ええい、ままよ!クック諸島!

第一目的である南太平洋しまめぐりの基点となる「ニュージーランド」への入国が危うい。

入国条件である「出国のチケット」をとらなければ・・・。

どうしよ~かな~。現地についてから安チケットを探すつもりなんだけど、なぁ~。

夢の島々=クック諸島、サモア、トンガ、あとできればバヌアツ、ニューカレドニア・・・
どう回るのか、何日くらい居れば十分なのか、見当がつかない。

ただ、以前、「一ヶ所滞在でゆったり本でも読みながら、オトナのバカンスを楽しむぞ」と行ったギリシャのサントリーニ島(世界一の夕日の見える場所)や、インドのバラナシ(ヒンズー教の聖地)に滞在して感じた私の経験から考えると・・・


同じところには3日居れば十分!



これは「せっかち熊本家代々に伝わる格言」である。

それにしても、クック諸島だけで15の島々、サモアは9つの島、トンガは170あまりの島々と、それぞれ3日間にしても 627日かかる。


満足するまで島巡りをするか、適当にしてしまうか・・・。


まぁ現実問題、いつまでも旅暮らしをする財力はないので、泣く泣く、かいつまんで行くしかない。


ふらふら~っと、「クック諸島」で、ネット検索をしていると、日本人の女性がクック諸島に住まわれているらしい。
「クック諸島は最低どれくらいいれば、楽しめるでしょう」
と、メールをしてみたら、 クック諸島から返事がきたぁ~~~!


「クック諸島は一週間もいれば楽しめるでしょう。」とのこと。

ふむふむ、そうなのか~。

「ちなみに私の夫は酋長です」

え?酋長?なんとおっしゃいました?しゅ・・・しゅうちょう?

                  熊本の頭の中に浮かんだ図↓

f0050468_18391766.gif




ひぇ~~~!酋長の奥さんッ!?

                   
すごすぎる・・・。

こないだ、南極観測船しらせの乗組員さんからメールが来た時も驚いたが、これまたビックリ。
興奮して、メールを返信した私であった。

現地で、一度でもお会いできればいいなぁ。。。

クック諸島と日本の親善大使^^カナさんの主宰するページで一足早くアイランド気分をどうぞ)
ココナッツブラ↓
http://gonnago.hp.infoseek.co.jp/


しかし、アンテナの角度を変えると、いろんな人との出会いがあるもんだなぁ~。



そこで、クック諸島に充てる日数が「一週間」と決まったので、格安運賃のネット予約「バージンブルー航空」でオークランドとクック諸島の路線を調べると・・・(海外のサイトでけっこう重い!)

「5月1日よりさらに、この路線は格安運賃フェア!」

とのこと!

これは※生粋のバジェットトラベラーのクマ としては、利用しないテはない!

一番遠い=高いクック諸島は島巡りの最後(5月のフェア期間中)にまわして、格安で行き、そのままオーストラリアに出国しよう(オークランド経由だけど)!

クック諸島を最後の島にするってこと。

(※バジェットトラベラー=聞こえはカッコイイが、訳すとただの「貧乏旅行人」


そんなわけで、初めてネットで海外間の航空券を予約した私であった・・・。
予約できました、のメール添付書類をプリントアウトして、搭乗日にカウンターに持って行けばいい。時代は変わったねぇ~。

                   
f0050468_1846642.jpg


CONFIRMED(確認されました)の文字がうれしい!
どれだけ「あ~でもないこ~でもない」と迷ったことか・・・(涙)。

不安だったよ・・・今日までずっと。これでひとまず安心。



あ!忘れてた!昨日、来週月曜日、関空発の航空券のお金を振り込まなければなりませんでした・・。



そして、けさ寝床で思い出した重大なこと!
「保険」を掛けるのを忘れてました。

そんなわけで、世界一周中の先輩も利用したという「東京○上日動・松山支店」に電話。

「一年間ほどの海外旅行に出るんですけど」
「今からお伺いします」
え?うちに来る?うそ!

旅行の準備やら日ごろの不摂生やらで、家の中はメチャクチャである。

あわてて、掃除するが間に合わずキッチンに座ってもらう。

で、大体の補償と、保険金が決まり、書類に書き込む。


「で、主な渡航先は??」

「いや~、ぐるぐるっと。」

「どの辺を?」

「どの辺、というのはなくて、ぐるぐる回ります。」

「では、どこに行くのか、おっしゃっていただけますか?」

「え?ホントに言うんですか?全部(自分でも覚えてない)?」

「はい、お願いします。メモしておきますので。」


わたしは散らかったとなりの部屋から世界地図を持ってくる。

おじさんは自分のシステム手帳にボールペンで書き込み始める。


「ホントに全部?んじゃぁ・・・ニュージーランド、トンガ、サモア、クック諸島、ニューカレドニア、オーストラリア、インドネシア、ブルネイ、インド、モルジブ、アラブ首長国連邦、イラン、イエメン、クェート、オマーン、キリバス、トルコ、クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナ、ポーランド、ラトビア、エストニア、エリトリア、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、イギリス、エジプト、タンザニア、マラウィ、南アフリカ、ガーナ、トーゴ、コンゴ・・・」



「あの~、ちょ、ちょっと待ってください。ええっと・・・・私ども、こういったケースは初めてでして・・・」

と、何度も会社に電話を掛けるおじさん。


「もし、掛け金を払っていただいて、保険金がお支払いできない場合があるといけませんので、会社で調べてまいります。」

おじさんは一時間後、スゴスゴと、ちらかった我が家を去ったのであった。



保険・・・ナシか!?
[PR]

by kumaf3 | 2006-04-11 18:54 | 旅の準備など  

<< いい送別&壮行会だった 荷造り >>