泥まみれ。

人生初のブラジルのカーニバル!
f0050468_2294567.jpg

サルバドールも町じゅうでサンバが鳴り響く。
f0050468_2210777.jpg

わたしたちもブロコ(団体)のTシャツを着て、乗り込むどー!!

トラックの上で生演奏されるブラジル音楽にのって、みんな踊る踊る!!
f0050468_22103716.jpg


f0050468_22111810.jpg

私たちの団体の歌手は、ぱっと見かわいくセクシーだけど、年配のオバサマ!
でも、5時間歌いっぱなし!
f0050468_2212070.jpg


世界中から集まってきた旅行者たち。
f0050468_22121550.jpg


f0050468_22124275.jpg

私たちのブロコは1万2000円と、まずまず高いので、旅行者かまあまあのお金がある人があつまり、かなり安全でした。
安いブロコは喧嘩とかもあったみたい。
f0050468_22132614.jpg


f0050468_22134854.jpg


f0050468_2214123.jpg

テレビクルーもきていて、インタビューされたけど、言葉がわからず・・。
知ってるポルトガル語を言うしかない!ええっと。。。

ゴストーゾ!(おいしい!)



ところで、最近サルバドールは雨続き。汗だくになるので、選択ばかりしているのに、乾かない・・・。

パレードの途中もかなり降ってきて、髪も服もずぶぬれ。
靴も、底に穴が開いているので、泥水でぐちゅぐちゅ・・・。
大騒ぎなので、足は踏まれるし。。。もう泣きたい!

知らない、同じようなリズムの音楽ばーっかり。まわりの地元の人は大ノリだけど、一緒に盛り上がれないなぁ。
私は1時間ほどで飽きてしまい、あとの4時間は「まだ終わらないのー」と、ついていくだけでした。

ごめんなさい、ノリが悪くて(笑)。

土曜日の太鼓台では頑張ります!

さて、宿を替わりました。

ココの宿は街の中心。
ときどき泥棒が入ること、30人くらいの大部屋だ、と言うこと以外は素敵です。

おじちゃんが優しくて、お昼ご飯をご馳走になったり。
きょうは、この地方の料理を頂いてしまいました。
f0050468_22145912.jpg


風通しのいい回廊で。
でもやっぱり汗だく。

f0050468_22152345.jpg

バイーア地方の料理。カツオのココナツクリーム煮。

宿は3階なので、街のようすがスーグ見える。
f0050468_2216959.jpg


なんかときどきリズムがあやふやになるドラム隊だなぁ、と思ったら、子供たちでした。
f0050468_22164191.jpg


f0050468_221786.jpg


f0050468_22173084.jpg

文化の街、サルバドールともあと2日でお別れです。
[PR]

by kumaf3 | 2007-02-17 07:25 | 南米編  

<< クマ生息、北限につき。 いよいよ。 >>