」

-----------------------------------
ふがりな 
名前      
-----------------------------------

微妙に順番違わないですか、それ。

 

マヤ「ここは、こう書いてほしいわね」

-----------------------------------
ふがりな   やだまはめじ
名前     山田 一
-----------------------------------

山田さん、対抗しないでください。


マヤ「他にもね」

-----------------------------------
ふり☆がな 
名前     
-----------------------------------

何ですか。
この今流行の萌えな書き方は。
 

マヤ「もちろん、こう書くわ」

-----------------------------------
ふり☆がな  やまだ☆はじめ
名前     山田 一
-----------------------------------

うん。
山田さんの場合、萌えというより「つのだ☆ひろ」みたいになってませんか。

 

マヤ「他にも、こんなのもアリよ」

-----------------------------------
腐離我那 
名前     
-----------------------------------

かろうじて「ふりがな」に読めることだけは分かります。
 

マヤ「もちろん、こう書くの」

-----------------------------------
腐離我那   邪馬駄 恥眼
名前      山田 一
-----------------------------------

暴走族ですか。
というかその山田さんのノリの良さは何なんだ。


 
マヤ「最後に、こんなのがあるわね」

-----------------------------------
不利かな?  
名前     
-----------------------------------

誰に聞いてるんですか。


マヤ「正解は、こうね」

-----------------------------------
不利かな?  いや、有利だよ。
名前     山田 一
-----------------------------------

何で会話しちゃってるんですか。
[PR]

by kumaf3 | 2006-10-08 15:16 | 日常のつぶやき  

<< 時差ぼけ ブニュニ湖からルワンダへ >>