キーカーカーでシュノーケリング(ベリーズ)

キーカーカーの不動産屋で見つけた「この島、290万ドルで買いませんか」広告。
いかがですか?

f0050468_1403875.jpg




さて、今日はこの島でシュノーケリングだ。
早めに起きて、ツアー探しをしなければ。

ちなみにここベリーズは、何もしなくても汗が滴り落ちるほど蒸し暑い。

しかし、サメとエイと泳ぐためには我慢しなければ。


お?
ジェミーとシェアしているダブルルームの洗面所にはジェミーのT字カミソリが。

あれー、ジェミー、毛ぞりしたのかな。
この前もそういえば朝、剃ったと言っていた。

これから海に入るし、太陽がんがんに浴びるし、日焼け止めも塗るのになー。
欧米人はお肌が強いらしいから、大丈夫よね。


さて、ジェミーは「昨日腰を打ったから、タンク背負うと痛いわ。私もシュノーケルにする。確か20ドルくらいよね。ダイビングは150ドル位するし・・・」とのこと。

で、私はシュノーケルショップに。彼女も付いてきた。

彼女は、みんながダイビングの準備をしているのをみて(そのショップはダイビングも催行)、「私も行くわ!」

気が変わりやすいのは私とよく似ているようだ。

ちなみに彼女との旅行はとてもしやすい。
彼女も私も、「ほぼベジ」だからだ。
私はあまりお肉が好きではなく、彼女は「動いていた生き物を食べるのはダメ」というベジタリアンなのだ。
「食の好みが似ている」というのは、とても大事なのだ。
付き合いでレストランに入ったりしなくていいし。


さて、私も秘密の方法で島内最安値の35ベリーズ(1800円)でサメとエイと泳げる、3ポイントでのシュノーケル3時間ツアーに参加。

ボートで5分ほどのスポットでまず最初のシュノーケリング。

ボートを運転していたおっちゃんが水着になり、海を案内してくれた。
おっちゃんは、棒の先に小魚をつけて、うつぼに餌付けをして見せてくれたり、海老をつついて見せてくれたり。

私は少し寒くなるくらい(45分)も水の中にいた。
頭をぬらすと、体もすぐに冷えるらしい。
(女性は冷えちゃダメよ。)

しかし、欧米人参加者はとても元気。
f0050468_1411543.jpg




大胆ポーズをサービス。私だと思ってください(治外法権)。
f0050468_1413790.jpg




そして、次のスポット、スティングレー&サメスポットへ。
サメに餌付けをするツアーの助手くん。
f0050468_142483.jpg





ボートにはサメやエイが付いて来る付いて来る!
f0050468_1422445.jpg




エイと戯れるおっちゃん。
f0050468_1423720.jpg



私もエイを触ったけど、硬くてぬるぬる、の感触。
でも、泳いでいるエイをさわると、さわやかなやわらかさでした(?)。

8匹もエイがいたなぁ。。。

そして、ツアーはとっとと3つ目のスポット。紫色のうちわ珊瑚や、棒状の珊瑚。魚の種類も多い。数はそんなでもないけど。
透明度は20mとみた(テキトー)。

みんなはまだまだ泳いでいたが、私はやっぱり寒くて、ボートに上がって、助手君としゃべった。
f0050468_143060.jpg




彼は一家で仕事を求めてこの島に来ているそうで、兄弟は5人。
日本人の平均は1人だよ、というと、「なぜ?」
「教育費が高いし・・・ともごもご説明したが、分からない様子だった。
ちなみにここベリーズは公用語は英語だ。中米では珍しい。

彼は魚が好きだからこの仕事が好きなんだそうだ。
ちなみにまだ16歳。


さて、ツアーも終わり、宿でシャワーを浴びて、また町を散策。
f0050468_1431928.jpg

f0050468_143282.jpg



この辺で捕れるロブスターは人気で、安いと聞いていたのだが、物価が上昇していたので、泣く泣く諦めて(ロブスターのにんにく焼き、食べたかったなぁ。)、スーパーで大豆のトマト煮を買って帰る。

ちなみに宿へは道路はなく、浜辺を歩いて帰るのだ。
こんな風景。
f0050468_144128.jpg





明日はマナティを見るツアーに行こうかな、と思っていたけど、今日のシュノーケリングで満足したので、ジェミーとこの島を出ることにする。

ちなみに宿では、彼女ばかりが蚊に襲われる。
[PR]

by kumaf3 | 2006-11-14 04:21 | 中米編  

<< キーカーカーからプンタゴルダへ... ベリーズ!! >>