ireland aran islands

パンが山積みの豪快な朝食を取り、アイルランドの首都ダブリンからバスで西へ3時間。
f0050468_11311974.jpg

さらに港まで1時間のバスにのり、アラン諸島へ。
3つの島からなるアラン諸島はアランセーターのふるさと。
f0050468_11313896.jpg


f0050468_11315212.jpg

私は一番大きな島イニシュモア島へ上陸。

いい天気だけど、日焼けしそうだなあ、明日もあるから、今日は休もう、と宿ですやすや。
あっという間に6時になってしまった。

アイルランドに来てから、夜暗くなるのが10時頃なので、ついつい油断してしまう。
日の入りが7時か8時ころ。

それまで、歩くかな。
f0050468_1132717.jpg


f0050468_1132295.jpg

おい、行くなよ!
いやよ! 放して!


f0050468_11325517.jpg

f0050468_11331971.jpg

牛さんと目が会う。
f0050468_11333197.jpg



猫も発見!
f0050468_11335461.jpg

あ、猫好きが来た。しょうがねえなぁ。相手してやるか。ノビ~。

f0050468_11341118.jpg



f0050468_11343142.jpg



f0050468_11344274.jpg



f0050468_1135342.jpg



f0050468_1135228.jpg



f0050468_11354669.jpg



f0050468_11361022.jpg



f0050468_11363532.jpg



f0050468_11365341.jpg

夜はこれからのアイルランドの旅のおすすめ地について、宿の兄ちゃんにアドバイスをもらう。
あと5日しかないので、どうしても日が足りないなぁ。

行けないところがあるときには、これでまた次に来る理由ができた、と思うことにしている。

兄ちゃんに是非、と勧められた街も、宿が満杯で、あきらめてしまった。
夏のヨーロッパは宿に苦労する。

f0050468_11371693.jpg

翌日。
雨がふりそう。。。

宿の兄ちゃんは[今日はラジオで雨だといってたよ。]このあと降り出すだろうなぁ。
いったん降り始めると、止まないよ。

ひえー。早く出かけないと。。。

きのうは晴れていたのに、ゴロゴロしてしまった、もったいない。

貸自転車は10時からだから、今から近所の崖まで歩いてきたら?

と勧められたので、ダブリンで5ユーロで買ったカッパを着て出発!

いちおう地図は持っているが、標識も何もないので、地元の人に尋ねながら歩く。

あ、雨が降り出した!

うう、ついてないなぁ。
f0050468_11374868.jpg

いかんいかん、マイナス思考になっては!

ついてるついてる!わたしはついてる!

はれるはれる!

雨が降ってるけど、これは晴れだ!


そう唱えつつ歩く。

着いた!見事な崖だ!
f0050468_11381734.jpg


f0050468_1138393.jpg



しばらくすると、仮面ライダーが!

f0050468_11391077.jpg


イタリアから来たそうだ。

日本語でチャオは、なんというのだ?と聞いてくるので、サヨナラだよ!
とうと、

そうだったそうだった、サーヨナラ!

と、陽気に別れた。

あれ?雨が止んだ!やっほー!

やっぱり前向きな言葉を発すると、それは本当になるんだ。

貸自転車屋が開いたので、10ユーロ(1600円)で借りて、出発!
f0050468_11393682.jpg

目指すは紀元前の遺跡、ドン エンガスだ。

ドン エンガスが何なのかはよく知らないが
、とにかくいってみよう。

アイルランドの平和を守るため、クマ巡査は自転車で島をパトロールするぜ!

ガイドブックには、ドンエンガスは圧巻!とかいておる!ふむふむ。。。

でも、世界を1年以上も回っていると、あまり期待しなくなるんだよな。
どうせ大したことないんだろうなぁ、と分かっているところがある。

ま、万が一、圧巻だったら儲けものだ。

昨日1時間かけて散歩した道を、クマ巡査は快調に飛ばし、10分で行く。

自転車は気持ちいいなぁ。乗ってるだけで浮き浮きするところはバイクとおんなじだ!

ついつい、すれ違う旅人にも元気にあいさつしてしまう。


f0050468_1140745.jpg

お墓もアラン模様。

30分ほど走って。。。

この辺がドンエンガスなんだけど。。。キョロキョロ。

上り坂も厳しく、傾斜が30度くらいの山道なので、自転車を押すのも無理だ。
置いていこう。

f0050468_11403381.jpg

盗まれませんように。

どんどん登る。
f0050468_1140596.jpg

雨がまた降ってきた。
いかんいかん。

晴れる晴れる!ついてるう!

いばらの道を上るが、それらしきものは見えてこない。



あの石垣をこえたら、何かあるはず!



なーんにもない。




つぎの石垣を超えたら、何かあるはず!



なーんにもない。






あるのは草原と石垣のみ。



たしかに、丘のてっぺんにはついたけど、つわ者どもが夢の跡、てなかんじで。。。




圧巻って、何もなさが圧巻なのかしら???

これ程ガッカリ観光地はないぞ。。

石があったので、とりあえずこれがドンエンガスかも、と撮影。
f0050468_11414427.jpg

たぶん 右がドン、左がエンガス。

はぁー。もう足も濡れてさむいし、パトロールは切り上げだ!


帰り道、地元のおじいちゃんがいたので、いちおう聞いてみた。

ドンエンガスはあっちじゃ。あっち行って、右に曲がるんじゃ。


ぜんぜんちがうじゃない。。。


やっと正しいドンエンガスを発見。

入場料を払うちゃんとした観光地になっている。

たくさんの外国人が訪れている。
日本人の団体さんも!


アイルランドの西海岸がみわたせる崖に立つ、石造りの砦で、紀元前1500年からの2500年間、この崖には人間の活動があったそうだ。
f0050468_11422133.jpg

ここは、政治、宗教、経済の中心地だった。

f0050468_11425656.jpg

こんな島の、こんな崖っぷちに。。。
f0050468_11431338.jpg

ホンマかいな。。。

f0050468_11433899.jpg


そんなわけで、やっとほんもののドンエンガスを拝めたので、チャリの向きを変え、街に帰る。

f0050468_11435911.jpg


f0050468_11441512.jpg


途中、ギアの切り替えを楽しみ過ぎて、壊してしまう。
が、さすがクマ巡査!
手を汚しながらも外れたチェーンをテキトーにはめて直す!

帰りには、島で一軒のスーパーに寄って、フルーツを購入。
f0050468_11444712.jpg

立派なスーパーがあるのだー。

いやー、雨にも見舞われたけど、途中は太陽も出てきて、日本を離れて若干弱くなっている晴れ女パワーの威力を見せつけたパトロールであった。

あすは島を出て、北アイルランド(英領)のデリーという街にはいります。

朝出て、着くのは夕方だ。ま、10時まで明るいから、大丈夫だ!
f0050468_11451431.jpg

[PR]

by kumaf3 | 2007-07-13 07:22 | 世界2周目ヨーロッパ編  

<< 北アイルランド(イギリス領)の... "空港"行脚 >>