ウクライナからハンガリーへ

ポーランドのクラクフから、おっかけっこのようにしてお会いしているAさんは旅の経験も豊富で、いろいろと東欧の旅のアドバイスをいただきました。
ありがとうございます!
彼のアドバイスで、ウクライナからハンガリーに夜行列車で抜けることにしました。

切符は当日にしか売らないということで、売り切れないように、午後から駅まで買いに行くことに。
トラム(市電)に乗ればいいらしいのですが、駅方面に歩いていっても、乗り場がわからなく、結局、駅まで30分、上り坂を歩いていきました。

駅の窓口では、パソコンはあるのですが作業は手作業。

いまだにカーボン紙を使って複写しています。

無事、夜行列車のチケットを手に入れ、帰りはゴトゴト、今にも壊れそうなトラム(10円)で街にかえりました。乗っているだけで楽しい。。。
f0050468_0253769.jpg

1日遅れでウクライナに着いたAさんとやっと会えて、またまたわたしの今後のル-トの相談に乗ってもらいました。。。

チェックアウトしたにもかかわらず、シャワ-を浴び、夕方駅へ。

乗り込んだ列車はモスクワから来て、ほぼ定刻どおり出発。
3人部屋の寝台です。
f0050468_0261390.jpg
f0050468_0262877.jpg

一緒になったご夫妻は、7月に一人息子さんが結婚したばかり。
ちょうどわたしの向かっているハンガリーで、ロックフェスティバルがあり、8日間のそのフェスティバルにテント持参で参加するそうです。

。。。ということは、宿の確保が難しい・・・?


明日の朝、駅についたら、すぐバスターミナルまでいき、夜行でザグレブにいこう。。。


列車は3段ベッド。わたしは1番上。ひえー。

ウクライナとハンガリーでは車輪の幅が違うので、ガタガタと地震のような揺れが続きます。
あまり眠れませんでしたが、横になれるだけでもありがたいな。。。


朝9時ころ、ブダペスト(ハンガリー)に到着。
すぐさま、ザグレブ行きのバスはあるか、色々な人に尋ねましたが、ない!!とのこと。

でも、いままで、ない、といわれても ある!ということが何度もあったので、歩いて荷物を引っ張り、1時間ほどかかって国際バスターミナルへ。

しかし、やはりここでも。。。。。 ぬわい!


がっかり・・・。

でも、 ハンガリー人は嘘つかない、と言う事が確認できました・・・。


しかたない。今晩は泊まって、明日の朝のザグレブ行きの列車に乗るか。。。

バスターミナルからの帰りはさすがに疲れたので、現地通貨を作り、地下鉄で街へ。

しかし、鉄道駅に帰る地下鉄は途中工事中、ということで、バスに乗り換え。。。

ええい!
めんどくさい!

バスを降りたところがちょうど、日本人宿界隈かな?と思ったので、先に宿探し。

ヘレナハウス、というところにやっと到着すると、泊まっているのは日本人ばかり。


さっそく情報集めです。


そこにつわものが!

わたしの目的地を回ってきた、というKさんが、いろいろと教えてくれました。
クロアチアは物価が高いから、ザグレブ(クロアチア)には行かずに、ベオグラード(ボスニアヘルツエゴビナ)にいったら?とのこと。

ベオグラード行きなら、バスがあるかもしれない!


でも、また、バスターミナルに引き返すのもなー、と考えていると。。。
「近所のユースホステルで、バスがあるかどうか、それとなく聞いてみたら?」
とアドバイスしてくれました。

なあるほど。

で、そのとおり実行すると、夜に到着する便しかないようなので、近くの鉄道駅へ。

ここでは数年前、切符を買うときに2時間かかった記憶があります。(ハンガリー東駅)
まさか、2006年、そこまで時間はかからないだろう、と思っていたら、いまだにオンライン化されておらず、窓口は鉄道時刻表をめくりながらの手作業、複写はカーボン紙です。

1時間半くらいかかって、明日の夜行のベオグラード行きを安く手に入れることができました。

あとは、夜行疲れの体を宿で癒すのみ。。。

日本人宿を敬遠する方もいますが、とにかくツワモノにあえるので、ほんと楽しいです。

晩御飯はKさんとパスタを手作り。
そして、アフリカを7ヶ月かけて駆け足で回ってきた、というGさんの、厳しくも夢のようなアフリカの話で夢は広がり。。。やっぱアフリカには時間をかけないと厳しいようです。
今回はあきらめるか。。。

といっても次に長旅に出られる機会があるかどうか。。。

これから、ベオグラード(ボスニア)、サラエボ、ドブロブニク(クロアチア)、スコピエ(マケドニア)、ブルガリア、トルコ、、、となります。
[PR]

by kumaf3 | 2006-08-09 18:33 | ヨーロッパ編  

<< ベオグラードにいます。 ウクライナ >>