コロでコンゴへ

どの旅人にも言われることがある。

「え? コロでコンゴ?聞いたことなーい!!」


そう、私はいわゆるバックパックを背負っていない。
小さなタイヤのついた、空港などでステュワーデスさんが引っ張っている、あの黒いのである。

つまり、大人のパッカーなのだ。

ここだけの話、肩こりがひどいのよね。首もね。いててて。

ええ、おばさんです。


コロ付きスーツケースでで、悪路のコンゴに行く人なんて、ほかにいないようだ。

「コロでコンゴへ来た、初めての日本人=熊本フミさん として、コンゴの歴史に深く刻まれるであろう。

さて、これから入国するコンゴ。ガイドブックも持ってないし、宿の情報もない。
ビザも持ってない。

7時半に起きたが、やる気が起きず・・・。

しかし、ベッドの上でストレッチをすると、「今日も何があるかワクワクだ!」と思い直せた。

それが単なる錯覚であるとも知らず・・・。


ウガンダ出国はすんなり。宿から歩いて2分。

そこから少し坂をあがると、100mほどでコンゴに入境だ。

コロをリュックにして背負い(優秀なコロバックなのだ)、コンゴに入っていくと、
おばさんが私のほうによってきた。

「予防接種はしてあるの?イエローカードを見せて。」

はいはい、黄熱病ですね、してありますよ!

おばさんは私のイエローカードを持って、狭く暗い部屋に入った。

「こっちに来なさい」

カーテンで仕切られたおばさんの部屋で、おばさんはまじまじと私のイエローカードを見る。

「黄熱病以外はしてないの?」

してないですけど。

「コンゴに入るには、黄熱病以外にも、コレラと○○がいるのよ。」

は?そうですか・・・。

「どうしましょう。」

「・・・10ドルでいいわ。」

バクシーシかよ・・・。値切ってみよう。

「5ドルでどうでしょう。」


「だめよ。10ドル。」

仕方なく10ドル払うと、おばさんはご機嫌になり、「入国はこちらよ」と案内してくれた。


男の係官が「こちらに入りなさい」

「ええっと、ビザは・・・?」

「ここで取れると聞いたんですが。」


「ここでは取れない。町のイミグレーションオフィスに行って、取るんだ。」

「え?たった2日、トランジット(通過)するだけですよ」

「だめだ。私と一緒に町のオフィスに行って、ビザを取るんだ。
ほしかったらタクシー代を1ドル出しなさい。」

はぁ・・・。またお金か。

ま、1ドルくらいなら。

ゴリライモに似た係官は私のパスポートを含め10冊ほどもって、タクシーに乗った。

「町のオフィスに行ってから、ホテルに行くんだったら3ドルだよ、タクシー代。」

はぁ、まぁそんなものかな。


「君は結婚しているのかね。問題ない。君がもし私を受け入れてくれるなら、
僕は日本に行くよ。」

いや、来なくていいです。



オフィスに行くと、みんな結構待たされていた。ボスが外出しているので、
決済などが降りないようだ。

私はパスポートを預けたまま、1時間待ち。タクシーにも待ってもらっていたので、
帰ってもらった。

「5ドルくれ。」

あげないよ!

私は胸の上部が痛く、咳も出て、体がしんどかった。

それでも日本人が珍しいらしく「日本人か、結婚しているのか。」この質問ばかりだ。

かなり疲れて、体のだるさもあって、何ドルもとられて、くやしくて涙が出てきた。

もう3時間がたった。

これからこの国で、宿探し、バス探し・・・。先が思いやられる。


「フミ、問題ないわよ。泣かないで。」

やさしくしてくれるのは受付のジャイ子、いや、ディアだ。

f0050468_1253858.jpg


「バナナは好き?一緒に買いにいこう」

コンゴのバナナは、パサパサだけど、甘かった。昨日の晩御飯も食べてなかったしな。

その後、昼前にイミグレディレクター(えらい人が帰ってきて)、部屋に通された。


コンコン。はいりますー。

えらそうな机に、茶色いスーツを来たボスゴリラがいた。ゴリライモよりは小柄だ。


「君の問題は、ビザを取ってないことだ。」

「はぁ。でも30ドルでトランジットビザがもらえるって聞きました。30ドルはもう払いました」

「あの30ドルは、国境から、ここまでくるための代金だ。君がここから先、
入国するには123ドル(1万3千円強)払って、ビザを取らなければならない!」

ひゃ、ひゃく23ドル?

