行き先は?

昨日英語学校にいったら、たまたまマンツーマンレッスンになった。
(ちなみに私のいっているコースは「フリートーク」で、授業ではないので人数無制限。
大人数になってしまうと「となりに座っている日本人」と英語で話す羽目になる。
コレは悲しい。)
「きみの仕事の話が聴きたい」というので、4月からは「世界旅行に出るんだ」というと、「どこに行くんだ!?」と訊いてくる。

「うーん、どこにしよう。どっかおススメは?」

彼は壁の特大世界地図で、当然のように出身国である「ニュージーランド」を指差す。
う~ん、ニュージーランドかぁ。
特に世界一周でなくても、単体でちょこっと行ってもいいかんじだからなぁ・・・ちょっとなぁ。

「太平洋の島々をアイランドホッピングしたい!」

これは以前TAHITIのランギロア島行きの計画をしているときに「やってみたい」と思っていたことだ。
いくつもの個性的な島を、まわってみたい。
これは時間(とお金)がなくてはできない。

たとえば「西サモア」「キリバス」「トンガ」。
それに何もなさそうだが名前だけで記念になる「エロマンガ島」。。

島巡りのほかには、北はグリーンランド、南は南極。
そんでもって、卒業旅行の列車の中から見た、「ピレネー山脈の山にへばりつく家々」を、下車して、歩いてみたい。

アメリカの内陸部も行ってみたい。カウボーイが居るのを確かめたい。
初めてアメリカに行った時に「カリフォルニアだけでもすばらしいのに、他に50もの州があるなんて、全部まわってみたい」と思ったものだ。

あとは、いろんな旅人さんが大推薦してくれる「チベット」。
名古屋の旅人、I藤さんは
「チベットも行きやすくなったら、観光地化されてしまうので、今の素朴な姿のうちに行ってきたほうがよい」と勧めてくれた。

あと、イエメンやイランも。

そして、昨日の英語の先生は「海外のラジオ局にも日本語放送番組があるから、働いてみたら?」とアドバイスしてくれた。
おお~、それもいいアイデアやね!ツテはまったくないけど、調べてみる価値アリ?

いろいろ考えていたら、一年くらいじゃあ時間が足りない。
お金も足りない

あまりにも人生は短い。
[PR]

by kumaf3 | 2006-01-25 20:07 | 世界一周  

<< なんで今? ブログとやらを始めました >>