クック諸島 アイツタキ島にきました。

朝からシャワーのような雨。
でも今日は"アイタツキ島"に行く日。
飛行機は10:30発なので、9:30にはチェックインしなければいけません。
と、言うことは、宿の前に来るバスは8:30なので、それに乗らないと。。。。
でも8時には完璧に準備ができたので、じっとしていられなくなって、外を歩き始めました。
と、、、シャワーのような雨が・・・・

朝は車も止まってくれません。
それでも15分ほど歩いたら1台の車が止まってくれました。
お母さんと娘さんでした。
あっと言う間に空港に着いたけど、早すぎて誰もいません。
最近は、誰もいない空港にすっかり慣れてしまいました。


出発の時間が近づいてくると、だんだんお客さんが、、、
ちなみにカップルばかりです。

ラロトンガ航空は3人がけ、15列くらいの小さな飛行機。
f0050468_117118.jpg

定刻に出発しました。
持ち物検査、X線検査などはありません。

およそ50分ほどの飛行時間。
だんだん『サンゴ礁』が見えてきました。
f0050468_1173517.jpg


島について、10分ほどで宿へ。
一緒の便で着いたカップルは朝食付きのコテージ。
私は事務所と同じ建物にあるシングルルーム。
ダブルベットに1人で寝ます。


荷物を置いて、宿のおばさんに
「シュノーケルするにはドコがいい?」ときくと、
「ここの宿のビーチが1番よ」とのこと。

でもカナさんは空港の向こうのビーチがいい、と言っていたような・・・・
よし!カナさんを信じて行ってみよう!

テクテク、テクテク、テクテク・・・・・・・
・・・ 遠いなぁー。

歩いていると、1台の原付が横に止まってくれた。

「ドコいくんだい?」
「いやぁ~、向こうのビーチまで。」
「乗ってくかい?」
「いいんですかー?」

原付バイクのおじさんの出っ張ったオナカにつかまって、走ること10分。
二人ともヘルメットをしていないので、風で髪がバサバサに。
舗装道路がなくなって、しばらくして、原付が止まりました。

「この辺がきれいだよ。」
「ありがとう」

ビーチに出てみると。

「うワァ~~~~・・・」

なんじゃこれは・・・・
こんなトコがあるの・・・・・?

これはまさしく天国
f0050468_118293.jpg


スゴイ・・・

サンゴと島と砂浜とのコントラスト・・・・
あまりの美しさに涙が出てきます。
私が見つけた2番目の天国だ。

(ちなみに私の天国その1は『霧島(鹿児島)の川沿いの露天風呂』です。)
鹿児島旅日記参照)


大切な人には見せたい風景です。
新婚旅行にはぜったいおススメ。
このビーチの近くにあるレストランでランチを食べて、また散歩を開始。
またまた原付のおじさんが止まってくれて、宿まで送ってくれました。

でもまだ時間があるので、南の方にある町まで行ってみることに。

テクテク、テクテク、、、、

1時間ほど歩いたでしょうか

ちっちゃな店や、郵便局、教会など、町1番の町(とってものどか)が見えてきました。
古い教会があって、1828年に建てられたものだそうだ。

帰り道、かなりくたびれていたが、車は止まってくれず。。。
また1時間歩いてきました。

結局今日は10キロくらい歩いた。。。


夜は貼り薬をたくさん足に貼って寝ました。。。
[PR]

by kumaf3 | 2006-05-24 17:02 | 南太平洋の島めぐり編  

<< アイツタキ クルーズ ... 明日から >>