こんな高いビザ代、聞いたことない・・・。

とても払えない。

どうしてもだめですか。だめですよね。悔しいけど。


「じゃ、ルワンダへ帰ります。」またルワンダ入国で60ドル取られるけど、コンゴよりはマシだ。

荷物をもって、ボスゴリラの部屋を出ようとした瞬間。


「まぁ、まちなさい」

え?

「すわりなさい。」

はぁ。

「写真は2枚持ってるか。」

ありますけど。もしかして、ビザくれるんですか?

「ありがとうございます!」


いい人やん!ボスゴリラ!

「町を案内してほしかったら、ここに電話しなさい。私の番号だ。君は電話を持っているかい?」

ないですけど。

「え?どうして電話を持ってないんだ。」

どうしてって言われても・・・。

「案内するのは何時頃がいい?」

「いつでもいいですけど。私は電話を持ってないんで、宿に連絡してください。」

宿の名前は、入国資料に書かないといけないため、
ディアに聞いたプロテスタント教会にしておいた。

係官が私の写真で通過ビザを作ってくれて、やっと4時間後、無罪放免となった。

「宿には私が一緒に行ってあげよう。両替も要るんだな?」

今度は竹中直人に似た、ネクタイの係官だ。

一緒にタクシーに乗り、国境近くにあるプロテスタント教会(昨日の教会とは違います)に行った。


竹中直人が教会の人に話してくれた。

「宿は、ないって。」

ええ?・・・・やっぱり、うまくはいかないもんだ。

教会のえらいさんは「宿だったら紹介してあげるよ。予算はいくらだい?20ドル、15ドル?」

5ドルでお願いします。

おじさんはぶっ飛び、しばらく考えたあと、しょうがないな、と教会内の部屋を貸してくれることになった。

あるんやん。シャワーもトイレも水が出ないけど。おまけに夜の短い時間しか電気が来ない。

それでも、マットレスを2重にしてくれ、シーツを敷き、石鹸とトイレットペーパーをくれた。

ありがたい・・・。


ずっと付き合ってくれた竹中直人は、さらに、「バス乗り場やマーケットに行くか?」と言い、またタクシーを拾った。

幹線道路以外は舗装がない。


f0050468_127814.jpg



バスターミナルも土だ。ロータリーになっている一角に、私が明日乗るはずの
「ブルンジ国境=ウビラ」行きがあった。ミニバンだ。

「このバスは朝から客を待っている。20人集まらないと、
昼になっても夜になっても出発しないんだ。」

ひえー。

「夜、出発しないと?」

「翌朝だ。」

ひえー。


明日はお客さんが集まるかなぁ。

「明日は火曜日だから、マーケットが終わって、人は帰る。あつまるだろう。」

そう期待したいもんだ。


マーケット(市場)にも行ってみた。

人、人、人。パンツ、パンツ、パンツ。ごみ、ドブ、靴。バナナ、バナナ、ぬいぐるみ、土ぼこり、土ぼこり。。

f0050468_1273863.jpg




こんなひどい、いや、すごいマーケットは初めてだ。
圧倒された。

50歳くらいのやせた女性が、50キロはあろうかというポリ入りのビールを頭から回したひもで背中に背負い、運んでいる。すごい力だ。

子供もみんな、働いている。

私は今夜の食料、バナナとパイナップル、アボカドを買って、宿に帰った。

「イヤー今日は竹中さん、あなたがいなかったら私は何もできませんでした、ありがとう。」

彼と少し話した。

コンゴは貧乏な国なので、彼はコンピュータの学校を出ているが、使うコンピューターがない。

イミグレオフィスでも、いまだにワープロをたたいていた。

f0050468_1283412.jpg



彼の夢を聞いてみた。

「そうだなー。アフリカ以外の国に住みたい。アフリカは貧乏だ。ヨーロッパがいいかな。白人と結婚して。」

ふうん。私は豊かな(先人の努力で)日本に生まれて幸運なんだなー。

竹中直人は「明日のあさ、君のバスを見に行くよ」といって、帰っていった。

「ありがとう!」

「いや、これが俺の仕事だからね。」

んー、かっこいい。

帰り際に「タクシー代2ドルちょうだい!」といわなければ、ね。


さてと、今日は入国からホント疲れた。もうすぐ暗くなるな。

シャワーはないので、体拭きでフキフキして、メイク落としシートで日焼け止めを落として、アボカドとバナナとパイナップルの夕食を終えて、バターンと横になったとたん。


「コンコン、誰か男の人が来てますよ。」

げ!ヤナ予感・・・。ボスゴリラだ!


面倒くさい。でも、いかないと「入国取り消し」なんてことになるかも・・・。

会って断って来よう。


「あ、ボスゴリラさん!昼間はどうもー!」

「これから食事に行くかい?」

「いや、きょうはヅツウがして。。。しんどいんです。」

「少しだけでも。1時間ほど。」

しょ、しょうがないなー。じゃ、準備してきます・・・(う。めんどうくさい。)

準備といっても、ビーサンをスニーカーに替えただけだ。


ボスゴリラの車に乗る。「日○パジェロ」こんな貧しい国でこんな車に乗るなんて。

コンゴの首都キンシャサから、ここブカブに赴任してきて2ヶ月、42歳。高級ホテル暮らしである。

彼はほとんどしゃべらず、ひたすら舗装のない道を走る。湖のほうに下っていく。

「こんなとこにレストランあるんですか?」

「ドント ビー アフレイド(こわがるな)」

そういうと、ますます・・・びくびく。

ちょっと警戒。

「うちの父はポリスマンで、夜は外に出ちゃいけないといわれているんです。」

なんて言ってみたりして。

キキーッ。車は「オーキッド・クラブ」とかいう、ホテルレストランのようなところに止まった。


通されたテーブルは、昼間の市場の貧しさとは別世界。


f0050468_1291790.jpg



ボスゴリラは肉とポテト、私は魚のマッシュルーム煮をいただいた。

食事中、気を使っていろいろ話し掛けてみた。

10月末に大統領選挙があること、まだ東部では内戦があること、どうしてイミグレの仕事を選んだのか、など。


「私は君にあえてうれしいんだ、ここブカブにもう一日いなさい。」

いやー、そんな気はさらさらないのでお金が・・・とか、日程が・・・とかエクスキューズを並べる。

彼の2本の携帯にはひっきりなしに電話がかかってくる。

しょっぱい味付けの食事を一生懸命食べ終え、レストランを出た。


真っ暗な、ガタガタ道をはしるボスゴリラの4WD。

「どうするかね、さきに私のホテルを見るかね、それとも君のホテル?」


は?何で私があなたのホテルを見るんでしょう?


「いやー、早く帰って、父に手紙をかかないと。毎日手紙を書かないと怒るんです。彼は厳しくて。」

入国がパーになってはいけないので、気を使いながら断るのも大変!

しっかし、コンゴって国は・・・こんな人をイミグレの責任者にするんだから、推して測るべし。


「私は入国管理の最高責任者だ。ビザ代は私が払おう。君はもう一日、この町にいなさい。宿代の5ドルも私が払う。」

いやです。シャワーのない宿にもう一泊なんて、お金もらっても、ちょっと。

「私の父は、政府の警察官で、とても厳しいんです。早く帰らないと。」

およそ10分後、なんとか、私のホテルの前に着いたようだ。よがったー!!

「ここにもう一日だけ、いなさい!」

おいおい、入国の時とえらい違いだよなー。

「あした。出て行きます。ありがとうございました!ナイストゥーミーチュー!グナイ!」



はぁー。コンゴの長くてつらい一日が、終わった。


車はちゃんと私のホテルに帰っているかも判らなかったが、
[PR]

by kumaf3 | 2006-10-11 22:21 | アフリカ編  

<< タンザニアへ 鼻毛ボーボーでなかった自分を悔... >>